ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

スマイルプリキュア! 第12話「目覚める力! レインボーヒーリング!!」

今回は、必殺技が効かない青っはなのあかんべぇが登場するというお話でした。

みゆきたち、修学旅行について話が盛り上がっているも、何とキャンディはお留守番とのお知らせが(笑)。
お〜い、これは可哀想ですね〜。
やっぱり、ちょっと面倒だと思ってしまったのかな……。どういった経緯で「キャンディお留守番」の結論に至ったのかわかりませんが、キャンディに多少の相談ぐらいはしてあげてもよかったんじゃないでしょうか??

その夜、ホップに文句をぶちまけていたキャンディですが、そうなってしまうのも納得ですよ〜。
って、ホップが使命云々の話を持ち出そうとするなり、寝ちゃうとはおいしい。
キャンディ、なかなかのやり手ですな(笑)。

ババ抜きをして遊んでいた三幹部の皆さんは、ジョーカーさんから青っぱなのあかんべぇを作り出すというアイテムをゲット。
いや〜、三幹部のみなさんはホントに仲がいいですね〜。彼らを見ていると微笑ましいで〜す。
一方で、ジョーカーさん、ホントの狙いは「1つだけ何でも願い事が叶うというアイテム」に目を付けているようで。曲者ですね〜、彼。

修学旅行での自由行動の予定について話し合っていたみゆきたちのクラス。
行き先は大阪。大阪城に通天閣に食べ歩き、お買い物等々……。
完全に言いたい放題なクラスメイトの方々……、れいかの話を聞いてあげましょうね〜(笑)。
そんなれいかのために出動したキャンディ。勝手に飛び出すのはアレだけど、その頑張りは認めてあげないとかな??

その後の話し合いでも叫びまくっていたキャンディ。その帰り道では話を聞いてもらえないからなのか?膨れちゃっていました(笑)。
膨れ上がっていたキャンディ、可愛かったで〜す。

しおり作りでも邪魔をしてしまったキャンディ、結局は飛び出して行ってしまうことに。
れいかがようやくキャンディの話を聞いてあげたものの、相当な落ち込みっぷり。
いや〜、み〜んな完全にキャンディのこと無視しちゃっている感もありますからね〜。たった1人で人間の世界に来ているだけでも大したものだと思うし、もう少し気を遣ってあげてもいいかな。

さて、修学旅行でのおやつを買いに行ったみゆきたちの前にオオカミさんが出現、戦闘モードへ。
登場したのは、ジョーカーさんから支給された青い鼻のアカンベェ。
ジョーカーさんが行っていたように、戦闘力は赤い鼻のそれよりもかなり低いみたいですね〜。みんなの一斉アタックで、いとも簡単に吹き飛んでいましたから……。ってか、ちょっと弱すぎなくらいかも(笑)。

が、みゆきが放ったハッピーシャワー、さらにはあかね、やよい、なおの放った必殺技にも耐えた青っはなくん。
いや〜、これはこれは……。ジョーカーさん、どんな力を使って、こんな代物を作り出したのやら。
決め技がないと敵を倒すことができないので、これは思った以上に強力ですな。

れいか、一人、冷静な判断力でアカンベェに対峙するも、動きを止めるのが精一杯。
あのシャボン玉みたいなやつも意外と強力ですね〜。
なんと言いますか派手さはないけど、動きを封じ込めて、オオカミさんが……というのは結構巧い作戦だなぁと思います。

そんな中、ひと足先に青っはなのアカンベェの情報をキャッチするも拘束されていたキャンディが到着。
対抗策は……知らなかったみたいですが(笑)。
いや〜、キャンディ、ちゃんと頼られているじゃないですか??

さて、困ったと思っていると、オオカミさんがキャンディを「マヌケで足でまとい」バカにしたことがきっかけとなり、キャンディがレインボーデコルなる新たな力を覚醒。
れいかのひと言がよかったなぁ〜。
「仲間のために一生懸命になること以上に大切なことはない」ですか……。
もうちょっと説教臭さがあってもよかったけど……(笑)。これからも、ありがたい言葉をたくさんお願いします!!

新しい力を使ってアカンベェを粉砕したみゆきたち。最後は、キャンディも一緒に修学旅行に行けることになりおしまいっと。
お留守番ということはなかったか……。
とはいえ、キャンディならお留守番を命じても絶対について来るだろうな(笑)。鞄の中に潜むとかして……。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(6)

スマイルプリキュア! 第9話「うそ〜!やよいちゃんが転校!」

今回は、やよいがついたエイプリルフールのウソでトンデモな騒動に発展してしまうというお話。

今日はエイプリルフールということで、朝からママさんのウソに騙されてしまったやよい。「朝ごはんがホットケーキ」と聞いて大喜びで下へ行くも、これがウソとは……(笑)。
こんなことで喜ぶやよい、無邪気なところがカワイイで〜す!!
しかし、みゆきがみゆきならママさんも、やっぱりやよいのママさん。こちらも、やよいの「彼氏が出来た」のウソにコロッと騙されてしまう辺りがカワイイ(笑)。

みゆき、エイプリルフールということで、学校へ到着するなり遭遇したみゆきに「転校することになった」とウソをひと言。
が、種明かしをしようとするも、みゆきはすでにあかねの元へ行ってこの事実を報告してしまうから大変(笑)。
2人も転校生だったので、余計に気を遣わせてしまったみたいですね〜。

結局、種明かしをすることができず、なおとれいかにも転校することが伝言され、みゆきはますます言い出せない展開に。
いや〜、みんな心配する気持ちはわかるけど、勝手に話を進めすぎ(笑)。
あんな状況になっては、みゆきじゃなくても言いだせないですよ〜。ホントに、こんなことになるとは夢にも思ってなかっただろうな。

コンパクトを見ていてプリキュアのことを心配しているのでは?と勘違いしたみゆきたちは、温かい言葉をかけつつやよいに引退するようにとひと言。
もう、ここら辺りから笑いが止まりませんでしたね〜。
完全に勘違いしているみゆきたちと、慌てまくるやよいの心の叫びの構図が面白すぎました!!

さらに、やよいのことを案じたれいかは、クラスのみんなでさよならな会を敢行(笑)。
花束&色紙までもらうことになるとは……逃げ出したくなるもの当然。
完全に暴走しています(笑)、悪いのはやよいだけど、こんなことにまでなってしまうとさすがに不憫です。
こりゃ、明日から学校に来れないなぁ〜と思ったり。

やよい、得意の絵を使って本当のことを伝えようとするも、せっかく描いた絵は風に飛ばされてしまい失敗。
このタイミングでの風……。
風さん、仕事、頑張りすぎで〜す(笑)。

そんな中、赤オニさんが登場し、戦闘モードへ突入。
エイプリルフールということを利用して、アカンベェは赤オニさんが出した指示と違うパターンで攻撃するとはお見事。
赤オニさん、バカっぽいところはあるけど意外と頭脳プレーもできるんだなぁと見直しました!!

苦戦中のプリキュアにさらに追い打ちをかけたのが、やよいの絵を拾った赤オニさんによる「転校はウソでした」の告白。
まさか、こんな形でバレるとは思っていませんでしたね〜。
が、みゆきが掛けてくれた言葉がきっかけとなり、やよいはホントのことを告白。みんなもっと怒る?と思っていたけど、笑い飛ばして許してくれました。
いや〜、みんな、とってもいい友達でホントによかった。

戦いは赤オニさんのウソに対する発言に腹を立てたやよいが一人で奮起し、あっという間に敵を粉砕。
やよいが単独で倒しちゃうシーン、久しぶりに見ましたね〜。
まだまだ、戦いなれしていないところはあるけど、やればできる子です(笑)。

最後は、あかねの「嫌いになった」というウソに騙されるやよいを見つつおしまい。
ウソだったことを告白しても、クラスのみんなは嫌な顔一つしないで許してくれるとはいい人たちばかりですね〜。
絵を描いてほしいと言われたりして、今では友達もたくさんできたし、ホントに羨ましいです(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スイートプリキュア 第48話「ラララ〜♪ 世界に響け、幸福のメロディニャ!」

今回は、みんなで新たな一歩を踏み出していくというお話でした。

響たち、無事にノイズを浄化することに成功するも、ノイズの中で奮闘していたハミィが意識不明に。
どうなったのか?と思っていましたけど、伝説の楽譜に守られて無事だったのはひと安心。でも、そのまま伝説の楽譜を完成させ、意識不明になってしまうとは……。
ハミィ、ノイズとの戦いの奮闘っぷりに楽譜を完成させたこの戦いにおいてホントに一番の功労者だなぁと思ったり。
最後は楽譜が完成して穏やかな顔していましたけど、この結果ではね〜。

やや落ち込んでいた響たちですが、音吉さんの奮闘で無事に残ったギターを使ってエレンが披露した一曲がきっかけとなってハミィがお目覚め。
いや〜、エレンの曲に耳を傾けていたら、いきなりお花畑ですからね〜。
この演出には非常にびっくりしました!!
ハミィの夢の世界では、みんなの存在をハミィ自身は見えなかったみたいだけど、そこでもみんなの歌で想いを届けるという演出もベタながらよかったと思います。
とはいえ、ハミィは声だけ聞こえて怖くなかったのか?という疑問はありますが(笑)。

その後は、目覚めたハミィがみんなのために完成した伝説の楽譜に刻まれたメロディを披露し、女王様以下みんなも元通りに。
ノイズを浄化した直後に空から降って来たバスドラさんたちや、封印されてしまった音吉さんやクレッシェンド・トーン様、メフィストパパも元通りになってひと安心。
バスドラさんたち、目覚めたと同時にエレンに抱きついちゃうとはね〜。
エレンにとっては飛んだ災難だったと思いますけど(笑)。

しかし、ハミィの歌声は毎度びっくりしますよね〜。
普段はあんなのん気な癒し系だというのに、歌になるとまるで別人です。
ってか、ホント、別の人が乗り移っているんじゃないでしょうか??

メイジャーランドが無事に元に戻ってからは、女王様たちに挨拶し、戦艦音吉にて加音町へと帰還。
響たちの世界でも一時は地球崩壊の危機だったというのに、完全に元通りみたいですね〜。
とはいえ、勘のいい、響の両親だけは伝説の楽譜の歌声に気が付いたみたいでしたけど(笑)。
全く、この両親、タダ者ではないですな。

調べの館の前の広場に集まっていたみんなと別れた後も、調べの館に残った響たち4人と1匹。
この場にて、ハミィに改めて御礼をいう響。
いや〜、たしかに、この戦いの一番の功労者ですからね〜。ノイズとの戦いの勝利のきっかけを作ったり、楽譜を完成させたり、歌を歌ってくれたりとホントに大奮闘。
改めての言葉にテレるハミィでしたけど……、その顔が可愛かった!!

そんな中、聞き覚えのある鳴き声と共に登場したのは、何と白くなったピーちゃん。
響たちの出した答えは、「悲しみの塊である彼を受け入れた上で前に進む」というものでしたか……。
まるで女神さまですね〜、彼女たち。
音吉さん&クレッシェンド・トーン様じゃないけど、みんなの右斜め上を行く発想。とってもいい終わり方だったと思います。

最後は、「私たちはまだまだ変われる。新しい明日に向かって変身するのよ」という言葉とともにプリキュアに変身(笑)。
おいおい、なぜ、ここで変身する必要があるんだ??
いや〜、最後の最後での販促タイムってなところでしょうかね(笑)。ひょっとして玩具の方はあまり好ましい結果ではなかったのかな、かな、かな。

変身するみんなとそのメロディに合わせて、その後の奮闘しているみんなを見つつお開き。
響は本格的に音楽に奮闘、奏もお菓子作り頑張っているみたいでしたね〜。
アコちゃんも今では友達いっぱいできたみたいで、こちらも安心。
しかし、エレンはストリートミュージシャンは……ちょっと心配かな。成功してくれることを祈っていま〜す。


さてさて、これにてスイートプリキュアも最終回。一年間、とっても楽しませてもらいました。
響たちも好きだったけど、この作品は脇役のファルセットたちが好きでしたね〜。
彼らの愉快なボケっぷりには、毎回大爆笑!
そんなお気に入りの彼ら基本的には操られていただけなので、死ぬことがなかったのでかなり喜びました。
お世話係をしていたエレンは、これからも彼らのお守りをするのは大変だと思いますが、頑張ってください(笑)。

それでは、これにておしまいっと。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(6)

スイートプリキュア 第47話「ピカーン! みんなで奏でる希望の組曲ニャ!」

今回は、ついにノイズの浄化に成功するというお話でした。
さすがに最終決戦だけって非常にアツい回でしたね〜。
終始展開された響たちとノイズの口論?は、いかにも本音とぶつけあっている感じは実によかったです。

一度はノイズに完敗してしまった響たちは建物内に隠れつつ、どうやって戦うかの対策を考えてみるも妙案は浮かばず。
ハミィの「諦めないで最後まで」という笑顔が唯一の救いでしょうか?
この後に及んでもプラス思考なハミィ、凄いです(笑)。

居場所がバレてしまい再びノイズと対峙した響たちですが、ノイズが自分たちの悲しみの気持ちから生まれたと聞かされ戦意喪失。
自分は悲しみの塊で、その声も容姿も人間たちは恐怖する。だから、自分の声も含めて全部の音を消し去りたいのではないか……、自分の境遇等々を憎み、悲しんでいたのでは??
なるほど、みんなから仲間はずれだったかもしれないというわけですか。もしそうなら、ホントに悲しすぎる。これは戦えないです、たしかに。

ノイズが悲しんでいるのでは?と知ったハミィ、何とヒーリングチェストを持ってノイズの中へ突撃。
内部から歌の素晴らしさを伝えようというわけですか……。
ハミィ、なかなかにカッコイイ!!
ってか、いっつもいいところを持って行きますね〜、こやつ(笑)。

ハミィの行動に影響を受け、響たちは自分たちの想いを届けるためにノイズと戦うことを決意しプリキュア変身、戦いは第二ラウンドへ。
第一波で響たちを吹き飛ばしたノイズ様ですが、フェアリートーンがヘルプを入れ空中戦にも対応してくるとはね〜。
「悲しみは乗り越えられる!」という言葉が口火を切り、ここからは双方の意見を戦わせる言葉合戦。
戦いよりも、こちらの方にめっちゃ力が入っていましたから(笑)。

敵だったのに仲間になったエレンの話から始まり、これまでの仲間になるまでのことを語りつつ、攻撃を繰り出すプリキュア。
さらにさらに、ノイズ様が自ら忌み嫌っていた容姿&声についても、「違っていていい」と肯定。
いや〜、途中からは完全にノイズ様がヤケクソになっている感じもしたり、しなかったり。
ノイズ様もこれだけ叫びたい放題とは相当に鬱憤が溜まっていたに違いないです。

さらに反論してくるノイズに対し、音楽の力を信じて疑わない響たちはその理由を「音楽が人を笑顔にするから」とひと言。
その信念、立派で〜す!!
反論しても反論しても、言い返してくる……。熱血パワーが最高潮に達した感じでしたね、アツいアツい(笑)。
やっぱり、クライマックスのこの熱気はホントに好き。

そんな自分たちの想いを伝えようとする響たちにフェアリートーンが反応、何と響たちがクレッシェンドトーン様のような金色の羽を纏った姿に変身。
最後は超特大の必殺技でノイズにアタック!!
いや〜、あの最後の攻撃はデカすぎ。さすがに、あの派手さと大きさには笑いました。

ノイズ様、このまま浄化?と思いきや、響たちがその手をキャッチ。
「自分たちの使命はみんなの笑顔を守ること。もちろん、ノイズも……」。最後はこの言葉を聞いて、ノイズも満足そうな笑顔で消えていきました。
アッパレ!ですね〜、響たち。
最後まで立派にプリキュアの使命を果たしてくれたなぁと思いますです。

ノイズがいなくなり一件落着?と思いきや、ノイズ様の中にいたハミィの姿がなし。
まさか、一緒に……なんてことはないでしょう。
予告編からするに健在っぽいですし、どうやって生き延びたのやら……。
案外、そこらへんに転がっていたりしたりして(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スイートプリキュア 第46話「ズゴーン!プリキュア最後の戦いニャ!」

今回は、さらなるパワーアップを遂げたノイズ様と対峙するというお話でした。

音吉&クレッシェンドトーンを封印することに成功したものの、自身も響たちの怒りの攻撃を受け負傷してしまったノイズ様。
さて、困った……と思っていたものの、ファルセットを吸収して回復しちゃうとは……(笑)。
こんな裏技があること、自分でもこの能力知らなかったんでしょうか??
そんな感じの素振りでしたけど……(笑)。

しかし、ファルセットがかなり可哀想ですね〜。
たしかに、負傷しているのに耳元で騒がれたら鬱陶しいかもですが、それもノイズ様を心配してのこと。
いきなり吸収しちゃってのは酷いです。ホント、ピーちゃん、血も涙もないですな(笑)。

一方で、音吉&クレッシェンドトーンを失い、メイジャーランドの被害も甚大な響たち。
落ち込んでいるか?と思いきや、響、「こんな時だからこそ元気でいよう」とプラス思考で奮闘中??、女王様も、その意見に同意してくれました。
響は相変わらずのマイペースですね〜。
音吉&クレッシェンドトーンのスピリッツ、しっかりと受け継いでいるなぁと。

そんな中、復活したノイズ様が参上、響たちもやつのところへ直行。
プリキュア、ノイズ様に波状攻撃を喰らわせるも、ほとんどダメージを与えることはできず。
ノイズ様、ファルセットを吸収して防御力も上がったのか??
そのタフさときたら凄いです(笑)。

元気いっぱいのノイズ様、さらなるパワーアップを果たそうと、響を吸収しようとするも、それを妨げたのはバスドラさん&バリトンさんの2人。
ファルセットが吸収されてしまったことで、ノイズ様に反旗を翻したみたいですね〜。
って、気が付くの遅いです、この2人。私はてっきり王様の一件で改心したと思っていたのに……。

ファルセットを「うるさかったから吸収した」というノイズ様に怒りぶつけるバスドラさん&バリトンさんの2人でしたが、この2人も響たちを庇ってあえなく吸収。
ノイズ様はさらなるパワーアップを遂げ、完全体へ変身しちゃいました!!
今度も響たちの攻撃は全く通じず……でしたね〜。変身前でもダメージを与えることができなかったのに、さらなるパワーアップとは……ホントにイタいです。
こうならなかったためにも、あの2人を何とか助けてあげてほしかった。

逆にこちらがフィナーレ?を迎えそうになったところで、女王様と残ったメイジャーランドの人たちが奏でる音色が……。
この後の及んでも、音楽を奏でる姿が……さすがは女王様、立派であります(笑)。
石にしてしまってもたじろがない姿に、ノイズ様もビビッていましたからね。あの絶対的な信念は……恐怖でしょうね。

その女王様たちも石化、完全に音が消えてしまう事態になってしまうも、フェアリートンたちのひと言でまたまたまたまたまたの奮起!!
ハミィも、「伝説の楽譜は何も書いてない。好きなように書けばいい」という言葉が決定的になった感じでしょうか??
いや〜、ハミィの能天気っぷり……、あれは天然なんでしょうけど、それに救われた形にですね〜。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(6)

スイートプリキュア 第45話「ブォ〜ン♪ ノイズの好きにはさせないニャ!」

今回のお話は、音吉さんとクレッシェンド・トーンがノイズ様によって封印されてしまうというお話でした。

すべての音を奪うためにメイジャーランドへ向かったノイズ様は、案の定、あっという間にメイジャーランドを征服。
残ったのは、宮殿に逃げ込んだ住人たちだけ……。
完全復活を遂げたノイズ様、やりたい放題ですね〜(笑)。地球もあっという間に征服しちゃいましたし、その力は半端ないです。

鳥さんがこちらに向かっていたプリキュアたちを呼びに行くことになり、それまでは女王様が粘ることに。
竪琴を使って、バリア張って踏ん張りましたが……やっぱりノイズ様の力が強力!!
いや〜、女王様も最初はかなり強気でしたけど、パワーを吸収し力を増していたんでしょう、ちょっと力及ばずでしたね〜。

バリアを粉砕されたところに、危機一髪で登場した響たちは早速ノイズ様退治へ。
音符を失くしても、変身してきたのでノイズ様びっくりしたでしょうね〜(笑)。
先制攻撃は交わされてしまったものの、地上に落っこちそうになるピンチを救ってくれたのはハミィ!!、GJだったと思います。

クレッシェンドトーンを見て、自分が封印された時のことを思い出したノイズ様。って、ずっと忘れてなかったようですが(笑)。
かつで、クレッシェンドトーン&音吉さんと戦い、クレッシェンドトーンから受けたダメージが原因となって音吉さんに封印されてしまったようで。
いや〜、若い頃の音吉さん、凛々しかったですね。もちろん、今の彼もすっごく魅力がありますけど……。

やりたい放題のノイズ様に堪忍袋の緒が切れた響たち、まずはお父さんを利用されてしまったアコちゃんを口火にして攻撃開始。
が、一発目の攻撃は難なく跳ね返されてしまいクレッシェンドトーンが救ってくれて何とか、ノイズ様の反撃の直撃は回避。
さすがは、かつての天敵と言ったところ。ホントに強い味方でした。

そんな中、遅れてきた音吉さんが戦艦音吉と共に参上、この時のために作ってきたパイプオルガンによる波動砲でノイズ様を攻撃。
さらに、クレッシェンドトーンの力を借り、ノイズ様を封印しようとするも……これが何と失敗に終わってしまうとは思いませんでした。
長いこと封印されていたノイズ様の怨念が勝ってしまったみたいですね〜。でも、この攻撃が跳ね返されるとはホントに予想外で〜す。

奥の手を粉砕された音吉さんは、ノイズ様に封印されてしまうことに。
アコちゃん、必死に音吉さんに手を伸ばしましたが……、助けられませんでしたね〜。
「頼む」と最後の言葉を残していった音吉さん。不謹慎だと思いつつ、その散りっぷりもまたお見事としか言いようがないです。

ところが、これが響たちの魂に火をつけてしまい、その力でノイズ様を圧倒。
途中「黙っていろ」と一蹴されたファルセットのファインプレーがなかったら、ノイズ様、やられていましたね〜。
しかし、ホントに響たちは怒らせると怖いで〜す。まさか、気合いでもって、あのノイズ様を一時的にでも動けなくしてしまうというのはホントに凄いことですよ〜。

この攻撃を喰らってもなおプリキュアたちを封印しようとするも、それを救ってくれたのはクレッシェンドトーン。
でも、危機一髪のところで救ってくれたものの……、音吉さん同様そのままノイズ様に封印されてしまうことに。
まさか、クレッシェンドトーンまでいなくなってしまうとは……。もう、自分たちで何とかするしかないです、どうなることやら。

最後は、ファルセットと共に去って行ったノイズ様、
いや〜、文句言われっぱなしだったけど、ファルセット、意外といい活躍っぷりです。
ちょっと悪いなぁとは思いつつ、他の2人よりはやっぱり優秀だったんだなぁと見直しちゃいました(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(6)

スイートプリキュア 第44話「ドレラド〜♪ 聖なる夜に生まれた奇跡ニャ!」

今回は、ノイズ様が完全復活、メイジャーランドへ攻め込んでいくというお話。

ちゃくちゃくとクリスマスの準備を進めている響のパパさん&ママさんですが、当の響は音符が奪われてしまったことでちょっと落ち込み気味。
当然、奏やエレン、アコちゃんなども同様……。
季節が季節、雪も待っていただけに余計に切ないです、彼女たちの背中が。

そんな中、音吉さんからパイプオルガンが完成したとの朗報があり。
あのパイプオルガン、あらゆるものに対抗できるだけの力があるものだったとは……。音吉さん、一年もこの事業に携わってきただけに一入でしょうね^。
響たちにとっては、とっておきのクリスマスプレゼントになったんじゃないでしょうか??
いや〜、音吉さん、このタイミングで完成させようとしていたんだろうな(笑)。

さらに、加音町恒例のクリスマスコンサートを成功させようと、和音さん、聖歌先輩、王子先輩たちが集結。
みんな、優しいですね〜。
きっと、元気がないのを気にしていたに違いないです。響とか、元気がないとホント心配になっちゃいますから……(笑)。

当日、父親が意識不明になってしまったアコちゃんだけは浮かない表情していたものの、響たちの言葉でいつもの笑顔に。
そして、コンサート開始直前には、元気のなかった響をギュッとしてくれたパパさん&ママさん!!
いや〜、そっと子供のことを見守ってくれている2人……。できた親さんです、ホント。

ところが、コンサート開始直後、ファルセットが登場、完成した不幸のメロディを熱唱。
こちらも音吉さんお手製のパイプオルガンで反撃も、ノイズ様まで乱入してくるから、どうすることもできず……。
これまで静かにしていたノイズ様、町じゅうから集めたエネルギーを回収、巨大な怪鳥になっちゃいました!!
おっかないですね〜、ノイズ様。ピーちゃん姿からの変身シーンは、ちと気持ち悪かったんですが、ちびっ子たちは大丈夫だったんでしょうか??

ノイズ様、その後は地球全土を音のない世界にしてしまい、そのままメイジャーランドへ移動。
ノイズ様、半端ない力です!!
地球全土って……、一体、どんだけ強いのやら(笑)。
かつて、このノイズ様を封印したという音吉さん、よくそんなことができたもの。全盛期の音吉さんに……、凄かったんでしょうね〜。

響たちは、ネガトーン化した伝説の楽譜と戦うことになるも、対抗手段はなし。
忘れていましたけど、音符ないんでしたね〜。
さすがに生身で戦うわけにもいかないでしょうし、こうなるとホントにピンチなんだなぁと再自覚です。

さて、困った……と思っていたら、響がネガトーンになってしまった伝説の楽譜に語りかけることで音符が復活。
伝説の楽譜、言われてみれば、今まで楽しい音楽を奏でてきた代物。
それが意に反して、こんなことをやっているとなると……悲しいは悲しいだろうな……。
しかし、ちょっと苦しんだりしつつも、必死に悪の力に打ち勝とうとするネガトーンちゃんの表情……ちょっと可愛かったで〜す。

自らの音楽を奏でることでプリキュアに変身した響たちは、一気にネガトーンを撃破、そのままノイズ様たちを追いかけてメイジャーランドへと出発。
いや〜、それにしても調べの館が巨大な乗り物だったとは……ホントにびっくりしたもの。
な〜んか、羽みたいなものまで付いていましたからね〜。
パイプオルガンという兵器?といい、この館、何気にトンデモな秘密基地だったんだなぁと思ったり(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(7)

スイートプリキュア 第43話「シクシク……不幸のメロディが完成しちゃったニャ!」

今回は、ついに不幸のメロディが完成してしまうというお話でした。

メイジャーランドの女騎士がマイナーランドのバスドラさん&バリトンさんの2人を捕えたと聞いて駆け付けたアフロディテ様。
が、この女騎士の正体というのがファルセットさん!!
アフロディテ様、あっという間に捕まってしまい、マイナーランドへ連れていかれてしまうことに。
おいおい、メイジャーランドの警備、一体どうなっているでしょう??
いや〜、こんな安い三文芝居に引っ掛かってしまうとは……正直情けないで〜す(笑)。

アフロディテ様を捕えたファルセットは、響たちにモジューレの中のト音記号と交換するように交渉を。
そして、その現場にはどこからやって来たのか?、メフィスト様も参上するとは……。
登場するなりの雄叫び(笑)。
いや〜、ド派手に登場しましたね〜。ホント、どこから入ってきたのやら、謎です。

メフィスト様は自らの責任を感じつつ、単独でファルセットの元に向かうことを提案しますが、響たちも、もちろん同行することに。
ノイズ様、復活に絶対に反対の音吉さんは反対は当然の判断。
しかし、ここでメフィスト様単独で行かせることなどできるはずないです。
それにしても、響のプラス思考はすごい。「アフロディテ様を取り戻して、音符も守ってしまえばいい」という……。いつもながらに見習いたいものであります(笑)。

ファルセットの元に向かった響たち、ファルセットはこちらの意見に効く耳持たずも、「音符を破壊する」と脅すことでようやくアフロディテ様解放の糸口を見出すことに成功。
って、最終決定をしたのはノイズ様でしたけど……。
ピーちゃん、ホントにお偉い立場になったものです。

フェアリートーンたちに自分たちとの真ん中にまでモジューレを持って行ってもらい、アフロディテ様を引き渡してもらおうとするも、これが失敗。
ファルセット、強い風を引き起こして、モジューレの元へ・
いや〜、完全に悪役っぷりがハマッてしまっていますね〜、彼。やることが実に王道中の王道の悪です(笑)。

しかし、ここでアフロディテ様のところにメフィスト様が乱入、彼女を無事に救出。
さらに、モジューレもハミィの活躍により、無事に手元に戻ってきました。
メフィスト様、どうしたの?と思っていましたけど、こういう作戦だったわけですか……。ファルセットが良からぬことをやってくるであろうことぐらいはお見通しだったみたいですね〜(笑)。

響たちはプリキュアに変身、ファルセットに立ち向かっていくも敵は強し。
冒頭からいきなり必殺技を繰り出したものの、全くダメージを与えることができないとは強いです。
そして、格闘術においても、突撃してきた響を圧倒するほど……。これは思った以上に強敵っぽいです。

一方で、ノイズ様の力を得てさらにパワーアップしたバスドラさん&バリトンさんの2人の相手をしていたメフィスト様。
こちらは、バスドラさん&バリトンさんに加えてファルセットをこんな風にしてしまった原因が自分にあることを悔いているために手を出すことができず撃沈……。
もともとはメイジャーランドの三銃士だった3人を悪の道に導いてしまったのは彼でしたか……。
それにしても、元は同じ戦士だったのに、なぜファルセットだけ、あんなにノイズ様に超愛されているんでしょう??

メフィスト様、何と償いの気持ちから、何とバスドラさん&バリトンさんの2人からノイズの悪のエネルギーを吸収し、そのまま自爆までしてしちゃうから驚き。
最後は、バスドラさん&バリトンさんに昔のようになってくれるように祈っていかれました。
やっぱり王様だけに責任を感じていたんでしょうね〜。一応、まだ死んではいないみたいですが、蘇生してくれることを祈るばかり。

そんなメフィスト様を鼻で笑ったファルセットとノイズ様。
さらに、バスドラさん&バリトンさんにアフロディテ様を始末するように言われるも、動いてくれないので自ら手を下すことに。
が、これをかばったのはバスドラさん&バリトンさん。
正気に戻ってくれたみたいですね〜。結局は倒れ込んでしまいましたけど、2人の勇姿、なかなかでした。

次々にみんなが傷ついて行くのに耐えられなくなった響たちは、モジューレのト音記号をファルセット&ノイズ様に渡すことを決意。
これに大喜びだったのがノイズ様。
全く、メフィスト様の頑張りを笑ったり、計画がうまく進行してないから騒いでみたりと嫌な鳥ですね〜。ついでに、態度もデカイし……。

来週は、クリスマスということもあり、奇跡?が起こるみたいですが、どうなることやら。
個人的には、何としてもノイズ様を懲らしめてもらいたいのでプリキュアを全力で応援させてもらいます。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(4)

スイートプリキュア 第42話「ピコンピコン! 狙われたキュアモジューレニャ!」

今回は、マイナーランドの一味が最後のト音記号の宿るキュアモジューレを奪おうとするというお話。

すべての音符を手に入れたファルセット、早速、不幸のメロディを完成させようとするも4つのト音記号が消失して失敗。
どうやら、アフロディテ様の差金で、偽モノが紛れ込んでいたようで。本物の4つのト音記号は響たちが持つキュアモジューレの中……。
いや〜、アフロディテ様、策士ですね〜。美しい顔して、意外とやり手です(笑)。

この事態に大慌てのマイナーランドに対し、響たちは一転してのんびりムードへ。
響はサッカーに、奏はスイーツ作りのそれぞれ汗を流しておりました。
そんな2人のことを心配していた、アコちゃん&エレン&ハミィの2人&1匹は……やきいもを食している……。
一体、どっちがのん気なのやら……。彼女たち、絶対に人のこと言えないで〜す。

バスドラさんとバリドンさんの2人、ファルセットの指示でモジューレを奪うべく出陣するも、当然のごとくうまくいかず。
バスドラさん、響たちを落とし穴に落としてモジューレを奪う作戦も、通りすがりの響たちに穴を掘っているところを見つかり失敗。
言いわけもヘタクソでしたしね〜。
どちらにしても、こんなバレバレの作戦に響たちは引っかからないでしょうが(笑)。

続いて、バリトンさんは音吉さんを拉致してモジューレを奪う作戦を決行するも、これまたバレバレ。
真っ正直に玄関から音吉さんの家に入って行くとは……。
作戦も、アコちゃんにあっさりと見破られちゃいましたしね〜、マヌケすぎる(笑)。
しかも、猫に奪われた魚を取り返し、音吉さんにご奉仕というおまけ付き。
玄関から入ったり、思わぬ力添えをしてくれたり、彼ら、間違いなく根はいい人だなぁと感心です。

業を煮やしたファルセットは、ついに自ら出陣。
バスドラさんとバリドンさんの2人には最初から期待してなかったようですが……。
いや〜、2人じゃないけど、そうなら最初から自ら出陣するべきですよ〜。悪いけど、この2人が出陣してうまくいった試しがないですからね。

され、そのファルセット、何と、ノイズ様の協力を得て、和音&聖歌先輩の2人を操ってモジューレを奪うことに成功。
カップケーキを食べていたところに「聖歌先輩が何者かに捕まった?」と言ってやって来た和音。
この時にはすでに術中だったわけですか……。
ノイズ様の力があるとはいえ、ファルセット、バスドラさんとバリドンさんの2人とは違って容赦なし。思いっきり卑怯です。

さて、ピンチ……と思いきや、何とアコちゃんがいつの間にかモジューレを偽モノと取り変えていたようで。
これには、ホントにびっくり。
いや〜、種明かしをする時のリアクションがアフロディテ様とそっくり!!
「敵を騙すには味方から」ですか……。やっぱり親子ですね〜。

ファルセット、それでも和音&聖歌先輩の2人を盾にモジューレを奪おうとするも、操られた2人が自らの力でノイズ様の術から脱出。
さらに、モジューレを奪おうとそれに触れたバスドラさんとバリドンさんの2人の裏切りもあり、モジューレは響たちの元へ戻ってきました!!
バスドラさんとバリドンさんの2人、ホントにGJでしたね〜。
モジューレに触れた時はどうなるか?と思いましたけど、元通りになりましたか……。
これで散々コケ扱いされてますからね〜。裏切り行為も当然ですよね(笑)。

モジューレを取り戻した響たちは、ノイズ様の力によって再び変化したバスドラさんとバリドンさんの2人を相手に奮闘。
一度は、味方してくれた2人……、これは戦いにくいですよ〜。
彼ら、根は間違いなくいい人たちですから。

最後はクレッシェンドトーン様のアドバイスもあって、必殺技を繰り出すも、残念ながら逃げられてしまうことに。
別れ際、響たちは「協力してくれてありがとう」と言葉を贈るも、「キュアモジューレは必ず頂く」との冷たい言葉のみ……。
いや〜、この2人には元通りになってほしいですね〜。絶対に、一緒に楽しく生活していけるに違いないです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(6)

スイートプリキュア 第41話「ファファ〜♪ 最後の音符はぜったい渡さないニャ!」

今回は、最後の響たちが最後の音符を守るために大奮闘するというお話でした。

音符を集めるために奮闘することを誓う響たちですが、王子先輩に興奮する奏が……(笑)。いや〜、王子先輩のこととなると、もう大変ですね〜。
周りのことが全く見えてませ〜ん(笑)。
ここ最近は王子先輩も出番がなかっただけに、久しぶりだった……ということも関係していたりするんでしょうか??

そんな中、マイナーランドでは最後の音符を回収するためにバスドラさん&バリトンさんの2人が出陣。
が、その2人の話をこっそり聞いていた響たちは、この情報にびっくり。
いつの間にか、そんなに音符が集まっていたんですね〜。ここ最近のピーちゃんの頑張りっぷりで一気に集まったのかもです。
しかし、あの乗り物、たしかに冬は寒そう……(笑)。

最後の音符を持っているファリーですが、これがお調子者で実に心配。
言っている傍から、バスドラさん&バリトンさんに見つかってしまっていましたからね〜。
初っ端は、2人がドジだったので助かりましたけども、

さて、ファリーを守るために、響たちは映画の撮影と偽りの情報を流して、町の人たちを見方につける作戦を決行。
おいおい、また大胆なことしますね(笑)。
おバカとはいえ、2人も普通の人が対応できるような相手じゃないですよ〜。
この町の住人たち、何の疑いも持たずに力を貸してくれるとは、何とも素晴らしい性分の持ち主だなぁと思ったり。

ファリーを捕まえようと必死に頑張るバスドラさん&バリトンさんですが、町の人たちの見事な技の前に完敗。
偽者になってくれたフェアリートーンたち、見事なシュートを決めてくれた和音先輩、2人をケーキに仕立て上げてしまった聖歌先輩、見事に縛り上げた音楽王子隊、そして2人を踏みつけた音楽王子隊のファンたち。
みんな、やりますね〜。あの2人が全く相手にならないとはすごいです。

そんな中、業を煮やしたファルセットさんが参上、お調子者のファリーの性格を利用して見事に捕獲に成功。
バスドラさん、放り投げられたファリーを響と取り合いになりゲットとは意外とやります。
正直、彼が勝つとは思いませんでしたよ〜。やっぱり、彼もやるときゃやりますね。

が、やっと手中に収めた……と思いきや、町の人たちの美しい合奏が始まり、ファルセットさん一同はあえなく撃沈。
いや〜、一体何人の人が集まってくれたんでしょうか??
映画撮影というウソ、まさかここまで効果があるとは思わなかったです。この町の人たち、ノリがよすぎ!!

偽者のファリーのおもちゃを使ってネガトーンを作り出したファルセットさん。しかも、本物のファリーがネガトーンの中に閉じ込められてしまうというおまけ付きで……。
響たちもすぐに変身、戦闘モードに突入も、敵さんの巧みな攻撃の前に大苦戦を強いられることに!!
分身を作り出して、爆破ですか……。これはなかなかに厄介な攻撃です。

しかし、そんなピンチも「無茶」と言われてしまっては諦めるわけにはいかず、4人の一致団結した攻撃でもって、無事にファリーも救出。
ネガトーンも一気に粉砕しましたが、音符は……ピーちゃんが強奪し、そのままトンズラ。
ピーちゃん、これまで集めた音符もほとんど奪っていきましたし、可愛い顔してホントに厄介なやつですな。

響たちは最後の音符を奪われてしまって落ち込んでしまうも、この町の人たちの笑顔を守りたいと力を合わせて戦うことを決意。
いや〜、正直、み〜んなもっと落ち込んでいるか?と思ってましたけど、そこまででは無い感じ。
一応、プリキュア始まって以来のピンチですからね〜。
みんなで落ち込んだりしないのは、響のプラス思考が影響しているのかな、かな、かな??

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(4)