ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

仮面ライダーW(ダブル) 最終回「Eにさようなら/この街に正義の花束を」

相棒、復活してくれた〜!!

フィリップ君が消えてから1年後の世界……。
当然といえば当然も翔太郎は、やっぱり落ち込んでいたみたいですねぇ〜。
そりゃ、無二の相棒。ここで元気だったら、明らかにおかしいというか、カラ元気に違いないですわ。

そんな彼の前に「姉の唯を取り戻して欲しい」と依頼してきた晶という少年が参上。
いや〜、この子、胸を張って「お姉ちゃんがいないと何もできない」と言い張るとは……(笑)。
翔太郎、彼に説教をかまそうとするも、「完全な人間はいない。自分はまだ子供」と言い返されちゃう始末。
翔太郎、カッコ悪い(笑)。とは言っても、ちょっと生意気な子ですな、彼。言ってることは正論かと思いますが、子供が威張って言うセリフじゃないです。

早速、調査を開始した翔太郎は、唯がEXE(エクゼ)という若者のグループに捕まっていることが発覚。
が、このグループの面々、「俺達はミュージアムを継ぐ者」と言っていたにはびっくりでした。
いや〜、もう完全にガイアメモリに取り込まれていますな、彼ら(笑)。デカイこと言っているけど、何とも情けないやつらだなと思ったり。

すぐに翔太郎のおきおきタイムへ突入。
フィリップ君と変身していた時の癖が抜けてなかったみたいですが、ジョーカーの力で殻を瞬殺でした。
結果はよかったとして、一年たっても抜けてませんねぇ〜。相棒と変身していた癖は……。

その後、若菜さんの入院していた病院に向かった翔太郎ですが、肝心の若菜さんが暴走中。
さらに竜さんが彼女に斬りかかろうとした瞬間に、フィリップ君がいなくなってしまったことをバラしてしまいました!!
これは仕方ないか??
若菜さんにバレなかったのは、彼女が一年間意識不明だったからのはず。そうでなければ、もっと早くバレていたでしょうし……。

さらにタイミングの悪いことに、事務所に帰るとフィリップ君の声が……と思ったら残っていた彼の声……。
まさにダブルパンチ!!
これは痛いですねぇ〜、ホントに。落ち込んでいる時には一番聞きたくない声だったはずですよ〜。
翔太郎、亜樹子も何とも間が悪いなぁと思ったりです。

そんな中、晶くんに唯がEXE(エクゼ)からの連絡が……。
翔太郎の相棒が消えてしまったという事実を聞いた後、一人で現場に向かうとはなかなか勇気のある子ですな。

が、当然のごとく晶くんと唯さんの2人はピンチに陥るも、これまた当然のごとく翔太郎参上!!
自分では謙遜していたけど、やっぱり風都の平和を守っている彼。竜さんも途中で参戦してくれちゃってましたが、こちらも相変わらず……(笑)。
この2人がいれば風都は、ホント安心ですよ〜。やっぱりフィリップ君がいないのはちと寂しいですが。

一件落着……と思いきや、冒頭に登場したペットショップの店員が登場、翔太郎に一撃をっと。
こいつが黒幕だったとは……、さすがに予想外の展開。
しっかし、翔太郎を後ろから狙い打つとは許せないやつですな。

翔太郎、倒れ込んでしまうも、そこに現れたのはエクストリームのメモリとフィリップ君。
詳しい内容は不明も、若菜さんと園咲家の面々の力で復活したとか。
いや〜、ホントによかった!!
大笑いしつつ、叫びまくる翔太郎が何とも印象的でした。ってか、私も叫んでいましたが(笑)。

っと、その感動ですっかり忘れられていたペットショップの店員さん。
復活したフィリップと一緒にダブルに変身し、瞬殺(笑)。
「この町で一番強い」とか言ってましたが、全く勘違いの甚だしいですねぇ〜。最後の敵としては何とも物足りなさすぎ(笑)。
テラーのメモリを持っていた琉兵衛様に対面したら、間違いなく腰を抜かしますよ(笑)


一年間続いてきたダブルも今回が残念ながら最終回。
この作品に関しては、面白い!!のひと言ですね。
うむ、これ以外はないです(笑)。
基本的に、事件が起こる→解決というベタな展開。ストーリーも人や物に恨みを持ち復讐をしようとする人や、単なる遊び気分な方々とこれまたベタな設定ばかりでした。

このように何ともベタベタな作品なんですけど、やっぱりベタですね、ベタ。
ここのところ、挑戦しようとして失敗したキバやお祭りってなことでやや暴走気味だったディケイドと変化球が続いていただけに、このベタな展開は非常に新鮮でよかったと思います。

キャラもよかったですしねぇ〜。
ハーフボイルドな翔太郎、冷静沈着と見せかけて抜けているところのあるフィリップ君、時節暴走した亜樹子に、俺様な竜さんの中心人物はもちろんのこと、敵キャラの園咲家も含めて個性豊かなキャラばかり。
さらに、刃さん&マッキーの刑事、ウィッチャマンやサンタちゃんなどなどサブキャラもいい味出していましたからね。
キャラ設定に関しても、文句のつけようなしですわ。

来週からは新シリーズがスタート。
私は、またいつものごとく全く情報ゼロからの視聴になりますが、楽しみにしたいと思っていますです。

では、ダブル、これにておしまいっと。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

仮面ライダーW(ダブル) 第48話「残されたU/永遠の相棒」

フィリップ君、逝く……。
もう、最後のシーンは涙が止まりませんでした。

加頭の容赦ない攻撃をうけ、ピンチな翔太郎を救ったのは冴子さん。
よくぞこのタイミングで駆け付けてくれましたねぇ〜。
何だかんだ言っても、やっぱり姉妹。ってか、お姉ちゃん。いざという時には頼りになりますです。

ピンチだというのに変身しなかったことで翔太郎とフィリップ君はかなり険悪なムードに。
が、加頭が彼らの仲間……最後に亜樹子を手にかけたことが発覚するや否や、翔太郎が遅ればせながら奮起いたしました。
しっかし、加頭、のっぺらぼうにするって……、一体どんな趣味しているんだ??
全く理解不能ですな、彼の思考回路は(笑)。

冴子さんと若菜さんを奪い、計画を実行に移そうとする加頭。
それはさておき、びっくりだったのは彼が本気で冴子さんが好きだったってなことでしょすか??
あの態度では……、勘違いされても仕方ないですよねぇ〜。心が見えなさすぎですわ。

加頭が計画を決行しようとするタイミングでまたもや冴子さんが奮起、若菜さんを逃がすことに成功っと。
最後の最後は、実に立派でしたねぇ〜。若菜さんを守っての最後、ちょっと感動しちゃいました。
結局、やつの手にかかってしまいましたけど……。
いや〜、冴子さんを殺った時点で加頭は死刑決定でしたね(笑)。

さて、そこに現れたのは翔太郎。
ここからは、もう彼の独壇場でした!!
登場するなり素手でユートピア化した加頭と対峙とは気合い入りすぎです。
さらに、爆弾でも仕掛けたのか?基地を一気に破壊、フィリップ君の協力もあって若菜さんの救出に成功っと。
ちなみにドロドロの顔という男の勲章付き。
やっぱり本気出すと半端ないですね、彼は。実にカッコ良かったです。

その後は、加頭に対するおしおきタイムを決行。
ユートピアの力はすごいものでしたが、今回ばかりは最終戦ってなことでフィリップ君の魂の力が勝りました。
最後はエクストリームの連続キックを受けて撃沈。
何と言いますか、彼らしい哀れ?、というか呆気ない最後でしたね。
凄みという点では、琉兵衛様の方がはるかに上だったように思われますです。

が、一件落着後はフィリップ君とのお別れの時が……。
最後の変身を解くシーンは、翔太郎の役目でした。
いや〜、翔太郎も泣いてましたけど、私も泣いてました!!
無二の相棒との、このお別れはホントに辛いです。

来週は、その後の翔太郎の活躍っぷりですか?
一体、どんな最終回なのやら楽しみで仕方ないですよ〜。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(3)

仮面ライダーW(ダブル) 第47話「残されたU/フィリップからの依頼」

フィリップ君が……。

琉兵衛様を撃破し一件落着と思いきや、フィリップ君から翔太郎に「若菜姉さんを助けてほしい」との依頼が。
これは引き受けないわけにはいかないですよねぇ〜。
無二の相棒からの依頼ですから……。
フィリップ君はちと忠告していましたが、翔太郎はこの後の展開は全く予想してなかったでしょう。とは言っても、たとえ知っていても受けたと思いたいですけどね。

まずは一番怪しいと思われる冴子さんのところへ向かった面々。
が、そこにやってきたのは若菜さんの体を確保、ガイアインパクトを遂行しようと企てる財団Xの加頭。
ユートピアなる能力を持つ彼。相当な実力者ですねぇ〜。相手に触れることすらできない??まるで魔法使いですよ(笑)。

ところが、この戦いの後明かされたのは、フィリップ君があと一回しか変身できないという衝撃の事実。しかも、その後は消滅。
やっぱり……といった展開ですねぇ〜。
フィリップ君、すでに故人なわけでこの展開はやや仕方ないような気もいたします。
何かしらのデータとして生き残る手はあるかもですが、現状の技術力で可能なのかは謎です。

びっくり仰天な翔太郎は荒れ狂いながらシュラウドのところへ向かうも、結果は同じ。
シュラウドさんからは、「もはや復元されたデータの塊ではない。おまえのおかげ。笑顔で消えられるように」のひと言。
彼の叫びまくる姿は痛々しかったですけどね。可哀想ですが、死んでいる以上どうしようもないです。

帰ると亜樹子の催したささやかなパーティを開催。集まってくれた面々には、海外留学ってな理由をつけて。
亜樹子、GJ。前向きな考え方は、なかなかだと思います。
翔太郎、彼女に負けてしまっているんじゃ??

翌日はついにフィリップ君が調べ上げた場所に若菜さんを救出のために直行。
が、若菜さんの体と対峙、加頭がやって来たという大事な場面で翔太郎はダブルに変身することができず……。
これは、何と言ったらいいのやら。個人的には変身しなかった翔太郎、攻められないです。
私が彼の立場でも変身できたか?ってのは微妙なところ。そもそも大事な場面で決断できない性格なので(笑)。

翔太郎をイタぶることで、フィリップ君が動揺、それに若菜さんが反応していることに目を付けた加頭は翔太郎を始末することに。
こいつ、なかなかに嫌な性格してますな。
懸命に立ち向かった竜さんも丸焦げだったし……(笑)。
そのやり方は、ちょっと趣味が悪いなぁと思ったりいたします。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(4) : trackbacks(3)

仮面ライダーW(ダブル) 第46話「Kが求めたもの/最後の晩餐」

琉兵衛様、ついに敗北!!
勝てるやつなんていない?と思っていましたが、ボロが出てしまったためでしょう、意外と脆かったですねぇ〜。

フィリップ君は12年前に事故死しており、単なるデータの固まりであるという衝撃の事実……。
なんとなく普通の人でないことは予想してましたけどね。
この事実、本人だけでなく無二の相棒である翔太郎にとっても、想像以上にショックだったに違いないです。

が、その翔太郎、琉兵衛様に立ち向かおうにも、テラーの恐怖に侵されてしまって全く戦うことができず。その後はもう半狂乱状態でした(笑)。
テラー、強力ですねぇ〜。
とは言っても、確かに、あの圧倒的な能力。ビビらない人の方がおかしいですわ。

その後、琉兵衛様は家族を集めて若菜さんが最強の力を手に入れる?という門出を祝うことになるも、若菜さんと冴子さんが激突。
フィリップ君、必死に2人をとめ、琉兵衛様にも罪を改めるようにと懇願し、シュラウドさんにも協力を求めるも、その声は残念ながら届かず……。
死人だという衝撃の事実がわかったばかりだというのに、必死なフィリップ君が実に可哀想でした。いや、ホントに……。

相棒に最後の電話をして、若菜さんのために生け贄になってしまったフィリップ君。
琉兵衛様……、この人、ホント血も涙もないですねぇ〜。ホントは、そんなことなかったんですけど。

が、そこに現れたのはイーヴィルテイルを手にした翔太郎。
イーヴィルテイル、その正体が琉兵衛が家族に名前を書かせた刷毛だったとはびっくりでした。
家族を全く顧みない行動を、この刷毛を使ってごまかしていたとは……。
こんな風になってしまっても、やっぱり人の子??昔の家族に囲まれた彼の表情はよかったですからね。
家族への大切な思いをこんな刷毛で騙していたとは、実に切ないです。

翔太郎の参上で復活を果たしたフィリップ君。当然、若菜さん最強化計画はとん挫(笑)。
琉兵衛様も、このショックからか?、いつもの勢いがなくなりエクストリームによって瞬殺!!
最後は精紳崩壊してましたからねぇ(笑)。
最強の力をもっているとはいえ、痛いところを疲れると案外もろいものです。

戦闘シーンでは、竜さんも大活躍!!
一度は敗れたテラードラゴンをアクセルガンナーと、ダブルのパーツを使って撃破。
最後の不死鳥のごとくの攻撃には、マジで大興奮でした。

園咲家を葬り去り、これにて一件落着?と思いきや、動き出したのは財団X。
何やら若菜さんの抜け殻(魂は屋敷内をさまよっていた?)を手にして、ガイアインパクトなる計画を決行するみたいですな。
ラスボスとなった財団X。園咲家より上位の組織みたいですが、どうやって撃破するつもりなのやら……。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(4)

仮面ライダーW(ダブル) 第45話「Kが求めたもの/悪魔のしっぽ」

琉兵衛様が本格参戦!!

初っ端は猛獣使いのごとくムチをふるう響子さんの乱入からスタート。
「見ての通り博物館の学芸員」って……。
確かに見た目は学芸員ないしは冒険家ってなところですが、ムチをふるう方はいないでしょうに(笑)。
前述しちゃいましたが、どうみても猛獣使いにしか見えんです。

ところが、彼女が探すように依頼してきたのは、琉兵衛様が探していたイーヴィル・テイルだったとはびっくり。
全く意外なところから、園咲家とつながったものです。

早速、調査に向かったものの、ここで亜樹子が大活躍!!
ダウジングスリッパの力を使って、イーヴィル・テイルを探し当ててしまうとはすごいです。
一体、どんな特別製なんだ??、あのスリッパは??
最初は響子さんも疑っていたものの、途中からは信じってしまうとは……。これから何かしらの発掘にでも出かける時には、亜樹子を引っ張っていくんだろうなぁと思ったり(笑)。

響子さん、当初は琉兵衛様を信じきっていたものの、その正体を知り、襲われてからはかなりの動揺っぷり。
この人はホントにおっかないです(笑)。
戦闘力も半端ないですし、誰に対しても容赦ないですし、絶対に近づいてはダメな人ですよ〜。

その影響は翔太郎にも……。
一度恐怖を覚えると、どんどん精神を蝕んでいくという精紳系の力を持っていたテラー。
特殊体質でない翔太郎は、テラーを前にしては戦えなくなっているとはねぇ〜。
全く身動きもできないとは、これからどうなることやら。

最後、ミックを撃破した翔太郎たちの前に現れた琉兵衛様。
いや〜、ここからの展開にはびっくり。
フィリップくんこと雷人は、12年前に死亡していたとは……。
えっ??、どいうことなんでしょうか??
さっぱり理由が読めないのですが、来週を楽しみに待つといたしましょう。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(3)

仮面ライダーW(ダブル) 第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」

竜さん、大活躍!!

今回は、いつもにも増して竜さんがカッコ良かったですねぇ〜。
冴子さんから、井坂にメモリを渡したのがシュラウドだと聞いて、再び復讐の鬼になりかけてしまった彼。
いきなりシュライドさんに斬りかかりましたからねぇ〜。
すでに達成した?と思っていたのに、真犯人が出てこればこうなってしまうのは仕方ないか??

しっかし、何気に驚いたのがシュラウドさんの戦闘力。
アクセルと互角の戦いを繰り広げるとは、あの細身の割りにはすごいです!!
ここらは、さすが園咲家の出身ってなところですかねぇ〜。

その戦い乱入してきたのが、若菜さん。
シュラウドさんに容赦ない攻撃をしかけ、彼女が竜さんには自分およびフィリップ君の母であることを告白しちゃいました。
この展開は予想してましたけどね。ここに来て、ようやくだなぁと思ったりしました。

ひと段落したところで、翔太郎のところへ行ってみると、みゆちゃんのお母さん、復讐のために今度は久美ちゃんのことをおばあちゃんにしちゃうとは……。
竜さんも言ってましたけど、最低です。
大人として親としてあるまじき行為。寄り添いながら泣いている子供たちが目の前にいるというのに、竜さんに言われるまで全く気が付いてないとはちと情けないですわ。

いや〜、それにしても2人を許してくれるように乱入してきたおっちゃんがカッコ良かったです。
「親の子供に対する気持ちは理屈ではない。もともとは“愛”なんですよ」ってなひと言はしびれました。
たったひと言の登場だったけど、今回の影の立役者は間違いなく彼ですね。

その後、フィリップ君を引き連れ、再びシュラウドさんのところを訪れた竜さん。
シュラウドさんの行動が親子愛から来るものだからと彼女を許し、さらに自分たちの力を証明すると言い放つとは……、男前すぎる!!

その後は、オールドのところへ直行し、一人奮闘していた翔太郎と合流。やつを一気に撃破。
翔太郎がおじいちゃんでしたからね、ちとキツイ戦いでしたな。
竜さんの気合いに後押しされながらですが、よく頑張ったと思います。

最後は、竜さん、シュラウドを前に流兵衛様を倒すことを宣言。
いや〜、今回は竜さんがいいところどり。
もう完全に翔太郎を超えたのでは?と思えなくもないです。

で、竜さんの家族についての井坂の行動は、シュラウドさんにとっても予想外のことだったようで。
やっぱり井坂は変態だったんだなぁと今更ながらに再自覚(笑)。

ついに園咲家との戦い、さらに財団Xも本格始動。
これからはもう目が離せませんね。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(3)

仮面ライダーW(ダブル) 第43話「Oの連鎖/老人探偵」

老人探偵&ライダー参上!!

オールドの年をとらせてしまうという能力は、また厄介な代物ですねぇ〜。
特殊体質?な竜さんやフィリップくんは助かったものの、翔太郎がやつの餌食に!!
ちょっと時間がたった後、お爺さんになっちゃいました(笑)。
まるで浦島太郎状態。若者から、いきなり年寄りになるとはさすがに嫌すぎるです。

その後、オールドと対峙するために変身してみた翔太郎爺さんですが、案の定、途中でバテちゃいました。
ってか、手が震えすぎなために、メモリを差し込むのも大変そうだったし……。変身するのもひと苦労です。
過去に響鬼でヒビキさんというおっさんライダーが登場したことがありますが、年をとってしまった翔太郎爺さん、その比じゃないです(笑)。
いや〜、いくらなんでも彼に戦いを強いるのは酷というもの。
ってか、激しい戦闘に参加させるて、軽い老人虐待では??

さて、そんな翔太郎爺さんがインパクトが大だったとはいえ、ことの発端である依頼主とシュラウドさんの件もこれまた修羅場。

みゆちゃんをおばあちゃんにしてしまった犯人は、友人の久美ちゃんの母親・光子さん。
自分の娘が主役になれないということからくる嫉妬心から、良からぬ手段に出ちゃったみたいですな。
気持ちはわかりますけど……、ズルはいけないッスよ。
親というよりも大人としてやってはいけないことだと思います。お子さんのためにならないし、何よりお子さんが悲しむんじゃないだろうか……。

しっかし、真相がバレてからの現場が修羅場すぎる(笑)。
亜樹子が一人奮闘していましたけど、あの状況、彼女一人の力では収集不可能です。
早く誰が助けに行ってあげないと!!

で、シュラウドさんの件については、状況がかなり進行。
どうやら、竜さんの家族殺害についての一件の黒幕だったようで。
井坂にメモリを渡したのは彼女でした。
彼女、当然というか、園咲家とも関係しているでしょうし、こりゃ相当ヤバイ経緯がありそうな気がする……。
いや〜、早く明らかになってほしいですわ。

さらに、またもや翔太郎外しを画策。
ダブルの最強形態に変身し、オールドを倒すことを進言してきました。
彼女もしつこいですねぇ〜。
翔太郎とフィリップ君の友情は無敵ですよ〜。
とは言っても、翔太郎爺さんには酷な戦いとなるかもですが……(笑)。がんばってもらうしかないです。

どうでもいいことだけど、風都って、占い師30人以上も町をうろついているって……。
正直、嫌なんですが(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(5)

仮面ライダーW(ダブル) 第42話「Jの迷宮/ダイヤモンドは傷ついて」

上杉……、このヤロ!!

今回の一件、黒幕は上杉だったようで。
自分の計画の実行のために、泪さんの好きな智さん宝石に変えることで彼女を利用していたみたいです。
いや〜、刃さんじゃないけど、私も完璧に騙されてました(笑)。

しかし、黒幕の上杉、正体がバレるなり豹変っぷりはすごかった。
何が「ぼくは、完璧主義者なんだよ!!愛せば愛すほど、その不完全さが目につく。それが次第に我慢できなくなる」だ??
口封じのために泪さんを抹殺しようとするわ、一人トンズラしようとするわ、男の風上にも置けない所業の数々。
ホンットに最低野郎だな、こいつ。
過去に湯島という結婚詐欺師をやっていた最低野郎がいましたが(11、12話に登場)、こいつはそれに匹敵するぐらい最低です。

翔太郎の推理ショーと、その証人・泪さんの登場の後は即おしおきタイムへ突入も、相変わらず硬いジュエル・ドーパントの前に大苦戦。
が、それも最初だけ……。
すでに星の本棚にて対処法を見つけ出していたフィリップ君によって、早々にぶっ倒されました(笑)。
最後はあれこれと語っていましたが、自業自得、弁解の余地なし。刑務所に入って、出直してください。

っと、忘れちゃいけないのが、この状況を作り出すきっかけを作ってくれた刃さんの存在。
昔、荒れまくっていた頃、彼についたウソ。
あまりに騙され上手な彼に共感し、大きな借りがあったことで、刃さんを片付けられなかったことが、突破口になりました。
うむ、さすがは刃さんですな(笑)。あの人柄は確かに惹かれちゃうかも、かも、かも。

どうでもいいけど、マッキーさん、これまた豹変しすぎ!!
刃さんが無罪放免となった途端に、いつもの……いやいつも以上の丁寧な態度になってました(笑)。
刃さん、特にお咎めなしですか??
ちょっと甘やかしすぎではないかと思ったりしなくもないです。

そういえば、フィリップ君、シンクロ率の低い自分の体を利用するとはさすがでした。
とはいえ、星の本棚を自由に使えなくなり、ちょっと不便になってきましたな。
本棚に入ると若菜さんにバレちゃうみたいだし、これは大幅な戦力ダウンではないでしょうかねぇ〜。

来週は、いよいよシュラウドさんが本格参戦。
最終回に向けて、もう目が離せない展開がつづきそうですね。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

仮面ライダーW(ダブル) 第41話「Jの迷宮/猟奇的な悪女」

ダイヤモンド硬ぇ〜!!

今回の依頼人は、何と宝石泥棒の疑いをかけられてしまった刃野さん!!
いや〜、彼らしいというか、マヌケですねぇ〜。
人のいい彼ならハメられてしまうなんてことは、実際ありそうですよ。
UFOを信じていたという翔太郎の話からも、その証拠の1つ。この事例は、さすがに人が良すぎですが(笑)。

しっかし、そんな刃野さんの罪を信じて疑わないのがマッキーさん。
彼……、最低です!!
仲間だからといって態度を変えないのは警察としてはいいことだと思いますけど、相手の意見を全く聞き耳持たずな態度はいただけない。
で、尋問しながらかき氷をがっついていたし……、犯人を追いかけるときは恒例のごとく気絶してたし……。
これは問題解決の暁には、ちとお灸をすえてやる必要があるかも、かも、かも。

さて、刃野さんをハメ、さらに若者をダイヤモンドに変えていた犯人は城島泪。
元刃野さんのお知り合いだったということにはびっくりでしたけど、これがまた微妙な三角関係の末路だったようで。
潜入したクラブ先で知り合った上杉さんは、犯人の泪さん、さらに智とは若いころからの親友。
が、上杉さん、智さんが泪さんを好きなこと知ってしまい、肝心の泪さんには好かれていたものの、智さんの気持ちをくんで泪さんをふってしまったらしい。
こりゃ、難しいわ。キバでは、ドロドロ三角関係を演じたこともありますし、この手の問題をうまいこと解決する手立てってあるんだろうか……。

犯人を突き止めた翔太郎は、2度に渡って泪さんに勝負を挑むも完敗。
ダイヤモンドと同等の硬度を誇るジュエル・ドーパント。
デカイこと言うだけあって、想像以上に硬いです(笑)。
エクストリームの必殺技を受けても無傷でしたからねぇ〜。
これは、来週も相当に手こずりそうです。

さてさて、園咲家では若菜さんが、エクストリームの力をコントロールしつつあるようで。
星の本棚にも侵入してきました。
フィリップ君、かなりの動揺っぷり。でも、星の本棚が使いにくくなると、相当な痛手ですよ〜。心配です。

一方で、またまた追い込まれてしまった感のある冴子さん。
こちらは、もう痛々しい限り。
いっそうのこと、刑務所にでも入ったほうがマシなような……。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(4)

仮面ライダーW(ダブル) 第40話「Gの可能性/あなたが許せない」

何やら、どんどん騒がしくなってきましたな。

まずは、何と言っても亜樹P。
相変わらずダンマリで、さらに若菜さんのパワーアップにまで協力してしまった透くんとこちらも暴走している感のある若菜さんに説教をかますとは……(笑)。
全く怖いもの知らずといいますか、何というか、すさまじい度胸ですねぇ〜。

が、透くんのあいさんへの気持ちを活気させるためとはいえ、竜さんにキスシーンを迫るとは笑いました。
いきなり、そんなシーンとか無理に決まっているでしょうが(笑)。
この発想、さすがは亜樹Pですな。
竜さんは竜さんで本気で悩んでいたみたいだし…、可哀想でした。

透くんについて。
亜樹Pの説教のおかげで覚醒したようで、とりあえずは良かったかな。
とは言っても、あいさんに伝えたかったのは、愛の告白じゃなくて、「イメージが違う。明るすぎるんだよ。ジェシカはもっとダークなイメージ」って……。
おいおい、そんなことだったのか??
あれで意外とこだわりがあるんだなぁと思ったり。

って、亜樹Pがマジでピンチだというのに、こんなこと伝えている場合か??
先に伝えることがあったような気がしないでもないです。

さてさて、最後は園咲家の面々について。
若菜さん、流兵衛さんから受け取ったものとジーンのメモリの力を使って融合させパワーアップ、クレイドールエクストリームへっと。
すさまじい戦闘力でしたねぇ〜。
ダブルエクストリームでも、守備に徹することで何とか乗り切ることができただけ……。
この後に及んで、さらなるパワーアップもないだろうし、若菜さん自身を説得するしか攻略の道はないような気がいたします。

そして、最後にまたまた追い込まれてしまった冴子さん。
Rナスカになって力を誇ったのも、ホントに束の間のことでしたねぇ〜。
まだまだあきらめてはいない感じでしたけど、どうなることやら。
彼女、悪女ではあるけど、最愛の人・井坂とは死別し、お父様にも目をかけられていなかったという実に可哀想な存在。個人的には、出来る限り寛大な結果を希望したいです。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)