ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 鉄のラインバレル 第18話「メメント・モリ」 : しゅごキャラ!!どきっ 第68話「さようなら、山吹沙綾・・・」 >>

メジャー第5シリーズ 第5話「ヤングジャパン」

今回のお話は、ヤングジャパンが日本代表の実力を見せつけられるってなお話でした。

佐々木監督から「もし、代表チームに勝つことができたら、お前たちを日本代表にしてやる」と言われて大喜びの吾郎たち。
が、現実はそんなに甘くはなかったですねぇ。
これは監督が彼らの士気を上げるための単なる餌みたいなもんってなとこかな??

試合が始まり、代表チームの先発は原田さん。
一番バッターの草野が出塁し、続く薬師寺と唐沢が彼を進塁させ、何とか3塁まで行くことに成功とはびっくり。
でも、4番の寿はそこそこの玉を打つも、京四郎の強肩の前に完敗。
あの肩は、すごい過ぎでしょうねぇ。

ヤングチームの攻撃が終わり守りへ。
先発は、香取でしたが一番バッターの京四郎に得意の高速スライダーを打ちこまれてしまったがためにリズムを崩され、滅多打ちに。
4点を献上し、その1回を投げ切り、マウンドを降りることになっちゃうとはねぇ。
1年目で9勝を上げたとは言え、まだまだ力不足だったわけで、こりゃショックだったことと思いますな。

ヤングチームの攻撃は原田さんに完璧に抑えられてしまい、2回からは阿久津が登板するも、これまた滅多打ち。
またまた、一番バッターが京四郎さんというのが不運ですよねぇ。
彼、全く容赦ないですから・・・・。

阿久津は一気に5点を取られてしまい、吾郎とバトンタッチ。
さて、彼の相手はまたまた京四郎さんだったわけですが、覚えたてのジャイロフォークで攻めるも、相手は完璧にこれをとらえているから全く役に立たず。
ってか、ちょっと手前で落ち過ぎるという弱点があったもんだから、完全に相手に読まれてしまっているとは・・・・。
まだ、実践に使うには早かったのかも、かも、かも。

結局、最後はストレートを投げるも、これをまたまた見事に打ち返されてしまい11点目を献上してしまうことに。
さらに、吾郎は自分のストレートを信用してくれなかった寿に怒り心頭で、要求した場所とは逆玉を投げてくるからびっくり。
吾郎よ・・・・、これはちょっと大人げないような気もしますが・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

- : 2010/03/21 1:04 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
Trackback url: