ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< とらドラ! 第12話「大橋高校文化祭【中編】」 : とある魔術の禁書目録 第11話「妹達(シスターズ)」 >>

喰霊-零-  第11話「運命 乱 -うんめいのみだれ-」

今回のお話は、対策室の面々で黄泉を止めに行くも悲劇的な結果に終わってしまうというお話でした。
ってか、黄泉、マジで怖いよ!

黄泉に殺られそうになり大ピンチだった神楽の前に姿を見せたのは、神楽のお父様でした。
彼は白叡を召喚し、黄泉の乱紅蓮との激しいバトルがスタート。
もちろん、使役しているお父様と黄泉も。

さすがは、お父様といった戦いっぷりを見せ、黄泉を鎖で縛りあげることに成功し、神楽にトドメを刺すように命令。
が、これが誤算で、神楽は彼女を殺ることができず・・・・。
しかも、体が限界に近いお父様も白叡の封印を解こうとする力に一瞬動きが止まった隙に黄泉の一撃を浴びてしまい撃沈。
黄泉、ホント、容赦ないな!

ダメかとも思いましたが、そこに室長さんと桐ちゃんが駆け付け、なんとか追い払うことに成功。
黄泉の殺生石が妙な反応したのも幸いでしたねぇ。
その後、事後処理が進められますが、桜庭さんは死亡し、他にも死傷者が出ているご様子。
もう、黄泉はダメですね。可哀想だけど、彼女は室長さんがいうようにもう抹殺するしかないと思います。

一時撤退するも、また再び反応があり、すぐに対策室面々は出動。
が飯綱さんだけは、動揺が収まらないみたい。
うーん、ヘタレ街道まっしぐらな感じはしますけど、桜庭さんを殺されてしまうという黄泉の所業を目にしちゃえばねぇ、仕方ないかも。
私は、あまり彼を責めたくないんで、そりゃ、普通はショックじゃないかと。

死んだか?と思っていた黄泉のお父様ですが、生きていたとはひと安心。
ところが、体の中に封印している白叡のことを抑えきることができなくなってきており、かなりヤバい状況。
自分の死期を悟ったんでしょうねぇ、彼は神楽にこれまで厳しくして指導してきたことを謝罪。
土宮の血を受け継いでいる以上は、いずれ白叡を受け継ぐ必要があり、長く生きるためには強くなる必要がある。だから、厳しく接してきたと。
・・・・・、むちゃくちゃ立派なお父様じゃないですか。親として、一人の人間として尊敬できる人じゃないかと思います。

一方で、再び出動した対策室面々は、黄泉と再バトルへ。
乱紅蓮は岩端さんとナブー兄弟が、黄泉本人は室長さんと桐ちゃんさんがそれぞれ相手を。
それにしても、室長さんの車いすがあんな物騒な代物だったとはびっくりしました。
マシンガン付きの車いすって、ありえねぇ〜です。

乱紅蓮の方は、3人とも初めこそ善戦するも、岩端さんが攻撃を受けてしまい負傷。
で、それを庇おうとしたナブーさんが、乱紅蓮に噛みつかれてしまい死亡。
室長さん&桐ちゃんさんの方も、2人で黄泉を追い詰めていき、作戦は成功したか?に見えましたが、彼女はほぼ無傷とはびっくり。
そして、最後は室長さんを襲い掛かるも、彼女を庇おうとした桐ちゃんさんがまともに刺されてしまいます。
黄泉、完全にイッちゃってますな、これは。

室長さんは、車椅子を爆発させることで一矢報いようとするも、やっぱり黄泉にダメージを与えることはできず。
二人を見下ろして二王立つだった黄泉。やっぱり、2人とも殺しちゃうんでしょうかねぇ。
もう、マジでやり過ぎです。

神楽の方は、死期が迫っているお父様から神楽が白叡を継承しておりました。
さらに、マイケルさんから新しい武器を受け取り、決戦の場へ。
神楽、黄泉を殺ることができるんしょうかねぇ。ってか、残念ながら、あれはもう殺すしかないっしょ!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 : 2008/12/20 6:40 AM
(アニメ感想) 喰霊 -零- 第11話 「運命乱(うんめいのみだれ)」
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]クチコミを見る 殺生石を埋め込まれ、狂気に駆られた黄泉と対峙する神楽。しかし、愛しい者を前にし、その剣は乱れる・・・。そして、黄泉の凶刃が神楽に容赦なく振り下ろされた!!
日々の記録 : 2008/12/19 5:25 AM
喰霊 -零- #11
黄泉との戦いで、神楽を守るために雅楽も傷ついてしまいました。神楽の絶体絶命のピンチを救ったのは、神楽の父・雅楽でした。雅楽と黄泉は、互いに霊獣を使役して激しい戦いを繰り広...
Trackback url: