ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< フレッシュプリキュア! 第6話「消えたハンバーグ!大好きなものを守れ!!」 : 続 夏目友人帳 第10話「仮家」 >>

スキップ・ビート! 第22話「世界が壊れた日」

今回のお話は、キョーコが未緒として覚醒するってなお話っと。

キョーコが未緒役を演じることに反対した飯塚さんにテストされることになるも、未緒が美月を嫌う理由を答えることができずヤバい展開に
でも、ここで助け船を出したのは蓮
まぁ、確かにねぇ、飯塚さんがいくら反対したところですでに撮影がスタートしてしまっている中でキョーコをクビにすることはできないでしょうな。

時間をもらったキョーコは質問の答えを考えるも、そんな簡単には答えを見つけることができず困った状況。
助けてくれたはいいものの、答えを知っていてもアドバイスだけしかしてくれない蓮に怒り心頭のキョーコにはいつもながらに大爆笑。
ついでに、新たないじめとか言いながらいじけている姿もなかなか良かったです。
しかし、そんな彼女をフォローする社さんは・・・・ひと苦労ですねぇ。

いつもながらに妄想が止まらないキョーコは、社さんの「愛の鞭。愛されているんだよ!」の言葉もスルー。
さらに、昔の自分と未緒を重ねてしまったがために、松太郎までが出てきてしまう始末。
いや〜、ホント彼女の妄想癖は面白いわ。

余計なことを考えてしまったたがために、リセットしてやり直しっと。
あれこれ考えているうちに「未緒は美月がまぶしかったから、羨ましくて憎くなった」という答えにたどり着きます。
でも、考えているうちに「内気で引っこみ思案と負けず嫌い」の性格が矛盾していることに気が付きまたまた迷路に突入っと。
う〜ん、そんな簡単にはいきませんな。ついでに、社さん、完全に忘れられているのが笑えます(笑)。

ところが、そんな中、何かを思いついたキョーコは社さんを残してどこかへ逃走しちゃうからびっくり。
もちろん、この事態に怒り心頭の飯塚さんではありましたが、蓮はそんな彼女を差し置いて緒方監督を説得
蓮、キョーコのことを本気で信じている・・・・。
蓮のやつは業界ではそれなりに信用される人物でしょし、あれだけ真剣な目で迫られては信じないわけにはいかないでしょうねぇ。

撮影続行を決定した彼がキョーコに期待しているものは、新しい風を吹き込んでくれること
すごいプレッシャーですしねぇ、これは・・・・。

その頃、キョーコは覚悟を決めたように目的の店の前でちょっと迷い中。
この時点では、何をするか全くわかりませんでしたけど、妄想の中で蓮に追いかけられるシーンは大爆笑でした。
店の前で立ち往生していると、野郎共が突っかかってきますが、キョーコは頭の傷を見せつけてこれを一蹴
いや〜、あの顔は・・・・怖いわな。私も普通に道を開けちゃうと思います(笑)。

そして、撮影現場に戻って来たキョーコは髪を短くした上に、未緒が憑いた姿になって登場。
飯塚さんはもちろんのこと、蓮が話しかけても突っぱねてしまうとはびっくり。
それにしてもすごい変わりようでしたねぇ。
ここまで人が変われば、みんなが圧倒されてしまうのもわかります。

未緒になりきったキョーコを見た監督さんも、20年前のそれとは全く違う代物を目の前にして唖然。
「風どころか、竜巻」。
彼のビビリようが半端じゃなかった。何せただでさえすごいプレッシャーで失敗は許されないのに、これを使えと言われたようなものなので恐怖したのかな??

周りの関係者からもキョーコの豹変っぷりに陰口を叩かれている中、飯塚さんの再テストがスタート。
飯塚さん、未緒と化したキョーコに話しかけるも、何の反応もなし。
やっと答えてくてたからと思ったら、内向的な性格とは思えない反応
う〜ん、それにしてもこの存在感は圧倒的だったと思います。

母親に対して威圧的な態度を示す未緒に対し、飯塚さんはなんとか昔のそれに戻そうと反抗っと。
他人に見られたくないと思っている傷を見せつける彼女ですが、その答えは「彼女自身がそれえを望んでいないから」
未緒の口からは、自分の嫌いな姉を責めるための道具として使っている的な発言。
しかし、この演技力は・・・・半端ないな!すご過ぎますよ。

この激し過ぎる未緒を見て座り込んでしまった緒方監督。
「大丈夫」って、動悸や目まいって・・・・大丈夫じゃないじゃないですか(笑)

「この未緒は使えない」と考えていた彼ですが、一転して彼女のそれを使うことに
圧倒的なその演技で持って、迷っていた気持ちを抑え込むことまでしてしまったからとはキョーコ、すごいわ〜!
でも、この豹変っぷりは・・・・やっぱりすご過ぎる!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by よしちゃん : 2009/03/15 6:02 PM
キョーコは役づくりで人物像を作り上げる事は得意なのかもしれないですね。蓮のヒントもあったし、妄想癖もあるし。キョーコは役が憑くタイプなんですね。蓮以外はのまれてるし、演技力が開花しだした感じがありますね。
前半のキョーコの中の蓮のイメージのあの大魔王は笑いましたね〜。まるで何かのゲームのボスキャラ…。
監督も今回から意外としっかりした所もあったし、キョーコはこのドラマではもう大丈夫でしょうね。
後は蓮がもし壁に当たってもキョーコへの気持ちさえ自覚できたら状況もかわるかもしれないですね。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/03/16 11:37 PM
>よしちゃん 様
こんばんはです。

キョーコ、絶対に役作りの才能はあるだろうと思いますね。
しかし、役になりきってしまったがために、演じる人物が取り憑くまでになるとはびっくりでした。
蓮以外は完全に飲まれてましたけど、キョーコ、怖すぎでしょ??
あれは普通、ビビっちゃいますよ

相変わらずの妄想癖は今回も健在。
あの恐怖の大魔王はホント笑わしてもらいました。
キョーコの中の蓮って、あそこまで怖い存在だったんですねぇ。まぁ、確かに今までの経験から何言われるかわからんので気持ちはわかりますが(笑)。

緒方監督はおそらく問題ないと思いますが、社長に心配されていた連はどうなるか楽しみ。
ってか、一度、壁にぶち当たった彼がどうするのか?ってのを拝んでみたいので(笑)。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

MAGI☆の日記 : 2009/03/17 12:10 PM
スキップ・ビート! STAGE.22「世界が壊れた日」
スキップ・ビート!の第22話を見ました。PS2用ソフト スキップ・ビート!(限定版)STAGE.22 世界が壊れた日美緒役のキョーコは、前作で同じ役を演じていた飯塚寛子に美緒の気持ちを訊かれるが、答える事ができず、役を降りるように言われてしまう。『お嬢様という境遇は
スターライト☆ステージ : 2009/03/16 9:03 PM
スキップ・ビート! 第22話「世界が壊れた日」感想
 キョーコの演技に思わず引き込まれてしまいました。やっぱり、キョーコって凄いと感
日々の記録 : 2009/03/15 12:58 PM
スキップ・ビート! #22
「月籠り」のリメイク作品、「DARK MOON」で実緒役を演じることになったキョーコでしたが、前作とは違う新たな解釈の実緒を作り出しました。「月籠り」で実緒を演じた飯塚寛子から、...
Trackback url: