ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< げんしけん2 第3話「アツい夏の一日」 : スカイガールズ 第17話「南の島のスカイガールズ」 >>

CLANND‐クラナド‐ 第2話「最初の一歩」

今回のお話は、渚さんが演劇部の復活のために活動を始めるというお話でした。

冒頭は、またまた公園で演劇の練習をする渚さんの場面からスタート。幻想世界というあの演劇の物語を表した描写は、何だかものすごい力が入っているように感じました。そして、孤独な少女といった感じのあの内容もちょっと気になりましたね。これから、どのように本編と絡んでくるのか楽しみ。

朋也さんは、朝っぱらから杏さんの運転するバイクに轢かれるハメに。これは、朋也さんのほうが怒るのが当たり前でしょうね。というか、両人とも怪我1つないというのは、何という幸運なことでしょう。

陽平さんは、また坂上さんに勝負を挑むも、見事に返り討ちにされていました。彼もあきめが悪いですが、最後はゴミ箱送りというのは、かなり無残な姿でしたね。指を外されていく彼の姿が何とも笑える場面でありました。まぁ、それでもピンピンしている感じでしけど。

いつものようにと言うか、授業をサボろうと図書館へ行く朋也さん。すると、そこにはすでに、一之瀬ことみさんという先客が。ちょっと変わった感じの子でしたけど、実は全国でもトップレベルの天才なのだとか。しかし、本を切り抜こうとしたり、いきなりお弁当を差し出したりと、ちょっと幼いというか無邪気な感じがしましたね。彼女と関わると、いろいろとお世話が大変そう。

そして、渚さんと朋也さんはいよいよ演劇部の再会に向けて行動を開始。手始めにやったのが、ポスター製作。個人的には、かなり微妙な感じのデザインでしたけど、あれで部員が集まるのでしょうか?ちょっと心配かも。

でも、朋也さんはちょっと冷たい感じでしたね。自分は、応援するだけだとか。まぁ、部活に入るのは嫌なようなので、仕方がないのかもしれませんが、何で彼女のためにあんなにも一生懸命になるのでしょう?まだ、そんなに特別に仲がいいわけでもないのに、彼の中の何がそうさせているのか?その辺りを、彼に聞いてみたい。

完成したポスターを貼っていると、とある部屋から「痛っ」という声が。またまた、新キャラの伊吹風子さんという方。これまたちょっと変わった子でしたね。怪我をしているにも関わらず、ナイフで何かを作り続ける彼女。どう考えても、ちょっと変。

朋也さんは、渚さんのためにだんご大家族を探すも見つかりなかったようで、自分で製作。とそこへ父親がやって来たのです。相変わらずの他人行儀なしゃべり方。耐え切れなくなった彼は家を飛び出しちゃいます。

しかし、この2人の確執はかなり深そう。朋也さんの言動からすると、もっとお互いに仲良くしたいみたいな感じがしましたけど、何かが引っ掛かっているみたい。ことは、何かきっかけがあればいいかもしれませんが、ことはそんな簡単にはいかないような感じでありました。本当に難しい問題。

家を飛び出した朋也さんは、そのまま渚さんのところへ。そして、2人はそれぞれのことについて、ちょっとだけお話。渚さんは、留年してしまったことで、クラスに馴染めないでいるみたい。しかし、女の子一人に掃除させるとは、本当にひどいやつらです。

朋也さんも、自分がバスケットの推薦でこの学校に入ったこと話します。でも、すぐに辞めてしまったのだとか。そんなことを聞いた渚さんは、明日バスケットを一緒にやろうと。彼女にしては、気を使ったつもりだったのでしょうけど、ちょっと辛い結果になってしまいましたね。

次の日、天気は雨。朋也さんは、学校をサボっているようでしたけど、ちょっと渚さんとの約束が気になったのか学校へ。案の定というか、雨の中待っていましたよ、渚さんが。

そして、シュートをしようとすると、そこでストップ。実は、父親とのケンカが原因で腕が上がらないのだとか。これが、部活を辞めた原因でしたか。まぁ、そうでもないと大好きだったであろうバスケットをやめるはず無いですからね。

その事実を知ってしまった渚さんは、ひたすら朋也さんに謝ります。そして、彼女はそのまま倒れてしまって、今回はおしまい。

かなり深い確執があるような父親との関係。この2人が、今後どうなっていくのしょう?また、何やら自然と引かれている感じの2人の関係がどうなっていくのかも、また楽しみになってきました。

comments(0) : trackbacks(4)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

アニメレビューCrossChannel.jp : 2007/10/31 5:53 AM
CLANNAD 第2話「最初の一歩」
幻想世界をアバンに持ってきて、Kanonでのあゆの夢のモノローグと同じ感じにするのかな。 風子とことみとの出会いを入れて、残りのメインヒロインが出揃った。 早々に風子は電波っぷりを発揮してくれるし、ことみも不思議ちゃんっぽさを醸し出してくれる。 オープニ
たこの感想文 : 2007/10/31 3:14 AM
CLANNAD・第2話
「最初の一歩」 自らの家庭の境遇に絶望した朋也の前に現れた渚。彼女は、自らの手で
沖磨純雲 -おきまもとん- : 2007/10/31 12:41 AM
CLANNAD 第2回
第2回『最初の一歩』願いが叶う場所に~ と言うのは芝居の練習だそうです。 ちょっぴり残念。 でもあながち本当かもしれんと 頭の片隅ぐらいには覚えておこっと。
White wing : 2007/10/31 12:31 AM
CLANNAD 第2話「最初の一歩」
冒頭の幻想的なシーンは渚の芝居の稽古だったのか。成る程ね。
Trackback url: