ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< みなみけ おかえり 第6話「流してほしい」 : 続 夏目友人帳 第6話「少女の陣」 >>

スキップ・ビート! 第18話「罪は天使のように」

今回のお話は、松太郎にキョーコが「最上キョーコ」であることがバレてしまうってなお話でした。

甘い卵焼きを吐き出そうとした松太郎に塩を送ってしまったキョーコ
何やら、この事実は親しか知らないような事実・・・・。これはねぇ、怪しまれてしまっても当然かと思います。
しっかし、松太郎は見惚れていた女の子たちに「当然だ。俺様はパーフェクトだからな!」と言い放つとは、その俺様っぷりはまた見事なもの。

さて、敵に塩を送ってしまったキョーコでしたが、こっちはこっちで自分の正体をバラすようなことを積極的にやってしまいおやなみモードっと。
美森ちゃんが、昔の自分とダブったからとは言え、不用心なことしちゃいましたねぇ、ホント。

そこにメイクを終えた松太郎が登場。
キョーコが、美森ちゃんみたいな可愛い子や自分みたいなカッコイイ男には目がないことを知っている松太郎は自分に見惚れていたことを彼女を追及。
こいつ色気を使いやがって・・・・、ホント嫌なやつだな!

これはなんとか誤魔化したキョーコではありましたが・・・・、鳥の形の瓶に入っていた香水に勝手につけてしまった名前を言ってしまうとは・・・・
この事実は、やつしか知らないわけでもう決定的な証拠ですから、もう逃れることはできない事態。
まぁ、松太郎は当初から疑っていたわけで、どっちにしても最後まで隠し通すのは無理だったと思いますがねぇ。

別の現場で撮影をしていた蓮に対し、社さんはキョーコの点数を減点したことに一言。
「自分の自己満足のために仕事をこなした」からと理由を言うも、やっぱりちょっと大人げない感じもしますな。

もちろん、これには社さんも納得のところで、「それが好きな女の子だった尚更じゃないか?」と突っ込みを入れるますが、蓮からは「彼女が仕事をしっかりこなしてないから」とこれまた意外な回答が返ってくるからびっくり。
おいおい、蓮さん??、あんなカッコイイのに恋愛に対してこんなにオンチだったとは・・・・。
恋愛に成就の道は遠いぞ〜〜!

結局、正体のバレてしまったキョーコではありましたが、松太郎は強気の姿勢を崩さず。
ところが、メイクを終えたキョーコがスタジオに登場するなり、その容姿の変貌っぷりにびっくり
「負けるはずない!」と思っていだけに、これはショックだわな!

で、キョーコはいきなり松太郎に一撃を
「私のここに受けた痛みは・・・・。・・・純粋で無垢な私はどこにもいない。私をこの仕事から降ろさなかったこと死ぬほど後悔させてやる!」と挑戦状を叩きつけます。
ってか、怖ぇ〜〜!天使の皮を被った、悪魔だよな、マジで。
松太郎が唖然としてしまうのも、当然かと思います。

一度、昔のキョーコを見たことがあるマネージャーさんも彼女の変貌っぷりを見てびっくり。
というよりも、心配なんでしょうねぇ。あの顔はマジで悪魔でしたから、松太郎食われちゃいそうな勢いでしから・・・・。

松太郎はキョーコに呼びだされて、彼女のところに行ってみると、美森ちゃんが「キョーコが怖いから」と撮影を中断しているから大爆笑。
うん、でもあの悪魔モードの表情を見てしまってはビビるのも当然ですよ。
プロとしてはあるまじき行為ですけどねぇ〜。

昔から女の子に嫌われていたのは松太郎が原因・・・・。
こいつ、またまた俺様っぷりを発揮しているよ。ここまで高飛車なやつだと、ちょっと鼻っ柱を折ってやりたくなってくるな!

理解の態度を示すキョーコは立派なだなぁ〜と思いきや、自分が松太郎の恋人役だった時のこと想像してましたか?
うん、彼女から必死で訴えるでしょうね。
美森を説得する松太郎ではありましたが、彼がキョーコに見惚れてしまっている事実は間違いなく言っていることは思いっきり矛盾している始末・・・・
ちょっと情けないな。

監督さんにキョーコの演技を見るように言われて、いざ集中して見てみると、美森をうまいことリードしている彼女の演技力にびっくり
さすがに、監督さんも主役である松太郎が食われるんじゃないかと心配になっちゃっているんだろうな・・・・。

撮影の進行上、松太郎とキョーコのシーンを先に撮影することになり、ますます2人の火花がヒートアップ。
撮影直前、美森に「付き合っていたの?」と言われるも、あまりの怨念パワーで彼女まで食われそうになっているから大爆笑
もう、近づかないほうがいいですね、キョーコには。普通に危険ですから(笑)。

ついについに、キョーコと松太郎のシーンの撮影がスタートするも、いきなりの首絞め攻撃!!
さらに、時間をおいてもう一度挑戦するも、やっぱり薄気味悪い笑顔で力いっぱいの首絞め攻撃
このシーンはマジで面白かったです。ホントに殺ってしまうんじゃないかと思っちゃいましたよ、私は。
うん、これまでの鬱憤を晴らさないといけないわけで当然かもですが・・・・。

度重なる首絞め攻撃の前に撮影はストップ。
美森との演技がうまくいったのは、彼女をモー子さんに見立てていたからでしたか?
しかし、あの松太郎を前にしては、そんな手は通用しませんからねぇ、困ったものです(笑)。

この失敗につけこみ、またまたキョーコに余計な一言をいう松太郎はホント性格悪いな!!
こりゃ、ムカツクわ!
私は、全力でキョーコを応援いたします。あいつに見せつけてやってください。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(4) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 横溝ルパン : 2009/02/11 11:57 AM
こんにちは。いつもお世話になります。

京子の正体がキョーコだということが、意外とあっさりバレちゃいましたね。正体がバレてどうなるかと思いましたが、キョーコは開き直って尚への恨みを爆発させていたのが楽しかったです。

それにしても、尚は本当に俺様キャラですよね。(^^;
ここまで高飛車だと滑稽な感じもしますが、それと共に一度はどん底に突き落としてやりたくなりますよね。(笑)
でも、今回キョーコに首を絞められて死にそうになっている場面や、キョーコの美しさや演技に圧倒されるところを見たせいか、今まで程尚のことが嫌いではなくなったかも・・・。

そして、今回は蓮が天然さんだということも発覚しましたね。
クールなイケメンなのに天然、このギャップには不覚にも萌えてしまいました。(^^;
Posted by よしちゃん : 2009/02/12 1:33 AM
松太郎の俺様っぷりには本当に反感の気持ちが湧きますね。初めてキョーコが天使に変貌して松太郎にケリ入れて魅とれさせた部分はスカッとしましたね。松太郎も悔しがってるし。キョーコが殺気満々で撮影する気持ちは分かりますが、演技でギャフンと言わせたいから、このピンチを乗り越えて、来週はいい演技を期待したいですね。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/02/12 11:26 PM
>横溝ルパン 様
こんばんはです。

キョーコ、何としても隠し通したかったんでしょうけど、あの塩はマズかったですよねぇ。
ってか、松太郎の方も、彼女のこと知りつくしているわけで、まぁ最後まで隠し通すことはどの道不可能だったんじゃないかと思います。
しっかし、バレてしまえば、怨念パワー全開で容赦なし。ってか、ちょっと怖いくらいでしたから逆に良かったんじゃないかと。

松太郎のあの性格は、やっぱりムカつきますよ。
すごく失礼なやつだし、自分のこと完璧とか言っちゃっているし・・・。
ぜひとも、キョーコにがんばってもらい、一回鼻っ柱をへし折ってやってもらいたいと思っております。

で、蓮はというと自分の気持ちには全く気が付いてないから大爆笑ですよ。
まぁ、社さんぐらい彼のことを知ってないと見抜くことはできんのでしょうけど、あそこまで恋愛オンチだったとは、ギャップがあり過ぎです(笑)。
こりゃ、意識するようになるのはいつのことになるのやら心配だったり。

では、またよろしくです。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/02/12 11:27 PM
>よしちゃん 様
こんばんはです。

ホント、あそこまで高飛車な態度を取られると、ムカつきますよねぇ。
キョーコに蹴り入れられた時とか、彼女の演技力にビビっている時とか、「ざまぁみろ」とか思ってましたから、私は(笑)。
ここは、ぜひともキョーコにがんばってもらうしかないです。

しっかし、いくら因縁の相手とはいえ、いきなりの本気の首絞めはマズイなぁ・・・・(みている分には面白かったですがね)。
怨念が強すぎというのが、こんな形で障害になるとは思いませんでしたが、ちゃんとした演技でもってギャフンと言わせてやってほしいもんです。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

スターライト☆ステージ : 2009/02/13 1:00 AM
スキップ・ビート! 第18話「罪は天使のように」感想
 前回、録画に失敗して見逃してしまったのですが、キョーコは尚と仕事をすることにな
のらりんクロッキー : 2009/02/11 2:04 PM
スキップ・ビート! 第18話「罪は天使のように」
正体あっさりばれましたね(;^_^A あの塩がいけなかった…(笑) 尚に感づかれてもごまかしきるのかなと思いましたが。 化けの皮をはぎにきた尚。 美森のジェラシーで難を逃れ、 油断した? 以前欲しがっていた香水をちらつかされて万事休す(;^_^A 場面変わっ
日々の記録 : 2009/02/11 11:25 AM
スキップ・ビート #18
前回ほとんどバレかけたキョーコの正体ですが、今回あっさりバレてました。(^^;尚が甘い卵焼きが嫌いと知っていたことで、尚は京子の正体がキョーコではないかと気づきます。そして、...
Trackback url: