ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< みなみけ おかえり 第5話「楽しくなる」 : 続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」 >>

スキップ・ビート! 第17話「運命のDATE」

今回のお話は、ついについにキョーコと松太郎が対面するってなお話でした。
やっぱり、怨念モードは面白いわ!

無事に高校に入学することができたキョーコは女子高生気分を満喫しよう・・・・と思えば、芸能クラスはだいぶ思っていたものとは違うようでびっくり。
何かと自分の仕事をひけらかすやつは、いやですよねぇ。
まぁ、怨念が爆発しようにも、こればかりは彼女の実力ですから仕方ないんじゃないかと思います。

でも、キョーコがモー子さんと出演したキュララのCMはなかなか好評・・・と思えば、またまた注目されているのはモー子さんのみ
噂している女の子たちが松太郎に見えてしまって、怒り心頭のキョーコには大爆笑でした。
局内の人にまで寒気を感じさせる怨念は相変わらず、スゴ過ぎですよ。

そんな怨念パワー全開のところに、突然、蓮のやつから電話がかかってくるからびっくり。
「仕事を見に来た」と言われて、坊のことがバレたのか?とビビリまくりのキョーコでしたが、椹さんはちゃんと内緒にしておいてくれたんですねぇ、良かった良かった。
キョーコの方も、何気なく言ってくれた「全部100点を取ろうとしているみたい」という言葉に感謝の言葉をっと。

やつの目的は、キョーコにスタンプを押すこと。
いや〜、確かに検挙に見えるキョーコですが、蓮がスタンプ押してくれるだけでも、ホントびっくりなことですよ。
しかも、「最上さん」と名前まで呼んでくれちゃうとは、ますますびっくり。
ところが、一度は100点を押すも、キョーコの「仕事ですから」という言葉を聞いた途端に−10点を押して90点にしちゃうとは・・・・
ホント、素直じゃないですな、彼も。

そんな中、キョーコのところに松太郎のプロモーションビデオへの出演オファーがくるとはねぇ、これは驚きの展開。
松太郎、あのCMの女の子をキョーコと疑ってのこと。
しか〜し、キョーコは当然そのオファーをお断りしちゃいます。それにしてもすごい怨念には大爆笑。椹さん哀れですねぇ、いつもながら。
松太郎の力を借りて、のし上がるなんでプライド傷つきまくりですから、当然の反応でしょうな。

怒り心頭のキョーコの前に、モー子さんがやって来て「ドラマへの出演が決まった」と一言。
やっぱり、モー子さんの考えは正論、うーん、やっぱり彼女は一枚上手ですねぇ。
厳しい芸能界。相手のことを考えている場合じゃなく、勝たないといけないってなことをよく分かっていると思います。

そんなモー子さんに触発されたキョーコは、即プロモの出演をOKっと。
椹さんの考えていることと、実際のキョーコのあまりのギャップはホント面白かったです。
モー子さんに触発された時の超サイヤ人モードもすごかったですしねぇ。

すごい形相で、松太郎の所属するクイーンレコードに乗り込んでいったキョーコではありましたが、フロントの人は怖いですよねぇ、あれは。
怨念が溢れすぎ。
とは言ったものの自分が最上キョーコだとバレたくない彼女は無理やりに笑顔を作って奮闘。
怨念たちの会議でも満場一致。

ついについに、部屋が間違っていたので迎えに来てくれた松太郎と笑顔で握手まで交わしちゃいましたよ。
「フワッチ」だと??、あまりの変わりようには大爆笑。
ってか、あの笑顔、怖いよ。やや怨念が溢れ出していましたし、よくがんばりますねぇ。

松太郎の案内で、監督さんと遭遇するも、その容姿を見てびっくりのキョーコ
こいつの女たらしはヤバいですねぇ。
まぁ、単なる家政婦扱いされていたキョーコはあまりにも哀れですが、そうじゃなくてもマズイでしょ??
さらにキョーコの場合は、ボロ雑巾のように使いすれられたわけで、ムカツクのも当然ですな。

プロモの内容は、一人の悪魔と2人の天使の物語で、悪魔は天使のうちの一人を愛していしまうも、もう片方の天使が天使の命を救うために悪魔を殺害してしまうというもの。
キョーコは、即悪魔を殺す天使役に立候補するも、すでに決まっていたようで、ひと安心。
うん、これはキョーコしかないですね。
ってか、ホントに殺ってしまうんじゃないかと心配ですよ(笑)。

もう一人の天使役は、七倉美森という松太郎にベタ惚れしている感じの子
憧れの松太郎にベタベタしている姿を見つつ、自分の過去と重ねてしまうキョーコは苦しみまくり。
うーん、松太郎の本性を知っているだけに、これは見てられんですねぇ。ホント、この光景は見てて悪夢の再来だったことと思います。

仕事の前に弁当を食べさせてもらうも、松太郎は七倉が作った手作りのお弁当を。
ところが、その中に入っていた卵焼きを口にした途端、やつの表情が一変。甘い卵焼きが苦手でしたか??
これにすぐに気がつくキョーコはさすがですねぇ。
で、吐きだそうとしていたので、弁当についていた塩をぱパスっと。
普通の人が知らないであろう秘密を知っていたわけで、松太郎の疑いも確信になったんじゃないかなぁ〜〜。

さて、最後に忘れておりました蓮について一言。
やつ、自分がキョーコを意識しているってなことに全く気が付いていないみたいですねぇ。
まぁ、誤解が解けただけでも大きな進歩ですから、良しとしておきましょう。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(4)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by よしちゃん : 2009/02/04 1:13 AM
見ました。
蓮はある意味天然…?
他人の事には勘が良さそうですが、自分の事になると全く気づいてないと言うか、今までからして無自覚で行動してますよね。これからキョーコと蓮と松太郎には注目ですね。 このPV編も来週から本格的に対決するみたいですし。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/02/05 2:13 AM
>よしちゃん 様
こんばんはです。

蓮は、どうも恋愛に関してはかなり鈍い感じですねぇ。
マネージャーさんは、彼のキョーコに対する反応が違うことに思いっきり気が付いていたのに、本人に全く自覚がないのとは面白い。
ホント、周りのことに関しては、あんなに敏感なのにねぇ〜。自分のことに関してはぜんぜんダメダメとはちょっと情けないですな。
かと言って、キョーコの方も「嫌いじゃない」って気がついただけですから、もうちょっと時間かかるかな??と思っております。

来週からは、ついについにキョーコVS松太郎ですか?これは見ものでしょうねぇ。
ってか、キョーコ、マジで呪い殺すんじゃないかと心配なんですけど・・・・(笑)。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

- : 2010/05/20 9:55 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- : 2010/03/21 9:44 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
のらりんクロッキー : 2009/02/04 11:12 AM
スキップ・ビート! 第17話「運命のDATE」
今回も抱腹絶倒の面白さでした! あ・た・し は・な・の〜 じょ・し・こう・せい〜♪ 編入試験もクリアし、晴れて女子高生になることができたキョーコちゃん。 憧れの女子高生ライフですが、芸能クラスなのでちょっと予想してたのとは違ったみたいですw 街
日々の記録 : 2009/02/04 4:30 AM
スキップ・ビート #17
蓮の代理マネージャを無事に終え、晴れて女子高生になることができたキョーコ。そんなキョーコに、尚の所属するクイーンレコードから、尚のプロモーションビデオに出演しないかという...
Trackback url: