ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< フレッシュプリキュア! 第5話「遊園地でドキドキ!ワクワクデート気分!?」 : 夏目友人帳 第9話「桜並木の彼」 >>

スキップ・ビート! 第21話「資格を持つ者」

今回のお話は、DARK MOONに出演することになるも、いきなりクビを宣告されてしまうってなお話でした。

20年前、空前の大ヒットとなったドラマのリメイク作品に出演することになったキョーコの役はお嬢様で大喜びっと。
が、ホントは違うんですけどねぇ(笑)。

椹さんに原作を貸してもらい通路を移動していると、「しくしく・・・」と誰かのすすり泣くような声が聞こえてくるからびっくり。
キョーコはお化け?を想像しますが、その先に待っていたのは清楚で可憐な男性でした。
しかし、彼女の妄想はいつもながらに凄いですな。いくら何でも真昼間からお化けはないだろうに(笑)。

その男性こそ、DARK MOONの監督をやる緒方さん。
キョーコは盗聞きはよくないと立ち去ろうとするも、「蓮が主演することを社長さんにダメと言われた」と社さんと話しているのが聞こえてしまっては気になってしまうのが当然。
で、彼女の取った行動ってのが面白すぎる!
「盗み聞きはよくないから、堂々の2人のまで」って・・・・。
まぁ、彼女は関係者なわけで聞いても問題ない気もしますが、こんな発想をする辺りはさすがです(笑)。

さて、その頃、社長のところにいた蓮はDARK MOONへの出演に関して交渉が難航中。
しかし、社長さんの眼はホント鋭いですねぇ。
蓮がこれまで付き合ってきた女性の別れ際の言葉を見事なまでに言い当てちゃうとは・・・・。
う〜ん、でも実際、蓮の恋愛観ってのは確かに問題アリなことは間違いない事実。本人が全く自覚がないのが、一番の問題でしょう。

社長さんの言葉の一つ一つに対し、心の中で言い返す蓮は相当に悔しかったんでしょう。
しかも、出演するのがDARK MOONという名作中の名作なわけで、社長さんが頭を抱えるのも当然ですけど・・・・。

蓮が社長さんのところから立ち去り廊下を歩いていると、突然キョーコの叫び声が聞こえてくるからびっくりっと。
今度は何だ??と思っていたら、彼女、自分が演じる未緒が陰湿で暗い女の子だと知ったとは・・・・。
どんな役かぐらい確認してほしいんですけど(笑)。

そんなところに蓮のやつがやって来て、ようやく落ち着きを取り戻したキョーコ。
しかし、緒方監督、「悪魔よりも邪悪にして、闇よりも闇色のオーラを持った彼女なら」って・・・・、ぜんぜんフォローになってねぇ〜!!
それを聞いてキョーコは「出演を考える」と言って、その場を立ち去ろうとしてしまいますが、なんとか食い下がる監督さん。
いや〜、やっぱりキョーコ面白いわ(笑)。

立ち去ろうとしていたキョーコでしたが、出演が微妙だった蓮が「俺、出ますよ」と言ったために一転して和解。
あこがれの蓮と一緒の作品に出れるとなればOKしないわけにはいかないでしょ???
ってか、キョーコみたいな新人が出演できること自体、奇跡みたいなもんでしょうから、断る理由はないと思います。

っと、突然、場面が変わったので何事か?と思ったら、いきなりDARK MOONの撮影の場面だったとはちょっと気が付きませんでした(笑)。
う〜ん、さすがに新人の大抜擢をよく思っていない人もいるみたいで、陰口を叩かれていると、そこにメイクを終えたキョーコが参上。
自縛霊??、おでこに傷もあるし、あれは怖いですよねぇ。あのキョーコに怒鳴りつけられれば、逃げ出すのも納得。

そのキョーコのことを見て、社さんは「この世のすべてが憎い」と感想をっと。
社さん・・・・・、それ褒め言葉になってませんよ〜(笑)。
蓮は、彼は彼で「嫌がらなくなったから、未緒に深い思い入れでも・・・」とキツイ一言。
全くこの2人は・・・・、キョーコのことを褒めているつもりなんだろうけど、全く逆のことをしているのが痛いですねぇ。

でも、キョーコ自身は未緒の役作りがうまくいっていないとは、これはヤバい。
キョーコがDARK MOONへの出演をOKしたのは、蓮が出演するから。
蓮に認めてもらうために奮闘しているのに、これでは・・・・足手まといになってしまいますからねぇ。

役作りについて、「台本には書いてない気持を考えること」とアドバイスをする蓮でしたが、これはモー子さんのそれとは全く真逆とは困ったもの。
考えた挙句、ぼーっとしてしまったキョーコでしたけど、あれは蓮の方針を取ったのかな??
う〜ん、でもキョーコにはそっちの方が合っている感じがするなぁ・・・・と思ったりします。
松太郎のプロモの時も、そのまま演じるというよりは、あれこれ気持ちを考えつつ演じていたように思うので。

そんな中、20年前、未緒を演じた飯塚さんという方がキョーコの演技に不満をぶつけてくるから大変。
で、彼女、いきなり「テストする」と言い出し、未緒についてキョーコを質問攻めにしちゃいます。
う〜ん、でも、キョーコはほとんど実績のない新人ですからねぇ。失敗も連発しているみたいだし、今まで文句を言ってくる人がいなかったのもちょっと不思議な感じもしたり、しなかったり・・・・。

特に問題なく飯塚さんの質問に答えていくキョーコでしたが、美月を嫌いな理由がわからないから大変。
で、答えることができないキョーコに対し、飯塚さんはクビを宣告っと。

まぁ、このまま降ろされてしまうことはないかと思いますが、キョーコ、この難題にどうやって答えを出すのやら・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by よしちゃん : 2009/03/10 5:18 PM
このDark Moonでは蓮が初めて演技で壁にぶち当たりそうですね。蓮はまだ20歳だからそれまでの恋愛が淡白なものでもこれから本当の恋愛をすればいいけど、あんな自分の気持ちに自覚がない状態では大変ですね。意気込みは感じるんですが。キョーコはメルヘン物が本当に好きですね。緒方監督を見る目にも笑えましたが、未緒役にショックを受けてるあたり、ドラマの凄さよりこっちの方が大事なんだ。視点が人と違うんですよね。蓮と共演するから演じる決心したり、キョーコは芸能界で成功するより、目標が蓮に演技で追いつきたい気持ちの方が強いのかも。予告編でなんとなくクビになってないみたいだし、キョーコは未緒役を掴めるのかもしれないですね。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/03/10 11:34 PM
>よしちゃん 様
こんばんはです。

あれだけ恋愛オンチの蓮ですからねぇ、けっこうハードな恋愛ものらしいDark Moonですから絶対に苦労するんじゃないかと私も思いますよ〜。
これまで何をやらせても完璧だったので、悩む彼の姿も微妙に楽しみだったりしますが(笑)。

たびたび妄想するキョーコには、今回も大爆笑でしたねぇ。
ホント、彼女は見ていて飽きません(笑)。

まぁ、キョーコの場合、まだ明確な目標が見えてないから視点が違っているように見えちゃうんじゃないかなぁと私は思ってます。
だから、目先にいる憧れの蓮ってな方が重要になってしまうのかも、かも、かも。演技を目指したいと思うキッカケを与えてくれたのも彼ですし、蓮が特別な動機を与えてくれているのは確かじゃないかと思います。

まぁ、未緒役をクビになることはないと思いますが、どうやって役の気持ちを掴むのかってなところが楽しみだったりします。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

スターライト☆ステージ : 2009/03/10 10:42 PM
スキップ・ビート! 第21話「資格を持つ者」感想
 蓮、恋愛したことがないのかと思ってましたが、付き合ったことはあるのですね。[E
Trackback url: