ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 灼眼のシャナ供‖茖艦叩嵳いの少女たち」 : Myself ; Yourself 第4話「コドモじゃないよ」 >>

バンブーブレード 第4話「ピンクとブルー」

今回のお話は、ようやく鞘子さんが剣道部に戻ってくるというお話でした。

剣道の指導にもようやく気合が入ってきた感じ。特に、初心者である都さんと段十郎さんの練習に力を入れたいようですが、彼らを指導することになったのは珠姫さん。まずは、足さばきからということで、さすがに道場の子だけあってなかなか教えるのが上手いです。

気合をいれて、次の日からは朝練も開始。ところが、都さんはタルくて仕方がない様子。もともと、段十郎さんがやるということで始めただけなので、相当に嫌そう。

ところが、ちょっと打ち込みを練習してみたら、これにハマってしまったようです。「相手を力いっぱい叩ける」とかいう理由は、ちょっと微妙な気がしますけど・・・・・。まぁ、とりあえずやる気が出てよかったですよ。

未だ剣道部にやってこないブルーこと、鞘子さん。実は、まだ何を書いたらいいのかわからずに悩んでいましたよ。そんなに焦る必要があるのかなぁ・・・と思うのですが、何だかんだでようやく剣道部に復帰してくれました。

この鞘子さん。これまた、面白そうな子ですね。紀梨乃さん曰く、体格が良く、思い切りのいい性格なので、かなり筋はいいとのこと。ただ、ちょっと小難しいところがあるみたいで、これまでにも何度か部活に来なくなったことがあったみたい。一番それが長かったのが、ゴキブリに関することだったみたいです。確かに、嫌な気持ちはわかりますが、ようするに何もかもがちょっとオーバーな性格なのでしょう。

ところが、彼女の顔をみて都さんがびっくり。思いっきりブラックの彼女を見られてしまっている上に、川に突き倒しちゃったのだから、そりゃビビるでしょうねぇ。

とここで、彼女に手を貸したのが虎侍先生。彼は、都さんが猫かぶっていることをちゃんと見抜いていましたね。まぁ、あれだけ黒い空気を出していれば、誰でもわかりますか?前の話では、実際みんな反応していましたし。

それと忘れてはいけいないのが、段十郎さん。彼って、ぼーっとしているようで意外と都さんの本心とかをちゃんと見抜いているのかもと思いましたね。もし、本当にそうだったら都さんが引かれる理由もちょっとはわかるかもです。

そして、都さんは鞘子さんの元へ行って、謝罪。見事に仲直りすることができました。鞘子さんも、ちゃんと木刀を拾っておいてくれたみたいで、あれは都さんも素直にうれしかったみたいです。しかし、都さんが謝りに行くところ相当にすごかったですね。あの堂々とした歩きっぷり、さすがというか何と言うか。

そういえば、対戦相手の石橋先生の町戸高校でも試合のメンバーが決まったようです。彼も虎侍先生と同じく生徒の信頼がイマイチみたいなのにはちょっと笑いました。まぁ、対戦理由というのが、昔の復讐みたいなものなのだから、生徒たちが嫌がるのもわかります。虎侍先生だって、真面目に練習をしているといっても、目的は寿司一年分ですし。

まだ、4人しかメンバーがいないわけですけど、次はもう試合なのでしょうか?いったいどうなるのか、また次が楽しみです。

comments(0) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

White wing : 2007/11/01 7:41 PM
バンブーブレード 第4話「ピンクとブルー」
ダン君の素振り姿は可愛いよなーっ。 コジローとキリノはサヤが部活に戻って来るように策を巡らし、その願いが通じたのかサヤが道場に現れると、ミヤミヤは自分が危害を加えた相手だと知って隠れましたね。そしてキリノに打ち込みをしている内に自分のブラックが表に顔
日々の記録 on fc2 : 2007/11/01 6:36 AM
BAMBOO BLADE #4
小説を書くことに行き詰まった鞘子が、いよいよ剣道部に復帰することになりました。しかし、都は前回ブラックモード発動中に鞘子と顔を合わせて、鞘子の自転車を川に投げ込んでしまっていたので気まずい思いをしています。
たこの感想文 : 2007/11/01 1:47 AM
バンブーブレード・第4話
「ピンクとブルー」 練習試合に向け、段十郎とミヤミヤの基礎練習が始まる。少しずつ
Trackback url: