ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< Yes!プリキュア5GoGo! 第38話「二人の力!ドリーム&ローズ!!」 : スキップ・ビート! 第6話「舞踏会への招待状」 >>

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話「傷痕」

今回のお話は、カタロンの完全殲滅に乗り出した、アロウズとソレスタルビーイングが激突するってなお話でした。

カタロンの基地への卑劣極まりない攻撃が各々に与えたダメージはかなり大きい。
まずは、何といっても沙慈でしょうねぇ。
普通の人の代表格となってしまった彼ですが、もう痛々しくて見ていられませんよ、私は。
ティエリアから、「責任があることは君にある」と一喝された上に、カタロンの人たちからも恨み持たれる存在に。
さらに、彼も場合、アロウズからカタロンの疑いまでかけられてしまっているわけで、もうい場所ないじゃないですか?

悲惨な現場を見てしまったスメラギさんは、過去の忌まわしい記憶がよみがえってしまったようで倒れちゃいます。
エミリオとかいう男性がキーマンですかねぇ。
彼女の作戦で味方まで多くの被害を出してしまったみたいなこと言っていたんで、かなり大きな失敗をやらかしたんでしょうな。

もちろん、直接的な被害者であるカタロンの被害も甚大。
いきなりの攻撃でしたし、あのやり方ですから、精神的にもダメージが大きすぎると思います。

また、攻撃を仕掛けた側であるピーリスの胸中も複雑。
セルゲイさんは、彼女に自分の掴んだ情報が発端であったと詫びを入れてくれましたが、彼女自身はこれを自分が幸せを望んだ罰だという方法へ考えてしまうとはねぇ。
いきなり、あんな悲惨な現場に居合わせればショックでしょうけども、うーん、私的には複雑な気持ちです。

カタロンの一員であろうと疑いをかけられている沙慈を逃がしてしまったことで、セルゲイさんはアロウズの人から一撃を。
あの白髪野郎、マジで容赦ないな!
今回のやり方に疑問を持つ、マネキンさんにも「すごい成果」的なこと言ってましたし・・・・。

そんな中、ネーナをアザディスタンの状況を見に行かせます。
紅龍さんが、留美さんのお兄様だったとは・・・・。
しかし、彼女は何をやろうとしているのか?、さっぱりですよねぇ。あまりいいもんじゃないような気が思いっきりするけど。

カタロンの人たちにうまく脱出してもらうために、ソレスタルビーイングが囮になることに。
何気にみんなやる気満々で、特に刹那と二代目ですな。
二代目は、カタロン側の人間ですから、そりゃ、心の中はもうすごいことになっているでしょうから当然かと。
刹那は・・・・、よくわかりませんが。

思惑通りに、アロウズが彼らを見つけて戦闘モードへ。
さすがに、優秀なパイロットが多いアロウズだけに、ティエリアは初っ端から苦戦。

で、アレルヤのところへやって来たのは、もちろん、マーリことピーリス。
この2人は、かなり因縁があるんですけども、ピーリスは今、完全に超兵に戻ってしまっているのちょっとキツイ。
案の定というか、アレルヤは一撃を浴びてましたし・・・・。

刹那の相手、もう常連となりましたミスター・ブシドー。
刹那はかなり苦戦した挙句、ついにトランザムを起動させてましたが、さてどうなることやら。

さらに、母艦に向かってくる敵さんに、自分から志願し攻撃を加えようとする沙慈。
本人は知らないんでしょうが、相手はあのルイスですからねぇ。
どうなることやら。

っと忘れていましたが、スメラギさんとマネキンさんが同じ機関に所属していた、しかも両人とも戦術予報士だったとはねぇ、びっくり。
おかげで、なんか人間関係がものすごく複雑な感じになってきちゃった感じがしますが、さてさてどうなることやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(8)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 : 2008/11/15 10:46 AM
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話 「傷痕」
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズの攻撃により倒れるカタロンの兵士。今わの際につぶやかれた言葉に、スメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を同じくして、リントから戦果報告を受けていたカティもまた、過剰ともいえた作戦に表情
烏飛兎走 : 2008/11/12 8:27 AM
ガンダム00『傷痕』
 「アイツ(沙慈)・・・死ねばいいのに」 「アイツ(アレルヤ)・・・死ねばいいのに」 「どしたのどしたの〜 2人して、なんの話〜?」 「マリーマリーマリーマリーマリーマリー、言って      機体を毎回壊してくるE57が、死ねばいいのに。という、話を
地下室で手記 : 2008/11/11 10:32 PM
今日のガンダム00 #6
「傷痕」前回はカタロン基地とアザディスタンと殲滅されたのかと思いましたが、カタロンは全滅まではいかなくて、しかもお子様達は難を逃れていたのには、素直に良かったなと思いますね。カタロン基地の惨状からスメラギさんは自分の過去の失敗を思い出したようで、エミ
別館ヒガシ日記 : 2008/11/11 10:04 AM
ガンダムOO&ガンバはFC東京に痛負
はカタロンのためアローズとバトルの展開も 今回は沙慈は落ち込み知らぬ間にルイス攻撃し は沙慈を叱る&は特に目立たなかったし VSミスター武士道&VSソーマだったが スメラギの過去が遂に判明でマネキンも関わって 次はVSソーマがメインの様もソーマ悲しい
日々の記録 : 2008/11/11 3:56 AM
機動戦士ガンダム00 2nd #6
サジが原因で起きたカタロンの情報漏洩は、思わぬ波紋を次々と巻き起こしています。そんな中、自らの行いを悔いたサジは、とうとう自らも戦う決意をしたのでした。しかし、その相手は...
【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 : 2008/11/11 1:44 AM
悪婦破国(あくふくにをやぶる) 00様万々歳第6話
 カタロンについて語ろうん。  先ず使ってる兵器が脈絡とかなさすぎ。背後の関係とかそういうのが読めない時点でダウト。フラッグ・リア...
アニメのストーリーと感想 : 2008/11/11 12:14 AM
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第6話「傷痕」
 リント率いるアロウズ部隊を退けたソレスタルビーイング。様々な問題が山積する中、ルプアルハリ砂漠に存在するカタロンの基地に向かった刹那達。出迎えた人々にアザディスタンを救った 英雄と称えられ、会談に望むクラウスとシーリンと対面を果たした。本題の前にマ
くまっこの部屋 : 2008/11/10 11:50 PM
ガンダムoo セカンドシーズン #6 「傷跡」感想
今回のシリーズでは沙慈くんも否応なく重い運命を背負わされますね、うーん見ていて辛
Trackback url: