ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

海賊戦隊ゴーカイジャー 最終話「さよなら宇宙海賊」

今回は、ゴーカイジャーたちが皇帝陛下を撃破し、ザンギャックを壊滅に追い込んでしまうというお話。
いや〜、最終回にふさわしい怒涛の展開でしたね〜。

ザンギャックをぶっ倒すと決意したゴーカイジャーたち。
ドゴーミンを撃破、一気にダイランドーも撃破……と意気込むも、ザンギャックの大艦隊の参戦により大ピンチに。
いや〜、さすがにあの数はキツイですよね〜。ガレオンが使えなくなってしまった今、巨大戦になるとはっきり言ってお手上げですから……。

そんな中、なんとナビィがバスコの母船・フリージョーカーに乗って参上するとはまさかの展開。
ここでマーベラス&鎧は皇帝陛下を、ジョー以下残りのメンバーがダイランドーをそれぞれ撃破するという作戦へ。
鎧、最初は迷っていましたけど、ジョーの助言が決めてになった感じですか??
ヒーロー大好きですからね〜、見せ所だけにお祭り男的な鎧は一番の適役だろうと私も思います。

マーベラスはそのままフリージョーカーで、皇帝陛下のいる戦艦へ突入し、あっという間に皇帝陛下の元へ。
が、さすがは皇帝陛下、マーベラス&鎧を圧倒しちゃいました!!
正直、「この戦艦、守りが手薄すぎるだろ?」と思ったんですけど、これは皇帝陛下の自信の表れでしょうかね〜。
やっぱり宇宙征服を成し遂げようとしただけのことはあります。

苦戦する2人でしたが、鎧が皇帝陛下を抑え込んでいる間にマーベラスは皇帝陛下の戦艦の攻撃システムを使ってザンギャック自慢の宇宙全土から集めた大艦隊を粉砕!!
皇帝陛下の母船の攻撃力、半端ねぇ〜(笑)。
油断していたとはいえ、あの大艦隊を一瞬で粉砕とか規格外すぎです。
いや〜、ゴーカイジャーのみなさん、あの戦艦から攻撃を受けることなくてよかったなぁと思ったり(笑)。

ジョーたちの方も、艦隊が攻撃され動揺した隙にダイランドーに波状攻撃を加え、これを撃破。
幹部だから、もっと必殺技っぽいものを持っているのでは?と思っていましたけど、大した見せ場がなかったですな、ダイランドー(笑)。
巨大戦もなかったし、幹部クラスなのにこの扱い……。イーサン同様に少々不憫に思います。

さて、自慢の大艦隊を粉砕された皇帝陛下は怒りの鉄拳をマーベラス&鎧に加えるも、戦艦の操縦システムを攻撃されたことで隙が生まれ立場が逆転。
皇帝陛下、油断しすぎ(笑)。
実力はあるけど、詰めが甘いですね〜。この甘さが宇宙征服を成し遂げることができなかった主な原因ではないかと思います。

しかし、母船を落としたものの、皇帝陛下は普通に健在。
いや〜、まさか前半で終了?と思ったんですけど、さすがにそれはなかったです(笑)。
あの攻撃で死んいなかったのなら、マーベラスたちも脱出できたわけでさすがに撃沈はしない……ですよね〜。

皇帝陛下を前にしたマーベラス、この星にいた歴代の先輩たちの思いを胸に突撃。
ここからの怒涛の展開には圧巻のひと言。
ありったけの先輩たちの力を使っての波状攻撃……、気合い入りすぎ(笑)。
もう一方的に攻撃を受けている感じだったので、皇帝陛下、ちょっと不憫なぐらいでしたね〜。

ところがところが、この波状攻撃にも耐えきった皇帝陛下。
皇帝陛下、驚くべき耐久力!!
あの怒涛の攻撃を見事に耐えきるとは、さすがのひと言に尽きると思います。
正直、皇帝陛下、その攻撃力も見せてもらいたかった(笑)。

しかし、ゴーカイジャー、もはや虫の息である皇帝陛下に対し、ゼロ距離からのガレオンバスターをお見舞いし、ようやく戦いは終結。
最後の最後まで耐えに耐えた皇帝陛下、見事な耐えっぷりでした。
この耐え忍ぶ姿勢があったからこそ、きっと宇宙最大の勢力にまで上り詰めることができたのではないか……と思います(笑)。

無事にザンギャックのトップを撃破したゴーカイジャーは、「すっげえ気持ちいい」ともらして大の字に。
そりゃ、気持ちいいでしょうね〜。
これまででも最大級のアバレっぷり(笑)。これでスカッとしない人なんぞいないで〜す。

そして、話は数カ月後へ。
マーベラスたちは、あの初回に食べそこなったカレーを食べつつ、宇宙二番目のお宝を手に入れるためにザンギャックの本星へ行くことを決意。
お宝のために、もう崩壊寸前のザンギャックにさらに攻め込もうというわけですか……(笑)。
これ、完全に嫌がらせじゃないですか??
悪いことはするもんじゃないですね〜。自業自得とは言え、ザンギャックのみなさんの未来を考えると不憫です。

修理が完了したガレオンに乗って出航しようとすると、マーベラスたちの前にたくさんの園児たちが登場、サインをねだられることに。
が、マーベラスたちの口からは「地球は守っていない。邪魔な奴らを排除しただけ」とひと言。
最後の表情を見るに「ヒーロー」と言われてまんざらじゃない顔してましたけど……。内心はうれしかったに違いない(笑)。

旅立つ直前には、手に入れた大いなる力を大先輩たちにお返ししてから、新たな旅へと出航。
戻ってきた力を片手に、ゴーカイジャーを見送る先輩たち。
芳香や美羽さんなどなど懐かしのメンバーがいましたね〜。
しかし、何と言っても海城剛、詳しくは存じ上げないのですが、いぶし銀ないい感じの叔父様でした。

最後は、ザンギャックの星へ。
いや〜、ザンギャックのみなさん、皇帝陛下を失ったというのに悲劇は終わらないという可哀想な展開(笑)。
DVDの特典でもいいので、その後の展開を見てみたい!!


さてさて、今回でゴーカイジャーも最終回。
いや〜、ホントに本作は豪快!!のひと言に尽きました。
後先考えずに自由奔放に、やりたい放題に生きている彼ら……。
たま〜に(イヤ、しょっちゅう)、人さまに迷惑をかけることがあるとはいえ、そこはご愛敬と気合いで押し切ってしまう辺りが凄すぎます。
私も彼らみたいに生きてみた〜い(笑)。

それに、忘れちゃいけないのが懐かしの大先輩たちの出演。
私は古い作品についてはほどんどわかりませんでしたけど、ガオレンジャーの獅子走やマジレンジャーの小津魁にデカレンジャーの番犬さん等々。
懐かしの顔が見られたのは、ホントにうれしかったです。

大大大〜満足な一年でした。
来週から、彼らの戦いっぷりが見られなくなってしまうの寂しい……。
でも、特命戦隊ゴーバスターズも当然楽しみにしています!!

それでは、これにておしまい。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話「決戦の日」

今回は、ゴーカイジャーのみなさんが大いなる力を使うことなく、ザンギャックを倒すことを決意するというお話。

ザンギャックの大艦隊を目にしたマーベラスたちは、とりあえずは退散するものの、ガレオンに戻るなり再び戦場へ。
いや〜、先輩たちの力を使っての怒涛の攻撃、凄かったですね〜。
仲間を総動員の大技出しまくり(笑)。
これまでに手にいれた大いなる力、総出演だけあってかなり見ごたえがありました。

しかし、敵の圧倒的な数の前に徐々に苦戦しはじめ、結果的には惨敗。ガレオンも破壊されてしまい、マーベラスたちは外に放り出されてしまうことに。
この調子で……と思いましたけど、数が多すぎ!!
せっかく倒したと思ったら、またもや大量発生ですからね〜。これは想像したくない(笑)。

勝利宣言をしたアクドス・ギル様は、地球人に向かって翌日から本格的な支配を開始することも宣言。
いや〜、人類皆殺しとは……容赦ないですね〜。
ワルズ・ギル坊ちゃんとは格が違います(笑)。

敵の圧倒的な戦力を前にして、「あの大いなる力を使うしか……」と頭を過ったゴーカイジャーたちですが、とりあえずはガレオンに戻ることに。
さて、その道中、鎧は瓦礫の下敷きになっていた親子を救おうとして、元マンモスレンジャーのゴウシさんと遭遇。
何気に、ゴウシさんの剛腕っぷりには唖然でした。あの巨大な瓦礫をラクラク放り投げてしまうんですから、さすがは先輩!、その腕っ節は半端ない(笑)。

同じくガレオンに向かっていたルカ&アイムは、ゴーピンクから大いなる力をもらった時に会ったいつぞやの親子がザンギャックに襲われている場面に遭遇。
でも、女の子が必死に立ち塞がって奮闘するとは……、強い子ですよ〜。
ゴーピンクから「怖い時もあるけど、守りたいものがあるから勇気を出して戦った」という言葉を送ってもらいました。
やっぱり先輩ですね〜。自分たちの意思を継ぐものをしっかりと育成しれくれちゃっています。

同じくガレオンに向かっていたジョー&ハカセは、必死に救助作業を行っている髭所長を目撃!!
「弱気はNG」ですか……。
まさか、髭所長が出てくるとは思ってなかった。
キャスティングした作り手さん、GJで〜す(笑)。
もう一人の女性は、山崎由佳さん?マジレンジャーに出てきた方みたいですけど……全く思い出せなかった……。
こちらもしっかりと戦隊DNAを受け継いでいたみたいであります。


一方で、マーベラスはこれまたいつぞや戦隊ヒーローになろうとした男の子と遭遇。
下っ端とはいえ、ザンギャックに立ち向かうまでに成長してするとは、なかなかの成長っぷりです。
「でっかいものを見つけた」と言い残して去って行ったマーベラス。
いや〜、こんな姿を見ては奮起せざるを得ないですよね〜。

ガレオンに集結したゴーカイジャーたち、鎧はゴウシさんの言葉から大いなる力を使おうと主張しますが、他のメンバーはNG。
「おれたちがザンギャックをつぶせばいい」と宣言しちゃいました!!
やっぱり過去を変えちゃおうなんて発想は彼らには似合わないで〜す。しっかりと過去を向きあう……その方が絶対に彼ららしい!!

鎧、マーベラスたちの言葉を聞いて、大いなる力の塊を自ら破壊。
これで鎧もようやく海賊の仲間入りですか??
先輩たちの意思を継げなかったのは残念かもですが、一応海賊ですからね〜、仕方ないです(笑)。

自らの海賊旗を片手にザンギャックたちの元へ向かったゴーカイジャーたち。
ザンギャックを前にして、「命をかけて、この星を守る!」と宣言して、敵さんを一蹴!!
敵に向かって一歩も引かない姿、とってもステキでしたよ〜。
その後の戦いっぷりも、これまた豪快のひと言。気合いスイッチの入った彼らはもう誰にも止められませ〜ん……ですね〜。

さてさてさて、来週はいよいよ最終回。
敵の大将はまだまだピンピンしていますが、その気合いでもって一話にして蹴散らしちゃってください(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第49話「宇宙最大の宝」

今回は、宇宙最大のお宝を入手し、イーサンを一気に撃破するというお話。

すべてのレンジャーキーを手に入れたゴーカイジャーたちは、早速宇宙最大のお宝を手に入れようとするも、バスコから奪ったキーをめぐってちょっとした問題が発生。
最初に言い出したのはハカセでしょうか??
なるほど言われてみると、先輩方から無理やりに奪ったものですからね〜。さすがに勝手に使うのは先輩方に対して失礼かもです。

が、そんなことを話していると、突然キーが光だし鎧の妄想空間らしきところへ移動。
そこに待っていた先輩方から、「自分たちの力を使ってくれるように」とお済付きを得ることができました。
どこぞかから、ずっと見ていてくれたわけですね〜。さすがは大先輩たちです(笑)。

今度こそ宇宙最大のお宝を手に入れることにしたゴーカイジャーは、トリィが変身した門に34のレンジャーキーを差し施錠を解き、門をくぐって宝のある場所へ移動。
トリィにこんな力があったとは驚きです。
今まで占いで散々な言われようだったトリィですが、これでこれまでの失敗は帳消しですかね〜。
しかし、使い方がわからないからって乱暴に扱うのは止めてあげましょう、海賊さんたち(笑)。

さて、中にあったのは地球の意思の宿った小さい三角錐型のもの。
最初は「ショボいなぁ」と思っていたものの、どうやらその能力は宇宙を好きなように作り直すことができるというトンデモな代物でした。
いや〜、ぶっ飛んだお宝を出してきましたね〜。何でも好きなようにできる……過去を丸っと変えるなんて明らかに反則級のお宝ですな。

それにしても、この後に及んでお宝に「いくらで?」という価値を聞いていたルカが面白い!!
前回も真っ先にお金のことを口にしていた彼女。
ホントにお金が好きなんだなぁと(笑)。
それから、マーベラス、お宝を手に入れた瞬間はやっぱり「取ったどー!!」って叫んで欲しかった……。そこんところはちと残念でした。

早速ガレオンに戻って宇宙大大のお宝を使ってみることにしたゴーカイジャーたちですが、直前にツッコミを入れたのがハカセ。
気になっていたのは「太陽のように輝いて生きろ。俺たちの分まで」という先輩たちの言葉から推測した先輩たちの力がどうなってしまうのか?ということ。
ハカセ、意外と鋭いです。これほどの力……、何の代償もなしなんてのは都合が良すぎますからね〜。

お宝さんには「それを気にする必要はない」と一蹴されたものの、何とか聞き出してみると「先輩たちの力を使うものであり、彼らの力は消える。そして、その存在も……」とのご回答。
やっぱり、それ相応のリスクがありましたか……。
お宝さん、完全な理性の塊。「聞かれない=容認した」と解釈しちゃうタイプですね。なかなかに曲者です。
ハカセのツッコミがなかったら、どうなっていたことやら危ない危ない。

さて、どうしようか?と思っていると、最後のチャンスとばかりにイーサンが一発逆転を狙ってゴーカイジャーを襲撃。
ゴーカイジャーたちもすぐに応戦、手に入れたばかりの先輩たちの力を使って巨大イーサンロボを一気に撃破しちゃいました。
イーサン、最初こそ粘ったものの、新たな力には全く対抗できませんでしたね〜。
いや〜、いい線は行っていたと思いますよ〜。もし、これでレジェンドたちのこともしっかりと研究していたら結果は違っていただろうに……。

爆破前に外に飛び出していたイーサンと最後の直接対決に挑むも、これまた圧倒間にゴーカイジャーたちの勝利が確定。
スゴーミンも加わっての戦いとなりましたが、宇宙最強と謳われたダマラスや曲者バスコを倒すほどに成長したゴーカイジャーの相手ではなかったか……。
何とも噛ませ犬感のあったイーサン、ちょっと可哀想な気もします。

ところが、一件落着と思ったのも束の間、何とザンギャック軍本隊が現れたから大変。
その圧倒的な数を前にして、すぐに「走れ」と退却命令を出したマーベラスですが、走ったぐらいでは逃げられない感じも……(笑)。
しかし、圧倒的な数ですね〜。レジェンド対戦のそれよりも多いとなると、もはやゴーカイジャーたちだけではどうしようもないです。
宇宙最大のお宝を使って消し去る…という禁じ手しかないのか??

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第48話「宿命の対決」

今回は、宿敵・バスコを相手に何とか勝利をおさめるというお話でした。

気絶していたマーベラスは意識を取り戻したものの、レンジャーキーは奪われ、ガレオン乗っ取られてしまったゴーカイジャーは八方ふさがり。
突然降って来た激しい雨が何とも痛い演出です。
やっぱりレンジャーキーを奪われてしまったのが一番イタイですね〜。あれがないと、大幅な戦力ダウンですから。

廃屋らしきところに非難したマーベラスたち。そこで、アイムがマーベラスに宇宙最大のお宝を手に入れたらどうするのか?という質問を。
「中身はなんでもいい。誰も手にしたことのないものなら、手に入れるしかない」と答えたマーベラス。
ここに至って、悟りを開きつつありますな、マーベラス(笑)。
いや〜、手を伸ばせば届きそうなところまで来ているわけですからね〜。ここで引き差がるわけにはいかないです、絶対に。

しかし、宇宙最大のお宝を大金塊では?と言い出すルカ!!
ルカらしい発想ですね〜。
運びきれないほどの大金塊……、たしかに魅力的ではあるけど絶対に違うでしょ??
もし大金塊だったら、子供たちの夢ぶち壊しな感じがするので(笑)。

そんな中、バスコの元から一時的に逃げ出したナビィから連絡が入り、負傷中のマーベラスを残して他のメンバーはガレオンを取り戻すために行動開始。
立ち上がろうとするマーベラスを静止し、マーベラス自身も「頼む」というシーンが良かったですね〜。
固く結ばれた信頼感と言いますか、非常にステキで〜す。

無事にガレオンに潜入したジョーたち、まずはガレオンの心臓部である居住区を奪還することに。
そこには当然バスコがいることも承知済み……。
でも、ここまで来て引くわけにはいかないッスよね〜。
奮闘するみんなの表情、実にたくましく見えました!!

そんな彼らの前に立ち塞がったのは、ナビィを探すためにバスコが作り出したゴーカイジャーたち。
自分の姿を見て、「トイレの後、手を拭くような格好してない」と言っていたハカセ、みんなから激しいツッコミを入れられて可哀想でしたね〜。
いや〜、たしかにカッコ良くはないけど、トイレという例えはよくない気がする……もうちょっと別のものにすればよかったのに(笑)。

みんなが奮闘している中、一人残り、無力感を感じていたマーベラス。
その手に握られていたのは、爆死の直前にサリーの首輪からちぎってしまった破片のようなもの。
サリー、爆発の瞬間に爆弾を自らの体の中に入れ、マーベラスへのダメージを最小限にしてくれていたようで。
サリー……、やっぱりダメだったか……。木っ端微塵だったので、別の場所に移動した?という一縷の望みも持っていたんですけど、残念。
しかし、サリー、少しの間だけ一緒にいたマーベラスにここまでしてくるとは、ホントにいいやつでした。合掌。

コックピットに隠れていたナビィですが、ゴーカイレッドに捕まってしまいバスコの元へ。
宇宙最大のお宝を手に入れるためのキーの一つ?であるかもしれないナビィ。
「エネルギーの供給を受けずに動き続ける永久機関。宇宙の物理法則を無視したイレギュラーな存在」。
言われてみると、エネルギー補給してなかったなぁ……。

そこに、レンジャーキーから作り出されたゴーカイジャーが登場……と思いきや、それは本家ゴーカイジャーたち。
自らの奮闘でレンジャーキーを取り戻しましたか……。
生身の体で変身した彼らを倒すとは凄いです。いや〜、やっぱりロボット的というか、頭脳がない分だけ本家よりは大幅にパワーダウンしているのかもしれませんね。

場所を外に移してジョーたちは再びバスコと対峙するも、またまた敗北。
病み上がりだったとはいえ、やっぱり結果は同じでしたね〜。
この後に及んで、この実力差ではもうどうしようもないです。悔しいけど、敵は想像以上に強い!!

ジョーたち三度大ピンチも、負傷していた大黒柱のマーベラスが参上、バスコとの最終決戦に。
バスコは、戦いの前にアカレッドがこの星出身で、自分たちは手足として使われていたのでは?と暴露するも、マーベラスは「この星には緒中最大のお宝があり、それを手に入れるためのものがそろっている。それだけで十分。邪魔するやつは、たとえアカレッドだろうとぶっつぶす」とひと言。
マーベラス、本気スイッチが入っていますな(笑)。アツいメッセージ、よかったで〜す。

マーベラスは最初こそバスコとほぼ互角の戦いを見せるも、スピードの面で圧倒的に上であるバスコが押し気味の展開。
が、トドメを刺そうと近づいてきた彼の足と自分のそれに剣を突きたて、ゼロ距離からの攻撃をお見舞い。
バスコ、これも耐えるか……と思っていたものの、マーベラスは胸に入っていたサリーのお守りが守ってくれてノーダメージ。
マーベラス、不死身ですね〜。爆死しても、ゼロ距離からの攻撃も耐えてしまう強運さには驚き。彼に勝つのは、ホントに至難の業ですよ〜。

最後は、戦いに疲れて倒れてしまったマーベラスと共にガレオンに帰還。
これで残る敵はザンギャックのみとなったわけですか……。
来週はいよいよ宇宙最大のお宝を拝むこともできるみたいだし、非常に楽しみ!!

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第47話「裏切りの果て」

今回は、バスコにすべてのレンジャーキーを奪われてしまうというお話。

最後のレンジャーキーを手に入れ、残すはバスコに持つもののみ……。ということで、バスコを探すことにするも、まさか電話で呼び出すとはね〜(笑)。
提案したのはアイムですけど、その発想は実に面白いです。
この発想はふつうないですよ〜。彼女、時々思いもよらないことを言いだしますからね〜、全く……。

早速、マーベラスがバスコに電話をかけてみたところ、電話の先にはご本人。
が、相手はマーベラスたちの居場所を把握していたようで、いきなりロイドに襲撃されてしまうことに。
あのデカいガレオンに乗っていますからね〜。何かしらの対策はしているんでしょうが、敵からしたら見つけやすそう(笑)。

マーベラスたち、すぐに変身、デカゴーカイオー、マジゴーカイオー、カンゼンゴーカイオーで対抗。
敵の金に固めてしまう攻撃とその連携プレイにやや苦戦しつつも、これを撃破。
バスコの唯一の弱点は、巨大戦が戦えないことか??
この際、禁を犯してということになりますが、ロボで倒してしまえばよかったのに……(笑)。

カンゼンゴーカイオーからバスコの姿を見つけたマーベラスたちですが、何とバスコは「バナナがなくなった」と言ってサリーを銃撃するところを目撃。
これに対し、マーベラス、バスコに裏切られた時のことが頭を過り、ガレオンに連れて行き治療してあげることに。
ジョーは反対していましたけど……、さすがにあのまま放置するわけにはいかないです。
最低でも動物病院につれて行ってあげるぐらいはしないといけないかなと(笑)。

ハカセや鎧が猿語を使ってサリーを治療している中、マーベラスの頭にはやっぱりバスコのことが。
昔は怪我をしてたら治療してくれたり、冗談を言っていた時期もあったのに、ある日突然、変貌してレンジャーキーを狙って逃走。
いや〜、この変わりようは……、酷いですよね〜。

サリーを助けたことについてジョーから説明を求められたマーベラスは、「あの猿はどうせバスコに裏切られる。怪我が治ったら追い出す」とひと言。
これを聞いてジョーは……「一度、裏切られた男がよくここまで仲間を集めたもの」と言い残して去っていきました。
肩にポンと手を置いたシーンがよかったですね〜。
2人がむちゃくちゃ信頼しているってのが、すご〜く伝わってきました!!

その夜のこと、サリーはバスコの命令通りレンジャーキーが入っている宝箱を強奪しようとするも、やや躊躇。
アイム&ハカセ&鎧たちが優しく介抱しれくれたことが頭に残っていたみたいですね〜。
たしかに、バスコ、猿芝居とはいえ本気で撃ってきましたからね。痛かったでしょうし、不信感が生まれてしまうのも当然ですよ〜。

それでもサリーは宝箱を奪ってバスコの元へ向かうも、そこにはマーベラスたちも参上。
作戦のためとはいえ、サリーを撃ったことを非難し、「そいつは本当にお前のことを仲間だと思ってくれてるのか?」と問いかけるマーベラス。
2人の間で迷っているサリーが……何とも可哀想。
いや〜、マーベラスたちもバナナを持ってこれば完璧だったのに……(笑)。

マーベラスたちの非難に対しても、「傷つけようがどうしようが、俺の命令に従うことがサリーの幸せ」と言い切るバスコ。
おいおい、ホントに言い過ぎ。
サリーが人の言葉を理解できたら、どう思うことやら……。

迷った挙句、サリーが選んだのはマーベラスたちの方。
これで大逆転……と思いきや、バスコ、何とサリーにかけておいた首飾りを爆発させ、マーベラスを共々葬り去ろうとするとは……。
まさか、ここまでするとは本気で酷い。
マーベラスは重症、サリーなんて姿形もなくなってしまいましたよ〜。
ホントに可哀想過ぎる!、バスコ、許せないな!!

これには堪忍袋の緒が切れたゴーカイジャー、全力でバスコに立ち向かっていくも、残念なことに手も足も出ず完敗。
ダマラスを倒したという実績があるから、もしかして……と思っていましたけど、ダメでしたね〜。正直、ここまでの実力差があるとは予想外。
冷静さに欠けていたというのもあるけど、やっぱり大黒柱のマーベラスがいないのは大きかったような気がする。

最後はゴーカイジャーたちを倒し、意気揚々とガレオンにやって来たバスコを見つつおしまい。
こてんぱんにされちゃったけど、どうやって復活するのかな。マーベラスなんて呼吸してなかったみたいだし……。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第46話「ヒーロー合格」

今回は、最後の大いなる力であるカクレンジャーの大いなる力を手に入れるというお話でした。

ゴーカイジャーのメンバーが大いなる力を預けるのに信用に足るか?と確かめるために、ゴーカイジャーの元に居座ることにしたニンジャマン。
いや〜、マーベラスたちが露骨に嫌がっていましたね〜(笑)。
ニンジャマンは、あのハイテンション。あんなに耳元でギャーギャーと騒がれたら、そりゃ鬱陶しいに決まっています。

態度がなってないゴーカイジャーたちを叩き直すことにしたニンジャマンさんですが、集まったのはハカセ&アイム&鎧の3人のみ。
案の定というか、マーベラスたち3人はすっぽかしましたね。
ニンジャマンには悪いけど、あの3人が来るはずないです。
たしかに、態度は悪いものの、一応海賊ですからね、マーベラスたち。その辺を考慮していただきたいもの。

仕方なく3人で組手をはじめ、ニンジャマンも大満足。
ハカセ&鎧の2人、アイムにトドメは差しませんでしたね〜、当然だろうけど(笑)。
もし、そんなことしたらマーベラスによって処刑されること間違いなし。
って、もちろん、私も許しませ〜ん。

そんな中、イーサンがザンギャックの本体が到着する時間稼ぎに出陣させたジュジュが出現、ハカセ&アイム&鎧の3人が現場に急行。
が、妙なものハカセ&鎧の2人に打ち込んだだけで退散しちゃいましたけど……。
しかし、ジュジュからの攻撃を防いだマーべラスはさすが。まともに食らってしまった2人とは格が違います。

ひと仕事終え、ガレオンに戻ったところ、ジュジュが妙な儀式を開始したことでハカセ&鎧に異変が起こるから大変。
マーベラスの肉を奪い、自ら作ったご飯を生ごみと評し、さらにルカには「バカ!」と言うとは……儀式の効き目すごいです(笑)。
こんなことしたらどうなるか?、一番分かっているのは2人ですからね。

そのままさらに激しい喧嘩をはじめてしまったハカセと鎧。アイムとニンジャマンの2人が後を追っていくも、ホントに激しい喧嘩。
2人の喧嘩はさらにエスカレート、最終的には変身までして戦い出すとは危ない危ない。
ウザオタ野郎の鎧に劇ダサヘタレがハカセですか……。
いや〜、2人も心の底ではこんなこと思っていたんでしょうか??

完全に暴走気味にやり合っていた2人ですが、それを見事に止めたのはアイム。
自らの体を張った頑張りと、2人の良さを語って聞かせ、その心に働きかけることで、見事に正気に戻りました!!
アイム、その必死さがよかったですね〜。
しかし、途中まではアイムに容赦ない攻撃を加えていた2人。あれは絶対にマズイです。
マーベラス、一日食事抜きぐらいの刑は科すべきじゃないでしょうか(笑)。

アイムの相手を信頼する気持ちに打たれたニンジャマンも改心したようで。
封印されていたために、疑り深くなってしまったでしょう。悪い奴かどうかということも重要だけど、信じることはそれ以上に重要……。
それすらも目覚めさせたアイム、凄いですね〜。やっぱり彼女は、いろいろな意味で最強です(笑)。

さて、ハカセ&鎧の暴走の原因がジュジュにあるであろうと読んたマーベラス。
ジュジュから受けた攻撃をトリィに解析してもらい、そのジュジュの元へ行き、ひと足先に戦闘開始していました。
こちらはこちらで、さすがの読み。ニンジャマンには悪いけど、マーベラスたちの方が一枚上手だったかなぁと。人を見た目だけで判断してはいかんですよ〜。

ジュジュたちにやや苦戦していたマーベラスたちですが、ハカセたち3人が合流し、一気に形勢逆転。
あっという間に水晶玉を壊すことにも成功!!
正気に戻った人たち、ホントによかった。
トラックで爆走、パトカーに落書き、いきなりビンタ喰らわされている人もいましたからね〜。あのままだったら、大混乱です。

続く巨大戦、何とゴーカイジャーたち、ジュジュの使う妙な術の前に思わぬ苦戦を強いられることになっちゃうから大変。
が、ここで取りだしたるはカクレンジャーの力……。
って、その正体はニンジャマンでした!
何となく予想はしていましたけどね。ニンジャマン、まさかこのタイミングでカンゼンゴーカイオーと合体もないでしょうから……(笑)。

ニンジャマンの力を借りて、無事ジュジュを粉砕、勝利したゴーカイジャー。
戦いを終えた後、ニンジャマンはお師匠さんのところへ帰っていきました。
いや〜、マーベラスたちはこれでひと安心でしょうか??
うるさいのがいなくなりましたから……。あのまま居座っていたら、ホント大変ですからね(笑)。

最後、最後の大いなる力を手に入れ、バスコとの対戦を誓うゴーカイジャーたちを見つつおしまい。
最後の難関はバスコですか……。
あの宇宙最強のダマラスを倒した実績もありますし、力は互角ぐらいでは?と思いますが、敵は相当な曲者。一筋縄ではいかないと思いますが、どうなることやら。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第45話「慌てん坊忍者」

今回のお話は、ニンジャマンにカクレンジャーの大いなる力をもらうために、これまでの戦いの経緯を説明してあげるというお話。
新年一発目は、これまでの総集編のような内容でしたね〜。
クリスマス商戦ならぬ、正月商戦にも参戦しようってことなのか……と思ったりもしましたが(笑)。

ついに大いなる力もカクレンジャーのそれを残すのみとなり、トリィに最後の占いをしてもらうことになったマーベラスたち。
が、結果は「かくれんぼした忍者は見つけられない」という、いつも通りの占い!!
いや〜、トリィ、最後の最後まで面白い占いしてくれますね〜(笑)。

この結果に頭を抱えてしまったゴーカイジャーたちですが、鎧がタイムレンジャーの言葉を思い出して一転、寝隠神社に行ってみることに。
「寝隠→カクレ」ですか……。
タイムレンジャーの回から気になってはいましたが、カクレンジャーに繋がってくるとはね〜。
しかし、鎧、このタイミングでよく覚えていたもの。さすがは、ゴーカイジャーの知恵袋です(笑)。

早速、寝隠神社に向かったゴーカイジャーたちは、妙な壺を発見。
壺にくっついていた金づち?で破壊してみると、中から出てきたのはかつでカクレンジャーと共に戦ったニンジャマンだったからびっくり。
なるほど、タイムレンジャーさんの隠れた依頼はこれだったわけですか?
さすがは未来の戦士ですね、タイムレンジャーさん。
壺が壊れてしまっていたらニンジャマンさんはお陀仏、大いなる力を手に入れられなくなった……。個人的は、遠回りになった気がしないでもないですが(笑)。

しかし、ニンジャマン、暴れまくったためにお仕置きのために、10年前、師匠に壺に閉じ込められてしまったとは、何とも(笑)。
動物園から逃げだした動物が狙っていた女の子と守ろうとしてやりすぎた云々と話していましたが、事実ならたしかに酷いものですよ〜。
ちょっとヒーローにはあるまじき行為なので、壺10年監禁の刑も仕方ないかと思いますな。

さて、ゴーカイジャーの面々、ニンジャマンから大いなる力を授けてもらうために、彼のご機嫌を取る作戦を決行。
いや〜、鎧たち穏健派が必死でしたね〜。
たしかに、マーベラスのキャラからするに「大いなる力を寄こせ!」とか開口一番にいいそう……。こんなことになろうものなら、間違いなく話はこじれるはず……。って、これまで何回もこのパターンありましたしね(笑)。

ニンジャマンのために、たくさんのお節を含めた豪華料理を準備、ルカはお色気作戦、ジョーもニンジャマンの顔を模した和菓子を作り大奮闘。
が、問題はマーベラス!!
トリィと協力して傘回しをしたはいいものの、調子に乗りすぎてトリィを吹っ飛ばしてしまうというハプニング……というかお決まりの事態に。
やっぱりね〜、さすがはマーベラス。期待を裏切らないです(笑)。

それにしても、ちょっと可哀想だったのがジョー。
あの和菓子はたしかに渾身の出来でしたからね〜。
マーベラス、後で絶対に謝っておいたほうがいいのではないかと思います。

ここからはニンジャマンにここまでの戦いについて説明するために、これまでのおさらいを開始。
スーパー戦隊の大先輩たちがザンギャックと戦ったことから始まり、レンジャーキーの説明、宇宙最大のお宝を手に入れるために自分たちがこの星にやってきて、たまたまザンギャックと戦っていること等々。
いや〜。こうして見ると、一年間いろいろなことがあったんだですね〜。
やっぱり数々の懐かしの方々に会えたのが一番うれしい!!
残り話数は少ないですが、できる限りたくさんの方々に出演してもらいたいものです。

経緯を説明してから、ニンジャマンにカクレンジャーの大いなる力を渡してくれるように頼むも残念ながら答えはノー。
が、これは慌てんぼうな性格を反省し、マーベラスたちのことをじっくりと観察してから……というものでした。
これまでも、何の試練もなしで大いなる力を手に入れたことはありませんからね。この展開は致し方がないかと思ったり。

しかし、カクレンジャーの皆さん、鶴姫がちゃんとスタンバッていたようで。
最後の最後でちらっとだけ出演してくれたみたいですね〜。
せっかくだから、来週辺りにも出演してくれることを期待したところです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第44話「素敵な聖夜」

今回は、サンタさんから大いなる力をもらうというお話。

ゴーカイジャーの前に自らの片腕を失い、連戦連敗のザンギャックの皆さんは地球侵略作戦を見直す事態に。
皇帝陛下が直々に参上しても、結果が出ないではね〜。洒落にならないです。
宇宙最強と謳われたダマラス様を撃破してしまうほどの実力……。気合いが入った彼らは強いですよ〜、皇帝陛下(笑)。

一方で、ゴーカイジャーの方ではハカセの賞金額アップを横目に見つつ、ガイの提案によりクリスマス会を開くことに。
ハカセ、賞金額アップおめでとう!!
何と言っても、伝説の勇者ですからね〜(笑)。
ちなみに、バスコもめでたく、賞金首になっていましたけど、一体どこで何をしているのやら……。

買い出しに出かけたルカ&鎧の2人は、道中サンタさんと遭遇、ルカがプレゼントをお願いするもお断り(笑)。
プレゼントは「良い子」だけしかもらえませんからね〜。
膨れちゃってましたけど、ルカでは無理でしょう、残念ながら(笑)。

そんな中、公園でクリスマスツリーの飾り付けをしている子供たちのお手伝いをすることになった2人。
きっかけは、脚立から落ちそうになった男の子を助けてあげたことから。
しかし、お姉ちゃん、おっかないですね〜。たしかに悪いことしたけど、いきなりビンタは可哀想です。

そこに、地球人を人形に変えて楽しんでいたダイランドーとビバブーが登場。
何と聖二君がいきなり人形にされてしまい、続いて人形にされそうになった小夜をかばった鎧も人形にされてしまうことに。
空から見ていた?であろうマーベラスたちも登場し、戦闘モードとなるもクリスマスツリーは倒れてしまって、もうめちゃくちゃ……。
いや〜、せっかく準備したのに、これは可哀想で〜す。

ダイランドーが「今度はおにごっこ」と言った後、特大のハンマーを振り回して、どこかへ行ってしまい一時休戦。
しかし、人形にされてしまった聖二を見ていた小夜の目には大粒の涙が……。
人形にされてしまうというのは、何ともシュールですね〜。せめて、もうちょっと手の込んだやつにしてあげてほしいものです(笑)。

ビバブーたちを追いかけようとしたルカに対し、同行することを申し出た小夜ちゃん。
こりゃ、無謀なことするな〜と思っていましたが、「誰かを身代わりにしたくない」というひと言でルカ、考えを変えましたか??
ルカ、こういった熱心な子、大好きですからね〜(笑)。
頼れる姉さん、ここは危険と分かっていても力を貸すしかないで〜す。

しかし、ビバブー、見方を人形にしちゃうとは……マヌケすぎ。
おかげで、元に戻す方法もバレちゃいましたしね〜。
ザンギャックの皆さんにはいつものことでしょうが、何とも情けない限り。こんなことばかりやっているから失敗ばかりするんです(笑)。

先にビバブーたちに追いついたマーベラスたちが戦っている最中、ルカが参上、小夜ちゃんお手製の人形を囮にして、ステッキを奪おうとするも失敗。
人形にされてしまうとは……。
しかし、ここで、何と小夜ちゃんがゴーカイイエローに変身、ビバブーからステッキを奪取するとはびっくりな展開。
いや〜、ルカ、ホント大胆な作戦に出たものですね〜。小夜ちゃん、よく頑張りました。
間違いなく今回のMVPだと思うです。

ステッキを奪った後は、人形にされた人たちを元に戻し、オールイエローで持って敵を一気に粉砕。
っと、ガイはクリスマスモードでしたっけ??
レッドとグリーンでクリスマスとは……鎧、その発想力と豊かなサービス精神に拍手で〜す。

最後の巨大戦はこれまたオールスターズで持って、難なく粉砕。
たしか、放送されたのはクリスマス当日……。
最後の最後までクリスマス商戦に余念がないですな(笑)。

一件落着後は、小夜&聖二の作っていたクリスマスツリーを綺麗に飾り直し、ルカの雪のサービスもあって、めでたくクリスマスを迎えることに成功。
鎧が大興奮でしてましたけど、たしかに今日のルカはかなりイケてました!!
自分たちのクリスマス会のために帰宅の途についたゴーカイジャーですが、ケーキはジョーが作るのか??
非常に不安なんですけど……(笑)。

ガレオンに戻ったゴーカイジャーたちですが、宝箱の中にはバトルフィーバーの大いなる力が。
いや〜、あのサンタさんが本物さんですか??
地球の風習であるクリスマスを知らなかった彼らですが、これで大いに気に入ってくれたんじゃないでしょうかね〜。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第43話「伝説の勇者に」

今回は、ハカセが本物の勇者になってしまうというお話。

マーベラスは連行され、他の仲間は消失してしまい、一人残されてしまったハカセ。
トリィに「伝説の勇者」ということを話に出されると……、どうやらあの伝説の勇者というのはウソだったようで。
腕に刻まれた星型の痣は自分で描いたものでした。
ウソだったとは……完全に騙されちゃいましたね〜。とはいえ、これではザンギャックに皆さんがご存じないわけです。

海賊入りした時に、マーベラスから受け取ったレンジャーキー。
「海賊なんだから当たり前」と言っていたマーベラスですが、結構な無茶ぶりな感じがする……。
ザンギャックって、宇宙でも超有名な悪党集団でしょ?
そんなヤバイ集団と、いきなり戦うって……素人にできることじゃないで〜す。ノリで何とかしてしまおうというのが、いかにもゴーカイジャー(笑)。

皇帝陛下の意向もあり、捕まったマーべラスは地球にて、見せしめのために公開処刑されることに。
処刑場にひょっこり姿を見せたバスコは、すでにサンバルカンとファイブマンの大いなる力をゲット済み。
いや〜、いつもながらにひょうひょうとした素振りが何とも彼らしいですね〜(笑)。

一人残されたハカセ、怖気づいてしまっていたものの、そんな彼を「初めて戦った時からハカセはハカセなりに輝いていた」とトリィが一喝。
ゴーカイジャーとしてはじめて戦った時こと、ゴーミンたちに震え上がってしまったものの、助けてもらったルカの「海賊はできるやつができることを全力でやって補えばいい」という言葉で一転して、派手な攻撃を開始した彼。
ドラム缶を投げて爆破ですか……。たしかに、あんなこと普通はできませんからね〜。気分爽快な気持ちになりそうです。

落ち込んでいたハカセですが、マーベラスやルカの言葉を思い出しつつ、「ウソを真実に変える」と言って奮起。
「できないことはしなくていい。できることだけやってくれ」ですか……。
なかなかにいい言葉ですね〜。みんなで支え合っているゴーカイジャーらしい。意外の精神が一番大切かもです。

そんなハカセ、マーベラスの処刑の直前に乱入。
「ゴーカイジャーは6人いるってことを忘れたのか?、僕こそが伝説の勇者」と言っての登場……よかったですね〜。
伝説の勇者ってのは、ホントはウソなのに、完璧になりきってしまっているところが凄い!!

正面突破で戦いを挑んだハカセですが、その真の目的はダマラスをマーベラスから引き離すことだったようで。
単独で、ゴーミンを蹴散らす戦いっぷりなかなかお見事でした。
業を煮やしたダマラス様が自ら出陣。
いや〜、ダマラス様、いくらなんでもゴーミン程度では倒せないでしょ??、ハカセのことどれだけナメているのやら(笑)。

ダマラスが参戦してきたところで、トリィがマーベラスを救出。
まさか、トリィが活躍することになるとは思ってもみない展開でしたね〜。7人目の戦士がいることすっかり忘れていました。

が、この先のことは特に考えていなかったハカセ、「僕はできることをやった」って……(笑)。
マーベラス以上の無茶ぶりじゃないですか??
この展開にも妙に納得してしまったマーベラスが戦いをスタートしようとすると、バスコに倒された他のメンバーが登場。
どうなったか?と思っていましたけど、ダマラス様を従うが嫌だったバスコがみんなを助けていました。
マーベラスのことも見逃していたし、全くバスコは……曲者ですね〜。

さらに、そのバスコ、ダマラス様の不意をついて後ろから一撃。
彼曰く、「宇宙最大のお宝を手に入れるためにはゴーカイジャーたちが必要」だとか。
一体、どういったことなんでしょうね〜。
残り話数も少ないけど、こいつからは絶対に目が離せないで〜す。

ようやくみんな集合となったゴーカイジャーは、ダマラスたち相手にこれまでの鬱憤を晴らすかのごとく豪快な戦いっぷりを披露。
ゴーミンたちを瞬殺、そしてドゴーミンたちもオールグリーンの力を使って、これまた瞬殺とはお見事でした。
いや〜、つい先日まで手こずっていた相手なのに……すごい(笑)。やっぱりストレスが溜まっていたんでしょうね。

ダマラス様はその圧倒的な攻撃力の前にやや苦戦しつつも、ハカセとマーベラスの息ピッタリの攻撃で撃破。
ダマラス様、1発目のガレオンバスターを受けても立ち上がるとは……。
2発はさすがにダメでしたけど……、まともに受けても気合いで耐え抜くというのは、ものすごいタフさだったなぁと。

そして、最後の巨大戦ですが、こちらも一筋縄では行かず、その攻撃力の前に苦戦を強いられることに。
が、ハカセの「宇宙で一番強くでも仲間がいないから負けない」との言葉で奮起。
ハカセ、いい事いいますね〜。勇者というのはウソだったけど、ウソから出た真と言いますか、大きく成長したような気がします。

さて、ここから先はダマラス様、クリスマス商戦の影響をまともに受けてしまうことに!!
これまで手に入れた大いなる力をすべて発動し、滅多打ち。
ちょっと可哀想なぐらいに攻撃されまくってまいたね〜。
ダマラス様が強敵だった……ということもあるんでしょうが、やっぱり時期が時期。玩具の宣伝を兼ねて……という臭いがプンプン(笑)。さすがのダマラス様も、子供たちの夢を運んでくるサンタクロースには勝てなかったということか??

最後は無事に巨大戦にも勝利し、強敵ダマラス様を倒すことに成功。
ハカセ、伝説の勇者の件についてはウソをついていたことをみんなにしっかりと告白したようで。
でも、鎧とアイムは「私たちにとっては伝説の勇者だ」と認めてくれました。
マーベラスたちも、食事にガッついていたけど、きっと同じ気持ちでしょう。

しかし、結局ハカセの過去って……わからず終い(笑)。
結局のところ、普通の人ってことでいいんでしょかね〜。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第42話「宇宙最強の男」

今回は、ハカセが実は伝説の勇者だった?ことが発覚するというお話。
って、まだホントなのかわかっていない段階ですが……(笑)。

ゴーミン&スゴーミンを相手に戦っていたゴーカイジャーたちですが、ハカセは相変わらず愉快な戦いっぷりで。
いや〜、集中的に攻撃されただけではなく、アイムとぶつかってしまったことでバカにまでされちゃうとは……情けない(笑)。
最後はいいところを見せようと思って、ゴーミンたちの上にジャーンプ!!
って、こんな戦いをしているからいけないんですが……。ハカセ、わかってないみたいですね。

一方で、ザンギャックではゴーカイジャーたちの戦いっぷりを見学。
思わぬ強敵か?と思ったのか、イーサンの直訴もあり、牢屋送りにされていたダマラスが出陣。
マーベラスに対する恨み……半端ないですね〜、怖い怖い。
ハカセは……全く眼中にないみたいでしたが(笑)。だから、最後、残されてしまったのかもです。

そんな中、女星セブン?なる雑誌を見ていたアイムガ、何と伝説の勇者として紹介されているハカセの記事を発見。
「幾つもの星を滅ぼした邪悪な竜をたった一人で退治した勇者」って……、マジですか??
ハカセの過去については、これまで全く語られてきませんでしたが、いきなり勇者とはさすがに驚きました。

ハカセ、どうやら記憶喪失らしく、マーベラスたちには「故郷の星をザンギャックに滅ぼされた」とウソをいたようで。
さらに、雑誌の記事から勇者様の左腕にあると紹介されていた星型の痣もあり。
しかし、マーベラスたちは全く信じていないようでしたね〜。
そりゃ、いきなり「宇宙の英雄だ!」みたいなこと言われても、今のハカセのキャラでは信じられないのが当然です。

ハカセ、記憶を取り戻すために「自分の過去は美食家?、超おいしいものを食べれば…」と言って、みんなでおいしいものを食べに行くことに。
しかし、何とも怪しいハカセ。
この機を狙って、おいしいものにあり付こうとしたんじゃないでしょうか??

さて、その頃、ゴーカイジャー討伐を任されたダマラス様は、バスコのところへ行き、無理やり共闘することを説得。
ダマラス様、バスコがさっさとゴーカイジャーを片付けなかったことに相当にお怒りモードでしたね〜。
たしかに、いつでも倒すチャンスはあったはず……。それでも倒さなかったのは、一体どんな理由があるでしょう??、気になる。
しかし、ダマラス様、あのバスコが手も足もでないとは無茶苦茶強いじゃないですか??
さすがは宇宙帝国と名乗るだけあって、トップクラスの幹部は半端ないですね。

高級レストランで食事を楽しんでいたハカセたちですが、記憶を取り戻すことはできず。
が、ハカセが仲間に入ってからのことはよ〜くわかりました。
マーベラスとハカセが知り合ったのは、ルカが彼のところに船の修理を依頼したことが発端。
ハカセ、最初会った時はルカが宇宙海賊と知るなり、パンツ丸だし、腰を抜かして逃げたわけですか……。
たしかに、情けない。これでは、さすがに伝説の勇者には見えないですよね〜。

さらに、ハカセがゴーカイジャーの仲間になったのは、機械などに対する高い知識と掃除&家事等々の能力を買われてのこと。
マーベラスが気に入ったのは、おそらく後者の方でしょうが……(笑)。
ハカセが仲間に入る前のガレオン……、ホントに悲惨な状況でしたからね〜。おいしい食事にもありつけますし、家政婦的な役割としては必須の人材でしょう。

お腹一杯になって次はスイーツ……と思ったところに、ダマラス様が参上、マーベラス&ジョーも合流して戦闘モードへ。
ジョーが「宇宙最強の軍師。いままでの敵とは根本的に違う、油断するな」と言っていただけあって、その実力は圧倒的!!
ファイナルウェーブも難なく跳ね返されてしまいましたし、ここまでの実力差があろうとは……思ってなかった。
こりゃ、気合いで何とかなる相手なんだろうか??、ちょっと心配ですよ。

マーベラスの指示でとりあえず体制を立て直すために退却……と思いきやバスコが登場、ジョー&ルカ&アイム&鎧の4人は彼に、マーベラスはダマラス様が相手をし逃げることはできず大ピンチ。
この2人のコンビは……最強すぎるですよ〜。
バスコにだって以前は手も足も出ない感じでしたからね〜。

案の定、ジョー&ルカ&アイム&鎧の4人はバスコに消されてしまい、マーベラスはダマラス様がボロボロされてしまった状態で連れて行かれちゃいました。
ハカセ、2人に相手にもされなかったとは……悲しい。
いや〜、それにしても元が伝説の勇者ならザンギャックの方々がご存じでもいいはず……だと思ったりもしなくはないですが(笑)。

たった一人で取り残されてしまったハカセですが、来週はどんな活躍っぷりを見てくれるのやら期待大!!
宇宙の勇者の覚醒、楽しみにしていま〜す。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)