ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< スキップ・ビート! 第21話「資格を持つ者」 : NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第319話「荒れ狂う尾獣」 >>

夏目友人帳 第9話「桜並木の彼」

今回のお話は、絵の中に住んでいた八坂さんを解き放ってあげるってなお話でした。

フリーマーケットにグラタンの皿を買いに来た夏目は、そこで妙な気配を感じ取った絵を見かけ、タダで譲ってもらうことに。
しかし、ニャンコ先生がまた良かったですよねぇ。
棚の上に座っていた姿は、普通に売りものにしか見えません(笑)。

譲ってもらった絵を部屋に飾っておくと、それ以来、朝起きると大量の花びらが散らばっているからびっくり。
どうでもいいことかもだけど・・・・、夏目は寝相悪過ぎじゃありませんか(笑)。

花びらのことが気になった夏目は寝ないで部屋の中を監視してみることに。しかし、先生、妖精はないと思いますが・・・・。
すると、屋根裏から手が出てきたかと思えば、花びらをっと。
ニャンコ先生の頭突きにより、落ちてきたのは巳弥なる妖怪。
事情を聞いてみると、花びらは絵の中にいる八坂さまに宛てたもので、絵はもともと彼女のものらしく夏目のことを盗人だと思っていたから大変。

襲いかかろうとした巳弥から夏目を守るために行動をしたニャンコ先生でしたが、珍しく用心棒らしいことしたのにゲンコをもらってしまうとは哀れ。
う〜ん、咄嗟のことだっただろけど、これはニャンコ先生が可哀想ですよ(笑)。

絵の中を覗いてみると人影があればびっくりするのが当然。
巳弥は、そのまま絵を持ち去ろうとしますが、これが外れないから、代わりに夏目のところに通うことになっちゃいます。
「不気味なもの置いていくな!」と言い放つ夏目ではありましたけど、外れないんじゃ、あきらめるしかありませんね、残念ながら。

次の日からホントに夏目のところに通うようになった巳弥は、プレゼントに蝶を持ってきてくれるとは優しいなぁ・・・・。
で、夏目と散歩に出かけたついでに、絵の中に住み着いている八坂様についての詳細なことを話してくれました。
八坂様・・・・・、彼女にとっては古い古い友人のようなものですかねぇ。
でも、妖怪とバレないために一年に桜の咲く時期だけ彼に会っていたとは、また切ない。
う〜ん、これはどうしょうもない現実ですから・・・・。

一緒に旅をする約束をした巳弥と八坂様でしたが、ある時からぱったりと姿を見せなくなっちゃうとは・・・・。
そして、探しまわった挙句、絵の中に彼を見つけ出し一緒に世界中を回る旅へっと。
世の中が疎ましくなって絵の中に逃げ込んでしまった彼。
う〜ん、巳弥にはそんなこと相談できなかったんだろうと思う。

ある日のこと、たくさんの花の咲いているところで、吉凶を占うという春地蔵なる妖怪に妙なこと言われてしまった夏目。
しかし、このびっくりしたところを塔子さんに見られちゃったのは痛かったですねぇ。
夏目は本当のことを言わなかったけど、やっぱり塔子さんは心配しているんじゃないかなぁ。
いつか、絶対に本当のことを言ってほしいと思います。
っと忘れてはいけないのが花畑で走りまわるニャンコ先生ですね。いつもながらにすごく可愛かった(笑)。

家に帰ると妖力を持ってしまった絵が壁に根を張っているからびっくり。
自分の獲物である夏目に手を出したわけで怒り心頭のニャンコ先生は本来の姿に戻り、この絵を食べちゃおうとします。
が、この攻撃を止めに入った夏目に当たってしまうとは失敗でしたねぇ。

目が覚めると座っていた巳弥は絵を処分すると言い出します。
大切な人に本当のことが言えないというところに共感している夏目は絵を処分することを静止し、なんとか外す方法を探してみることを進言とは優しい。
でも、この絵を大切そうに抱えながら旅している光景を考えると・・・・、処分とかできませよ、絶対に。

しかし、方法は見つからないまま夏目は絵に力を吸い取られて衰弱し、ついに巳弥は処分することを決意っと。
でも、その前に桜並木の絵を満開にしてみることにします。
いや〜、夏目とニャンコ先生も協力しつつ、桜を描いている場面が本当に切なかったけど良かったと思います。すごく楽しそうでしたし・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

世界日本ハムの哀れblog@非公式 : 2009/03/11 9:01 AM
[夏目友人帳]花一杯君を待つ 続9話
 感想を書くのが難しいと思うことはある、だけど大体のパターンをつまらないと思った事はあんまりない。  今回とかそうじゃない話もある...
Trackback url: