ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< フレッシュプリキュア! 第4話「シフォンが迷子?町中もう大騒ぎ!!」 : 続 夏目友人帳 第8話「不死の想い」 >>

スキップ・ビート! 第20話「月の誘い」

今回のお話は、キョーコのドラマ出演が決定するってなお話でした。
しかし、もう最終回も近いはずなのに、この時期にOP、EDを変えてくるとはねぇ、何気にびっくり。
最終回に向けて盛り上げるってな演出なのかな??

仕事をこなしつつ、松太郎とのプロモの撮影のことについてモー子さんにしゃべりまくりのキョーコ。
まぁ、あの演技はモー子さんという存在があってのことですからねぇ。
でも、あれだけずっとその話ばかりでは飽きますし、モー子さんが怒るのもやや納得でできるかも。

そんな中、蓮と遭遇してしまったからびっくり。
いきなりウソつき紳士スマイルで迫って来る蓮。「悪いのは君じゃない。俺は別に怒ってなから・・・・」って、思いっきり怒っているじゃないですか(笑)。
白くなっていたキョーコにはいつもながらに大爆笑させてもらいました。

ところが、続いて蓮の口から「その演技をぶち壊してきたのか?復讐のために・・・」と言い出すからこれは予想外だったことでしょう。
キョーコは蓮が松太郎のこと知らないと思っていたみたいだけど、松太郎の方から喧嘩売っていたとはねぇ。どこまでも余計なことしてくれるやつですな。

大慌てで「復讐のためじゃない」と弁解するキョーコではありましたが、これがまた逆効果。
さすがに、こうなるとは思ってなかったでしょうねぇ。
あの黒い炎が溢れる蓮はかなり怖かったですが、ペラペラになってしまったキョーコには大爆笑させてもらいました。

おかげで松太郎や復讐の云々についてモー子さんからも追及されてしまうという事態に。
事情を説明しないキョーコに「さようなら!」を一蹴してしまったモー子さんは相変わらずですねぇ。
一方で、キョーコと遭遇してからの仕事であまりにも不機嫌で仕事相手を泣かせてしまった蓮も、社さんに追及を受けておりました。
しかし、蓮は自分の気持ちが荒れた原因がキョーコとにあることに気がついているのか、いないのか・・・・。
ホント恋愛には鈍いですねぇ。

その後も徹底追及を受けるキョーコと蓮の2人は大変そう。
モー子さんは突っ張りで、社さんは蓮の携帯を借りたと見せかけて壊す作戦にまで出るとは・・・・。
モー子さんも社さんも本気だすと怖いなぁ・・・・。

そんな中、キョーコのもとにドラマのオファーが来るという朗報があり、これはうれしい。
何せ初めて自分の力で勝ち取った役ですしね。

翌日、蓮は社長さん宅へっと。
結局、彼は携帯を破壊されてもキョーコとのこと話さなかったみたい。何気に根性ありますな。

本題は、蓮のドラマ出演について。
社長さんは、蓮の技術を評価しつつも、「お前の恋愛はウソ臭い」と一蹴しちゃうとはびっくり。
まぁ、確かにねぇ、彼が恋愛に対して異常に鈍いことは残念ながら事実(ってか本人は全く自覚がないのがまた問題)。
社長じゃないけど、この手の演技は苦手そうなことが普通に予想できるような感じがいたします。

さて、ドラマ出演のことについて椹さんに説明してもらうキョーコは、それが松太郎のプロモを見てのことと聞いて怨念爆発っと。
「先方はぜひ君にやってほしいと言っている。新人としては破格の扱い」と言われては、そりゃ無下に断るわけにはいきませんよねぇ。
キッカケは気にくわないとは言え、自分の演技を評価してくれたことは事実ですし、何より演技を習いたいという気持ちが強いですから・・・・。

が、共演者に蓮がいると聞いてびっくりして、キョーコは石化しちゃいます。
蓮のあの表情を見てはこうなるもの納得。
しかし、話をする椹さんも大変ですよねぇ。キョーコはいちいち扱いが難しいのによくやっていると思います。

社長に自分の弱点を指摘された蓮が考え込んでいると、社さん、その原因をキョーコと思ってしまうとは面白い。
ってか、何だ??、あのキョーコのマネは!!
しかし、蓮はこれに反論。ってか、彼はホント鈍いです(笑)。

キョーコ、結局、すべての事情をモー子さんに打ち明けるも、モー子さんからは特にお咎めなしっと。
まぁ、何気にキョーコを一番近くで見ている人ですからねぇ。キョーコの演技に対する思いが、復讐とはかけ離れたものであることは少しわかってしまうんでしょう。
「不破を見返したとしても、それは結果」とはその通りだと思います。

しかし、問題は「復讐のためじゃない」と言ったのに怒りを露わにした蓮。
モー子さん、さすがですねぇ。
何気に「昔、心底惚れていた相手にノコノコ会いに行ったのが気にくわないって感じに見える」と指摘しちゃうとは・・・・。
ついでに、自分の周りを飛びまわるデビル松太郎を叩き殺そうとするキョーコの姿はかなり面白かったです。

さらに、モー子さんから「実はキョーコのことが好きなのでは?」と指摘され、キョーコはかなりの驚きよう。
まぁ、これまで扱いからするに、「好き」だとは思えないでしょうねぇ。
そうなると考えられるのは、キョーコがウソをついているとバレていたってなこと。つまりは、やっぱり復讐のためと思っているってなわけですな。
何気にこれはこれで辛いような気も・・・・・。

そんなこと考えているとエレベーターで、その蓮と遭遇してしまうとはホントついてないこと。
いきなり叫び出したキョーコはいつもながらに面白かったですよ。周りの人が逃げてる光景が笑えます。

キョーコはことのすべてを社さんに説明しつつ、謝罪しますが蓮のやつは無反応とは相変わらずですねぇ。
社さんじゃないけど、「嫌われたくない」と言っているのにあのリアクションはキツイでしょ??
でも、蓮のやつ、何気にキョーコのこと信じてくれていたようでひと安心。最後の笑顔は、ウソつき紳士スマイルじゃありませんでしたからね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(2)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by よしちゃん : 2009/03/01 5:11 PM
蓮は怒ってましたねー。そりゃキョーコも怯えますよ。ただ蓮は天然の恋愛音痴すぎですよね。やきもち妬いたことないのかなぁ。社長の言葉を聞いてたら、蓮の性格を知ってそうだし、女性に対して今まで広く浅く付き合ってきたとか言ってたから、やきもち妬くほど好きになって無くて、だから気づかないのかなぁ。蓮は次のドラマをどうするのか気になりますね。
キョーコは初めてのドラマだからどんな役なのか楽しみですね。演技も上手くなってきたし。それと、キョーコは蓮に前回くらいから嫌われたくないって考えてるみたいだけど、蓮をどう思っているか気になります。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/03/06 1:50 AM
>よしちゃん 様
こんばんは。
ちょっとレスが遅れてしまって申し訳ないです。

蓮の表情はマジで怖かったことと思います。
キョーコの怯えっぷりも凄かったですけど、あれは彼女じゃなくて松太郎に向けたもんなんでビビる必要ないんですけどねぇ〜(笑)。
まぁ、本人はそれがキョーコを意識しているからって全く気が付いてないからどうしょうもない。周りの人が指摘しても聞く耳持たすですから、気がつくのはいつのことになるのやら・・・・。

ドラマ初出演のキョーコはどんな演技をしてくれるか私も見どころだと思います。
う〜ん、でも何気にかなり意識している蓮とかいるし、他の共演者からもいろいろと言われたり、一縄じゃいかないように思いますけどねぇ。

う〜ん、キョーコの蓮に対する気持ちですか・・・・。
まぁ、彼女自身は、恋愛というよりは憧れみたいな風に思っているんじゃないかなぁ・・・・と私は思ったりしています。
いずれ、さらに発展していくとは思いますが、相手の蓮があの調子じゃいつのことになるやらわからんですけど(笑)。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

スターライト☆ステージ : 2009/03/01 11:20 PM
スキップ・ビート! 第20話「月の誘い」感想
 キョーコにドラマ出演のオファー!ところが、共演が蓮と聞いて石化するキョーコ。[
日々の記録 : 2009/03/01 2:07 PM
スキップ・ビート! #20
尚とのプロモの仕事を終えてきたキョーコ。そんなキョーコに、蓮との気まず〜〜〜い^^;出会いが待っていました。モー子さんのおかげで、尚とのプロモの仕事を切り抜けることができた...
Trackback url: