ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

スマイルプリキュア! 第46話「最悪の結末!? バッドエンドプリキュア!!」

今回は、ジョーカーさんが作り出したバッドエンドプリキュアを撃破するというお話でした。

5人バラバラに分断され、ジョーカーさんの作り出したバッドエンドプリキュアと対峙することになったみゆきたち。
やっぱり「5人を分断した」というところがキモなんでしょうね〜。
まぁ、その作戦、これまでの歴代プリキュアの敵さんたちによって何回も試みられましたが、一度として成功したことはないんですが(笑)。

ジョーカーさんが「感情のない兵器」と言っていた、バッドエンドプリキュアさんたち、全く躊躇のない攻撃は……怖い怖い。
各々が大切にしているものを破壊する、もしくはくだらないものというスタンスバッドエンドプリキュアさんたち。
何と言いますか、いかにも悪役キャラと言った感じはよかったですが(笑)。

しかし、なおの戦いっぷりは、まるで別格でいしたね〜。
激しい肉弾戦は完全にドラゴンボール(笑)。
逆に、やよいの方は、カワイイことを言っているのとは裏腹にやっていることはヒドイヒドイ。これは、間違いなく嫌われるな〜と思うです。

一方で、ミラクルジュエルを守って奔走していたホップはジョーカーさんに追い詰められて大ピンチ。
「ミラクルジュエルを手に入れる理由はない、世界を絶望させたいたけ」と言って高笑いしていたジョーカーさんは最後までこのキャラクターですね〜(笑)。
さすがに安定感が違います!!

そんなジョーカーさんがミラクルジュエルを破壊しようとしたところで、何とロイヤルクロックの中からロイヤルクイーン様が登場。
なるほど……、ロイヤルクイーン様はすでにこの世にはなく、キャンディはその娘で次期女王。で、ミラクルジュエルはその次期女王をカモフラージュするためのものだった…とうわけですか??
キャンディには何かしら秘密はあるな〜とは思っていましたが、まさか次期女王だったとはちょっと予想してなかった展開でしたわ(笑)。

ミラクルジュエルの正体がわかり、それがピエーロ様復活の障害にならないと判断したジョーカーさんは、地球全体からバッドエンドエナジーを吸収するという暴挙へ!!
一気に砂漠と化してしまいましたね〜。
いや〜、これ、何もかも無くなってしまった感じですけど、元に戻せるのかしら(笑)。

この状況のみゆきたちも、さらに劣勢に……と思いきや、「希望はあります、あきらめない限り」との言葉で覚醒!!
いや〜、ココからの展開がすごかったですね〜。
そのアツいメッセージと豪快な戦いっぷりは、完全に子供向けアニメの枠を超えていたように思います!!

覚醒した力で一気にバッドエンドプリキュア勢を撃破したみゆきたちですが、ピエーロ様の復活はすでに既定路線。
いや〜、絶望したように見せかけたジョーカーさんの表情がよかったですよね〜(笑)。
まぁ、最初から、これで一件落着とはならないことは予想していましたけども。

最後はジョーカーさんも吸収してピエーロ様が復活。
その姿はまるで巨神兵みたいな感じで、そのデカさには正直びっくりしました。
いや〜、こちらも最後にキャンディが復活しましたが、どうやって戦うつもりなんでしょうね〜。ちょっとやそっと攻撃したぐらいじゃ、ビクともしなさそうなので(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(1) : trackbacks(2)

スマイルプリキュア! 第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」

今回のお話は、ついに三幹部が浄化されるというお話でした。

ロイヤルクロックが光出した途端にミラクルジュエルになってしまったキャンディ。
冒頭からいきなりの展開でしたね〜。
キャンディがミラクルジュエルに関係していることは予想していましたが、まさかミラクルジュエルそのものだったとは……驚き!!

一方で、バッドエンド王国では、実は黒っぱなによって命が少しずつ削られていたということを知った三幹部が最後の出陣。
いや〜、やっぱりそんなことだろうと思っていましたが……ジョーカーさんヒドイです(笑)。
三幹部の驚きようといったら面白かったですよね〜。正直、騙されていたわけでジョーカーさんにあれこれと文句を言ってもよかったと思うのです。

いよいよ宇宙からピエーロ様のタマゴが来襲、みゆきたちのところへ参上した三幹部たちの最終決戦へっと。
黒っぱなを使い、最終形態?へと姿を変えた三幹部の実力はかなりのもの。
戦闘シーンは、派手で見ごたえもあってすごかった!!
特に、ウルフルンさんとみゆきの戦いっぷりが、ドラゴンボールのそれみたいでよかったんじゃないかと思います!!

渾身の必殺技すら気合いで跳ね返した三幹部、さらにプリンセスフォームでの一撃も跳ね返してみせました。
いや〜、あかねじゃないけど、ホントに「ドンテモない執念」でしたね〜。
正直、この攻撃に耐えてしまった時点で、プリキュア勢としては次の一手がありませんから……(笑)。
三幹部の頑張りっぷりは圧巻だったな〜と思います。

強さの秘密について「絵本の中ではいつも嫌われもの。そこで味わった悔しさは、お前たちはわからない」とひと言。
彼らを絵本世界から連れ出したのはジョーカーさんとのこと。
やっぱり彼が黒幕でしたか……(笑)。

ところが、そんな三幹部の話を聞いたみゆきたちは、「その気持ちがわかる」から戦意喪失という展開。
まぁ、難しいところでしょうけど……そう言われると、絵本の中の悪役さんたちも不憫ですよね〜。
特に、オオカミや鬼、魔女っていうと三大悪役と言ってもいい存在なので(笑)。仕返ししてやりたいう気持ちが生まれるのも仕方ないかお、かも、かも。

自分たちに対して理解の気持ちを示そうとするみゆきたちにさらなる怒りをぶつける三幹部でしたが、これをみゆきが天使?になってまさかの浄化(笑)。
「絵本が夢を与えてくれるのはあなたたちのおかげ。ありがとう」って……こんな形で終結を迎えるとは思ってなかったのでびっくり!!
でも、みゆきのほほ笑みは……ホントに美しかった。私もちょっとだけ心が浄化されたかな〜と(笑)。

その後、三幹部は何と妖精の姿になり、しかもホップの知り合いだったようで(笑)。
いや〜、元に戻った三幹部、カワイイ!!
一年間、あんな格好にされていたとは……ホントに可哀想です。

最後は、最後のデコルを回収、みんなが戦っている間に世界中のバッドエナジーを集めていたというジョーカーさんが登場。
そして、回収した力を使って、何とバッドエンドプリキュアを作り出しちゃうとは……(笑)。
これはまた強敵っぽいのが出てきましたね〜。
予告編の映像からするに、かなり手こずっている感じでしたが、みんながどうやって勝利を勝ち取るのか??、すご〜く楽しみです!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スマイルプリキュア! 第44話「笑顔のひみつ!みゆきと本当のウルトラハッピー!!」

今回の話は、みゆきがハッピーになるための大切なものを見つけるというお話でした。

通りかかった女の子がしていた翼のような鏡を見て、昔、一時、おばあちゃんのところに住んでいた時のことを思い出したみゆき。
その頃は、彼女も人見知りが激しかったみたいで。
たしかに、今の彼女からは想像できないよな〜。今の彼女は誰にでも笑顔で話しかけるような人ですからね〜、その片鱗すら感じないです(笑)。

そんな中、木の下で一人の女の子と出会い、その子との交流がキッカケで他の子供たちともお友達になることができたようで。
って、実は誰も知らなかったというその子。
結局、最後までその正体が明かされることはなかったわけですが……一体何者なのやら。
おばあちゃんのところには天狗も住んでいますしね、ちょっとだけ怖いです(笑)。

そこに先ほどのつばさの鏡を下げた女の子が迷子になっているのを見つけ、お母さんを探してあげることになるも、ウルフルンさんが登場!!
ウルフルンさん、前回ジョーカーさんに最後通告を受けてから敗北しているだけに、今回は鬼気迫るものがあって凄かったですね〜。
当初はみゆきを圧倒。やっぱり単独だとやや力不足な感は否めないな〜と。

しかし、ウルフルンさんの余計な言葉により友達の大切さに目覚めたみゆきは、底力が覚醒、今度は一転してウルフルンさんを圧倒。
いや〜、いつものごとくドラゴンボールを彷彿とさせる豪快な戦いっぷりはよかった!!
敵さんはいつもこのパターンで負けちゃうんだけど……、見ている方はちょっと不憫な感じもしますね(笑)。

最後は、あかねたちも駆け付け、プリンセスモードでウルフルンさんを圧倒。
自分の大切なものは「人を思いやること」だと悟り、「ウルトラハッピーを皆にも届けたい」とひと言。
みゆきらしい、締めだったんじゃないでしょうか??
しかし、あのみゆきが出会った女の子の正体が気になるな〜(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スマイルプリキュア! 第43話「れいかの道!私、留学します!!」

今回は、れいかさんが留学すべきか?を悩むことになってしまうというお話でした。

なんと、れいかさんがいつの間にやら応募していて留学生の選抜に通ったとの朗報があり。
いや〜、話によると日本全国から選ばれた超エリートらしい合格者たち。
まだ中学生だというのに……やっぱりれいかさんはタダものではありません!

この知らせに、みゆきたちや、お母様やお兄様も喜んでくれたものの、プリキュアとして活動できなくなる等々、れいかさんは不安も感じているようで。
一年ですからね〜。特にこの時期の一年ですから、相当に長いです。学校やクラスも変わるだろうし、不安を感じない方がおかしいです。
しかし、れいかさん、お母様やお兄様も容姿端麗でしたね〜(笑)。

そして、おじい様にもご報告し、「道はさまざま。お前の描く道はどんなものであろう」とのアドバイスを。
れいかさんの表情を見て、彼女の心中を察知したみたいですね〜。
青木家の家訓でもあろう「道」に例えも、また巧かったな〜と思います。

留学が決定したれいかさんにエールを送ってくれたみゆきたちでしたが、実は別れたくないというのが本心。
キャンディだけは…状況を理解していないみたいでしたが(笑)。
やっぱり寂しいですよね〜。私も小学校や中学校の頃、同じクラスの人が転校して行く時寂しかったものですから……。

弓道をやってみるも、心が乱れてりいるために的に当たらず不調……というところに徐おーカーさんが襲撃。
さて、何を計画しているのか?と思いきや、「祝!留学」の垂れ幕入りのくす玉を割って歓迎とは驚き。
いや〜、ジョーカーさん、相変わらずな趣味してますね〜(笑)。

その後は、れいかさん対し、「プリキュアを止める?、留学を取りやめる?」、「留学しないということはみんなを裏切ること」と言った言葉を使って精紳攻撃を開始。
さらにトドメは留学先のロンドンの光景を見せて、「プリキュア任期満了」のひと言。
さすがは、ジョーカーさん、この言葉の攻撃はキツイですね〜。イタイところを容赦なく突いてくる言葉……私でも絶対に耐えられないです!

外でれいかさんを探し回っていたみゆきたちも呼び寄せ、さらに言葉の暴力を使って攻勢を強めるジョーカーさん(笑)。
みゆきたちも頑張っていましたけどね〜、最後は「別れたくない!」との本心を吐露してしまい、大ピンチに。
いや〜、でも、ここにみゆきたちを招いてしまったのは失敗だったかな。ひょっとして、余計な欲を出さなければ、れいかさんだけはやっつけることができたかもしれないのに……(笑)。

が、ジョーカーさんの余計な言葉が原因なのか?、「私はプリキュアを辞めるとは言っていない」と言ってれいかさんが覚醒!!
いや〜、ここからのキャラソンに合わせての戦いっぷりはもう圧巻でしたね〜。
ジョーカーさん、しゃべりすぎ(笑)。完全に地雷を踏んでしまったな〜、自業自得かな(笑)。

その後は、ジョーカーさんの言葉も「寄り道、わき道、周り道、しかしそれらもすべて道」とのひと言で一蹴。
最後のトドメは、やっぱり弓でした!!
ホント、れいかさん、カッコ良すぎる!!、剣さばきもまたよかったですし、この戦い間違いなくプリキュア屈指の名シーン決定かと思います。

最後は、プリンセスフォームに変身して、アカンベェを粉砕。
個人的には最後のプリンセスフォームはなくてもよかったような……。
まぁ、一年で最大のクリスマス商戦に向けての広告はしないとなんでしょう(笑)。

さて、れいかさん、結局「みんなと一緒にいたいから、留学はしない」と決めたようで。
ちょっと勿体ない感じはしますけどね〜。でも、彼女が決めたのなら誰も文句は言わないでしょう。
これからも、みんなと時間を楽しんでください。でも、まずは敵さんを倒すのが先決かな〜と思いますけども(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第42話「守りぬけ!なおと家族のたいせつな絆!!」

今回は、なおが家族を全力で守りぬくというお話でした。

何と、なおがもう一人家族が増えることが発覚!
ってこれで7人兄弟ですか……大家族になるわけですか??、多いですね〜。
こりゃ、近い将来はTV出演の依頼が舞い込んだりするんじゃないでしょうか??

そんなわけで出産のためにママさんが入院することになり、留守番を任されたなおは大張りきりな感じ。
まぁ、また家族が増えるし、一日とはいえ家も任されているし気合いも入りますよね〜。
なお、パパさんにもママさんにも信頼されていて、ホントに素晴らしいお姉ちゃんだな〜と思いますです。

商店街へ買い物に行ったなおですが、商店街のみなさんもなおのところに新たに子供が生まれると聞いて大歓迎。
八百屋さんもお肉屋さんもサービスしてくれたりしてありがたいですね〜。
もう、こんな風景は日本には……残されていないんだろうな。古き良き日本の姿でした!!

家に帰り、夕食のカレーの準備を始めていたなおですが、リンゴを買い忘れていたことを忘れていてお悩み中。
っと、その言葉を聞いていたゆうた、ひなが……2人で八百屋さんに行っちゃうから大変。
お姉ちゃんのために出かけちゃったんでしょうけどね〜。このご時世、子供だけで遠出はホントに危ないです。

みゆきたちも、なおのお手伝いをしようと彼女に家に到着したところで、2人がいなくなったことに気がつき、血相を変えて飛び出してきたなおと遭遇。
リンゴを買い忘れたことを口走ったことを思い出したなおはすぐに八百屋さんに向かうも、すでに立ち去った後……。
お金がないことに気が付いて移動しちゃいましたか?、なおも微妙にタイミング悪いです。

そんな中、ゆうた&ひなに声をかけてきたのはマジョリーナさん。
なおもすぐに駆け付けますが、子供たちの前では変身ができないということでピンチに!!
マジョリーナさんも、これで後がないだけに本気モードでしたからね〜。いつもなら子供たちが喜びそうなおもちゃを作っているのに……(笑)。

しかし、子供たちが攻撃されそうになったところで、なおは躊躇なく変身。
さすがに、この光景にはびっくりしたでしょうね〜。
子供たちも「ポカ〜ン」としていた表情もちょっとした見モノでした(笑)。

戦闘モードへ突入も、子供たちを庇いながら戦っているなおがかなり不利な展開。
マジョリーナさん、徹底的に子供たちを狙っていましたね〜。
それに対して、なおは一人だし、これは相当に不利な展開……。お遊びなしのマジョリーナさんだし、これはホントにピンチだったな〜と。

しかし、子供たちがボロボロになったなおのことを庇ってくれたことがキッカケになり、なおも覚醒!!
「子供たちは私が守る!」との叫びはアツかったですね〜。
なおのために勇気を出して立ち塞がってくれた子供たちもホントによく頑張った!!
美しき兄弟愛……ご馳走様でした!!

覚醒したなお、一気にマジョリーナさんを追い詰めるも、相手も負けじと吹っ飛ばされたところで子供たちに向けて渾身の一撃を発射!!
まさか……と思ったものの、みゆきたちが駆け付け、子供たちは無事でした。
いや〜、「まさか」と思って絶望してしまったなおの表情が……、ホントにそんなことにならなくてよかった。ってか、みゆきたちもちょっと遅いよ(笑)。もう少し早く駆け付けてくださいな!!

そして、みゆきたちと協力しつつ、マジョリーナさんを撃破。
これで三幹部は全員敗北か??
ウルフルンさんと赤オニさんは、その後、姿を見せていませんがどうなってしまったのやら……。かな〜り気がかりです。

最後は7人目の兄妹、“ゆいちゃん”が誕生したところでおしまいっと。
いや〜、最後の「私は家族が大好きです」の言葉がよかったな〜。
なおとしては、これからますます大変になるんだろうけど頑張ってほしいものであります。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スマイルプリキュア! 第41話「私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!」

今回のお話は、やよいが漫画家を目指して奮闘するというお話。

お得意の絵をみんなに披露してみたところ、友達から「漫画コンクールに応募してみれば」との提案が。
早速、応募してみることにしたやよいですが……、変わりましたね〜。
ひと昔前だったら、みんなの後押しがなきゃ絶対に挑戦するなんていい出さなかったでしょうに(笑)。人気漫画家の道がと〜っても厳しいことは自覚しているみたいですしね。

やよい、すぐに表紙だけは完成させたものの、その後は作業がやや遅れ気味な状況に。
題名は「ミラクル・ピース」ですか〜。
「理想の自分」を描いているような節がありましたけど、思いっきりその気持ちが伝わって来るキャラですな(笑)。

授業中のぼーっとしているやよいを見て、みゆきたちが手伝ってあげようとするも、彼女は「自分でやってみる」と宣言。
いや〜、漫画にかける執念はなかなかのものですね〜。
ホント、泣き虫でおどおどしていた頃のことが懐かしです(笑)。

やや作業が行き詰っている中、ミラクル・ピースが敵さんに劣勢を強いられている夢を見てしまったやよいはさらに落ち込んでしまう展開。
敵さん「ホントに漫画家になれると思っているのか?」って、夢の中ながら痛いツッコミをしてきますね〜(笑)。
ミラクル・ピースに対しても「そこの弱虫に作られた存在」とは……ヒドイです。

描いていた漫画の上にインクをこぼしてしまったことがきっかけになって、外に飛び出してしまったやよい。差し入れを持ってきてくれたみんなにも「やっぱりダメだった」とひと言。
いや〜、完全なスランプモードですね〜。

そんな中、こちらもジョーカーさんから最後通告を受けた赤オニさんが登場し戦闘モードへ突入。
戦いは本気モードの赤オニさんが圧倒的に優勢。
いや〜、前回のあかねもそうでしたけど、プリンセスモードにもならないで、幹部クラスを単独で相手するのは……やっぱりキツいです。


しかし、ミラクル・ピースのことをバカにされたことでやよいも覚醒。
「ミラクル・ピースは私の中にほんの少しだけある強い心」と言い放ったやよいがよかったな〜。
そんなやよいを「泣き虫で一人では何もできない」とバカにした赤オニさん、この時点で死刑決定です(笑)。

力を覚醒したやよいが今度は一転して赤オニさんを圧倒、さらにみゆきたちも遅ればせながら駆け付け勝利っと。
いや〜、本気モードのやよい、凄かったですね〜。
超特大のピースのサンダーハリケーン、ビリビリ感は半端なかったでしょう。叫び声も凄かったしな〜(笑)。

最後は漫画も無事完成し、クラスのみんなにも好評だったようで。
「ピースサンダ〜ハリケ〜ン!」と言って、遊んでいた男子生徒諸君……いい年して恥ずかしい(笑)。
まぁ、コンクールの結果が気になるところですけどね〜。一応、まだ数話残っているので、その後の展開を描いてくれることを希望です!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第40話「熱血!あかねの宝さがし人生!!」

今回は、あかねが大切な自分の宝物を見つけ出すというお話でした。

試合に向けて猛練習をしていたあかねと、もちろん、みゆきたちは笑顔で応援っと。
妙なスケッチをしていたやよいに、指が傷だらけだったみゆき等々。
いや〜、何か隠していることがバレバレじゃないですか??、れいかさんたちのフォローがあったとはいえ、よく隠し通すことができたな〜と(笑)。

今年の校内芸術コンクールの課題は「宝物」。とよしま君のギターや修学旅行のキーホルター等々、みんないろいろな宝物があり。
でも…、ゲームのセーブデータってのは……(笑)。
プリキュアメンバーも、みゆきがおばあちゃんからもらったシンデレラの絵本に、なおがスパイク、やよいが太陽マンとのツーショット写真、れいかさんが掛軸とこれまた個性的なものばかりでしたけどね〜。

早速、宝物を探すことにしたあかね、とりあえずはバレーや大好きなお好み焼きと思案してみるも、どうも違和感あり。
っと、そこにブライアンからの手紙が届き、中身は「太陽のような笑顔が素敵です」とのこと。
いや〜、ブライアン、やり手ですね〜。しかも、この時代に手紙でメッセージを送ってくれるというのがまた味があります(笑)。

この手紙が宝物?とキャンディに指摘されるも、あかねの口からは「まだ、何が宝物かわからない」との答えが。
まぁ、ブライアンの手紙ってのはないですよね〜。
しっかりと考えて答えを見つけ出そうとするところが、いかにもあかねっぽいですね。みゆきややよいでは絶対にドタバタ騒ぎになりそうなので(笑)。

さて、その帰り道のこと、みんなから必勝祈願のお守りをもらって、あかねはこれを宝物にすると宣言。
手作りですか……、しかも地味によくできていましたな。
サプライズ要素も加わって、これはホントにうれしかったんでしょうね〜。何せ、みんなに抱きついちゃいましたし、みんなが帰ってからお守りを眺めつつ、クネクネ動いていましたし……(笑)。

ところが、翌日の試合当日、試合会場にウルフルンさんが登場、あかねは一人で変身して戦闘モードへ。
いや〜、ジョーカーさんに最後通告をされただけあって、ウルフルンさんの気合いの入りっぷりが半端なかったですね〜。
相手は黒っぱな……、これはプリンセスフォームじゃないとキツイです。

戦いを有利に進めていたウルフルンさん、さらに「大切なものを全部ぶっ壊す」の言葉の元に、あかねの宝物になったお守りを握りつぶしてしまうという悪行に出るとは……。
ウルフルンさんのこと、けっこう好きですけど、これは許せないな〜。
しかも、最後はトドメの一撃。さすがに、これは酷過ぎでしょ??

ところが、「次のターゲットはみゆき」とのひと言で、あかねが覚醒。
「自分の好きだと言えるものは、みんなが関わってくれるもの」ですか、いいですね〜。
しかし、ウルフルンさん、いつものごとくひと言多い(笑)。ホント、口は災いの元ということわざの典型ですな(笑)。

覚醒したサニー、まるでスーパーサイヤ人のように全身から燃え上がる炎と気合いで持って、一気に戦いは優勢な展開へ。
特大のサニーファイヤーバーニングは圧巻のひと言。
ドラゴンボール並みの戦闘シーンもカッコ良くて、サニー同様に私の心も燃えまくりでした(笑)。

さらに、そこにみゆきたちも駆け付け、ウルフルンさんの敗北が決定。
いや〜、ジョーカーさんに最後通告をされていただけに、今後どうなることやら……心配です。
基本的には好きなキャラクターなので、何とかいい形で終わってほしいです。この際、プリキュアさんに謝ってしまってもいいんじゃないでしょうか(笑)。

最後はボロボロになった人形を手にしつつ、「世界でたった1つのこれがいい」、「宝物は友達の中学生」と心の中で叫びつつおしまい。
いや〜、最後の締めはなかなかよかったですね〜。
あかねの笑顔も最高だったと思います!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第39話「どうなっちゃうの!?みゆきのはちゃめちゃシンデレラ!!」

今回は、みゆきたちがシンデレラの世界に送り込まれてしまうというお話。

図書室にてキレイな絵本を拾ったみゆきですが、その本を開くなり、何とシンデレラの世界へ行ってしまうから大変。
こりゃ、またマジョリーナさんの仕業か?と思ったものの、今回の犯人はホップ。
ま〜た、厄介なもんを落としてくれまさいたね〜。大切なものなんだから、もうちょっと気を付けた方がいいのではないかと(笑)。

さて、この本、メルヘンランドに伝わる「はじまりのシンデレラ」なる、シンデレラの原本?みたいな代物なようで。すべてのシンデレラの本と繋がっており、その幸せの源とか。
なるほど、これがバットエナジーに染まってしまったら大変ですね。
って、何でこんな大切なものを持ち出したんだ、ホップは。今回の件は、全面的に彼の責任ではないでしょうか??

当然、その本に目を付けていた三幹部が登場するも、何とあかねたちも含めて、本の中に吸い込まれてしまうから大変。
いや〜、それにしても、その役柄の人選が(笑)。
いじわるママ母とその姉妹を演じることになってしまった三幹部。みゆき、せっかくシンデレラの世界を満喫していたのに……残念でしたね〜。
せっかくの選択したもんをよごされたり、掃除したところをよごされたり、料理は……自分で失敗してましたが、三幹部のみなさん、張り切りすぎです。

ようやく楽しみにしていた舞踏会の日となるも、みゆきは牢屋に入れられていしまい、魔法使い役のやよいも捕まって蓑虫状態(笑)。
が、ねずみさんになったあかねとなおが助けてくれてひと安心。
そのままかぼちゃの馬車で出発!となるも、あかねとなお、今度は馬にされるとは……でも、馬面の2人もなかなかカッコよかったです!!。

何とか、無事、城に向かって出発したものの、またもや三幹部に邪魔をされてしまい立ち往生。
いや〜、それにしても城で待っていた王子様役のれいかさんが(笑)。
まさか、三幹部がやって来ると思ってなかったみたいで、その時のびっくりしたリアクション……「あ〜れ〜、誰か〜」って叫んでましたからね〜、これはかなり面白かったです。

そこにやよいの箒で駆け付けたみゆき、三幹部を追っ払って、れいか王子とダンスっと。
それから、日付けが変わるまでに立ち去ろうとするも、またまたまた立ち塞がった三幹部が(笑)。
結局、転がってしまいましたけど、彼らの邪魔しようとする執念は見習いたいものです。
それにしても、クルクル回ってしまったやよいがれいかさんに助けてもらって、赤くなっていたシーン。みゆきもれいかさんに思う?ところがあったみたいですけど、れいかさん、ホント、イケメンだからわかります(笑)。

それでも、またまたまたまた邪魔しようと駆け付けた三幹部は、ガラスの靴をアカンベェにして、12時までに逃げるのを阻止する作戦。
なぜに、赤っぱなを……と思ったものの、そういう作戦だったとは驚き。
最新兵器は体力を消耗するみたいですかね。逃げるだけなら、こちらでも大丈夫と言う判断は見事。意外と治世派な一面もあるんだな〜と見直しましたよ。

一方で、プリキュア勢は、パクトを忘れてきたり、ねずみでは変身できなかったりで、みゆきが単独で出動。
逃げ回る敵さんに苦労したものの、キャンディのデコルを遣った飴の雨の助けもあって、何とかアカンベェを撃破。さらにパワーが強すぎたため、みゆき自身も吹っ飛んでしまい、お城からおさらばという展開。
いや〜、もうシンデレラ、むちゃくちゃですな(笑)。

その後、ガラスの靴の持ち主を探すところでも、またまたまたまたまた三幹部が特大のガラスの靴を用意して、妨害工作を繰り広げるもあえなく失敗。
空に舞い上がってしまい、くだけそうになったガラスの靴も、偶然、みゆきの足に収まって一件落着っと。
って、話がずいぶんと変わってしまったうよううですが……、ホントに大丈夫なのか??
個人的には完全にお笑いに部類に属してしまったような気がしますが(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(5)

スマイルプリキュア! 第38話「ハッスルなお!プリキュアがコドモニナ〜ル!」

今回は、みゆきたちが子供になってしまうというお話。

休日でしょうか?、みんなで集まって出かけようと思ったところに、空から降ってきたビンに入った液体を浴び、子供になってしまったみゆきたち。
いや〜、もうお決まりのパターンですね〜。
それにしても、小さくなってしまったみゆきたちがむちゃくちゃカワイイ!!

さて、バッドエンド王国では、この妙な液体・コドモニナ〜ルを作ったマジョリーナさんが、これまたいつものごとく、この薬を探し回り中。
が、ウルフルンさんと赤オニさんも、この妙な薬のせいで子供になってしまっているとはね〜。
この2人もカワイイ!、特につぶらな瞳のウルフルンさんが(笑)。作り手さん、この仕事はGJで〜す。

小さくなってしまったみゆきたちは、最初こそ戸惑いつつも、何と子供モードを満喫(笑)。
お絵かきに、電車ごっこで敵さんを探しに行ったり、どんぐり拾ったりと実に楽しそうでした。
まぁ、なおだけは…、転んで泣いてしまったやよいを慰めてあげたりとお姉ちゃんっぷりを発揮。さすがは兄弟の世話をしているだけのことはありますな。

そこに、こちらも小さくなってしまったウルフルンさん&赤オニさんが登場、何と一緒に鬼ごっこやらだるまさんが転んだやらをして遊ぶ展開に。
いや〜、微笑ましい風景でしたね〜。
鬼ごっこは当然、赤オニさんが鬼になってリアル鬼ごっこ、むっちゃ楽しそう!!
しかし、ウルフルンさんが妙にれいかさんのこと意識していたな〜。ちょっと赤くなったところもまた可愛かったです!!

そんな中、マジョリーナさんが登場、みゆきたちプリキュアに変身して戦闘モードへ。
あのサイズでも変身できましたか……(笑)。
カワイイですけど、もう別の番組みたいでしたね〜。
まぁ、やよいのジャンケン、グーチョキパーを出してきたのは、ちょっと卑怯かな(笑)。ウルフルンさんと赤オニさん、普通に勝負しているところもまたカワイイ!!

小さくなってしまい戦力ダウンな状況でどうするか?と思っていたところ、鬼ごっこをしてアカンベェを混乱させる作戦を決行。
いや〜、みゆきたちはあのサイズですからね〜。そりゃ、チョコチョコと走りまわられたら捕まえにくいかな??
しかし、ウルフルンさんと赤オニさんまで参加するとは……(笑)。子供とはいえ、ホントに自由奔放ですな(笑)。

しかし、小さくなってしまった影響で必殺技が大不発!
5人も蚊も倒せない感じでいたね〜。
途中まではいいように見えたれいかさんのそれもそよ風でしたし……(笑)。

困ったな〜と思っていたところ、マジョリーナさんがウルフルンさん&赤オニさんのために出したモトニモド〜ルで元の姿に戻って、何とか敵さんを撃破。
いや〜、これはホントに倒せないんじゃ……と思って焦りましたが、最後は難なく戻れてよかった!!、まぁ、マジョリーナスタイルですな、これが(笑)。
相変わらず詰めが甘いです!!

最後は、一度童心に戻ったことで、家族と鬼ごっこを満喫するなおを見つつおしまい。
冒頭は参加してくれませんでしたからね〜。
とはいえ、これぐらいノリがいい方がなおっぽくていいと思います。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第37話「れいかの悩み!清き心と清き一票!」

今回は、れいかさんが生徒会長に立候補、新しい生徒会長なるというお話でした。

朝から、れいかさんの生徒会長選挙立候補で盛り上がっていたみゆきたちですが、肝心のれいかさんの口からは「立候補しない」との言葉が……。
いや〜、「何と頼もしい言葉」と言って、ノリノリだったみんなのリアクションが(笑)。ちゃんと人の話は聞きましょうね〜。

さて、いつものごとくTVドラマを見つつ、「生徒会長になりたい」と言いだした三幹部。
ウルフルンさんはどこぞかの社長さんみたいに……というのはともかく、赤オニさんの鬼ヶ島化計画とマジョリーナさんの魔法の学校にするというのは勘弁してほしいな〜。
しかし、みなさん、ホントに面白いキャラばかり。最後まで生き残ってくれることを強く希望(笑)。

そこで、ニンゲンニナールを使ってみゆきたちの学校に潜入、生徒会長に立候補っと。
ルンタローさんは「宿題をなくす」、リナさんは「牛行中にお菓子&ジュースを食べられるように」、オニキチさんは「学校に漫画とゲームの持ち込みOKに」との公約を掲げて大人気に。
みなさん、自由ですね〜。まぁ、上に上げたようなことを目標に掲げるようなことにならなくてよかった(笑)。

そんな3人の公約を聞いていたれいかさん、「この学校のことを本気で考えているとは思えない」と言って自らも立候補宣言。
が、はっきりとした公約を掲げないれいかさんはやや不利な展開に……。
いや〜、ルンタローさんの意見は正論なんですけどね〜、みなさん、ルンタローさんたちの意見がおかしいということに気が付かないんだろうか??

「道」ということに拘っていたれいかさん、心配するみゆきたいには「単なる人気取りではいけません」とひと言。
素晴らしいこといいますね〜。
どこぞかの政治家の方々に、爪の垢を煎じて飲ましてあげたいぐらいです(笑)。

翌日の立会演説会でも、れいかさんの不利な状況は変わらず。
みんな甘い汁に完全に犯されてしまっている印象……。
全く教師たちは何をしているのやら(笑)。まぁ、設定上、出て来ないんでしょうけど、それにしても、この学校、相当に生徒に質が悪いですよ〜。

ところが、その演説の途中でオニキチさんとリナさんの正体がバレてしまい2人は撤退。
残ったオオカミさんはアカンベェを作り出して戦闘モードへ。
いや〜、2人もうっかりしていましたね〜。とはいえ、突然ステージ上にあのデカイ赤オニさんが出てきた時はびっくりだろうな〜(笑)。

生徒会選挙の状況を指摘し、戦闘を有利に進めていたウルフルンさん。
が、みんなの「れいかちゃんが学校の事を一番考えているから応援する」、「どうやれば伝わるのかわからないけど、れいかちゃんの気持ちは私たちに伝わっている」とのひと言で、れいかさんが覚醒!
ウルフルンさん、ひと言多いですね〜(笑)。ホント、口は災いのもとの典型です。

しかし、「みんなに伝わるまで伝え続ける。それが私の道」って、いい言葉でしたね〜。
ホントに心に響きました!!

アカンベェ戦が終了後、ルンタローになって再び選挙戦を行うことにしたウルフルンさんでしたが、結果はあえなく敗北。
ルンタローさんは、この結果を予想していなかったみたいですけどね〜。
れいかさんの名演説、心から学校のことを考えている人なんだな〜というのはホントに伝わってくる感じでした。
やっぱり現実的に、小さなことを積み重ねていくことが重要では?と感じたです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)