ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

ONE PIECE 第580話「灼熱の戦い!ルフィVS巨大竜!」

今回は、ルフィがドラゴンを撃破するというお話。

いきなり登場したドラゴンにびっくりしたルフィたち。
一応、ワンピースの世界でもドラゴンは空想上の生き物になっているんですね〜。
とはいえ、そこは何でもありのワンピース。もう、この程度では驚きません(笑)。

火を吹きながら突撃してくるドラゴンと対峙することになったルフィたちですが、その強力な攻撃と固い皮膚に思わぬ苦戦。
ゾロの一撃に耐えたのはびっくりでしたね〜。
これだけ固いんじゃ、ルフィの拳程度では……とても倒せそうにないです。

さらに空からの容赦ない攻撃……ってこれはキツイ(笑)。
これは、ホントに逃げ場がない感じでしたからね〜。
そんな中、ドラゴンがしゃべった時には、その声のイケメンっぷりの方に若干驚いたもの。
あの凶暴な面構なのに、あの美声はギャップがありすぎです。

すると、何とルフィは、ドラゴンの背中に埋まっている人を発見。
おいおい、どうしてこんなことになったのやら……。
まぁ、犯人は存じ上げているのですが、全くヒドイことをしなさるな〜と(笑)。

ルフィ、ドラゴンに振り回されていた感があったものの、本気モードになるなりあっさりと撃破(笑)。
ゾロ、容赦なく首を切り落としてしまうとは……もう少し遠慮してあげてくださいよ。
首が切り落とされたその姿は、さすがに不憫でした!!

さてさて、その頃、サニー号での待機組は暑さで悶絶している最中、何者かに襲撃され、催涙ガスでみんな眠らされてしまうことに。
それにしても、強力なガスですね〜。
サンジまでもが眠らされてしまうとは……ちょっと油断していた感じも否めないな〜と思います。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)

ONE PIECE 第579話「上陸!燃える島パンクハザード」

今回は、ルフィがパンクハザードへと上陸するというお話でした。

新世界を突き進むルフィ一味がまず発見したのは燃え盛る島で、ルフィの船長命令で上陸をすることに。
ナミやウソップ、チョッパーは全力で反対してましたけど。
まぁ、あの光景……ルフィが興味を示さないわけないですからね〜、ちょっとぐらい反対したところで無駄でしょう(笑)。

そんな中、どこぞかから緊急信号の知らせがあり、ルフィがでんでん虫をとって応答。
ロビンが反対していたのに……人の話を全く聞いてないですな(笑)。
それにしても、涙を流していたでんでん虫が微妙に可愛かった!!、いや〜、あんなわかりやすい反応するんですね〜。

電話から「助けてくれ、仲間が次々に斬られていく。寒い」とのSOSを受け取ったルフィは、早速目の前の燃え盛る島・パンクハザードに向かうことに。
その、上陸には電話口から“侍”の言葉を聞いたゾロもついていくことに。
侍で思い出すのはやっぱリューマでしょうね。当時のゾロと互角の戦いを演じたツワモノでしたが、和の国ってのはそんなに強い剣豪がいるのか……。
ゾロは、いつか絶対に行くんだろうな〜と思ったり。

くじ引きにより、島に行くのは、ルフィ、ゾロ、ロビン、ウソップの4人に決定。
ウソップ、まさかのハズレ……いやアタリくじ(笑)。
まぁ、他の人に変わってもらいたいところですが、上陸組はルフィとゾロがいますからね〜。戦力の分散を考えると、これが妥当な判断か?かもです。

さて、同じくこのSOS信号を受け取っていたスモーカー率いる部隊も、何かしらの不穏な空気を察知し上陸してみることに。
何かしらの事件によって立ち入り禁止になっているみたいですが……。
まぁ、スモーカーも今では中将ですからね。上層部からモノ言いがついても、何とかなるでしょう!!

ナミが作ってくれた即席のミルキーロードを通って、ミニメリーでパンクハザードへと向かったルフィたち。
もう、初っ端から弁当を食べているとは……しかも、ゾロやロビンまで(笑)。
完全な遠足気分ですね〜。
上陸後、“立ち入り禁止”の門を斬り捨て、門の中へと入っていったルフィたち。
すぐに服を脱ぎ捨てていましたが……、周りは燃え盛っているわけですからね〜。
これは、相当に暑そうです。まぁ、インペルダウンの灼熱地獄に比べればマシかもしれませんけども(笑)。

助けを求めていた人を探し回っていたところ、町の後らしきものを発見するも人の姿はなし。
が、そこに大きなドラゴンが出てくるからびっくり。
この世界でもドラゴンは空想上の動物になっているのか……。オリジナルで、ドラゴンが出てきたことありましたけどね(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第578話「Zの野望編 ルフィVSシューゾ!」

今回は、NEO海軍のシューゾを撃破するというお話でした。

魚雷と称して潜水艦自ら突っ込んでくる海兵たちに驚愕しつつ、ルフィはシューゾとの再戦へ。
シューゾ、ギア2のルフィと互角に戦い、さらに覇気を纏った攻撃まで耐えるとは……ここまで強いとは思ってなかったです。
しかも、極めつけはアルパカチーノの覇気を纏った砲撃!
いや〜、アルパカさん、地味に強い(笑)。

リリーがウソップに頼んでシューゾの体の中に入る作戦も失敗し、ルフィの中に入ってしまうも、これがキッカケになりルフィは巨大化。
一気に力技でシューゾを撃破しちゃいました!!
むちゃくちゃな荒技でしたね〜。さすがに、あのデカさになってのギア2による攻撃には耐えられなかったな(笑)。

その後、食料を確保しつつ、火山のある島に行き、パンズフライさんお手製の天国料理を確保!!
これが一番の目的でしたからね〜。
でも、ホントにおいしそうだった天国料理!!、ボリュームもある感じでしたしね、さすがは新世界に名をはせる料理人といったところです。

一方で、シューゾさんはモモンガ中将に捕まりインペルダウン送りに。
モモンガさん、何気にパンズフライさんにビブルカードをくっつけていたようで(笑)。
何だかかんだで、シューゾさんとの戦いでもほとんどダメージを喰らってなかったみたいだし、やっぱりそれなりの達人です、彼は。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第577話「Zの野望編 決死の大脱出作戦!」

今回は、ネオ海軍のシューゾから逃げるというお話でした。

シューゾを相手に戦いを繰り広げはじめたルフィ。
こいつ、口先だけか?と思っていたものの、ルフィのギア2の攻撃に楽々と耐えるとは……何気にびっくり。
スピードにも付いて来ていましたしね〜。雑魚だとばかり思っていたことは誤らねばです(笑)。

そんな状況の変化に頭を悩ましていたナミは、空模様の変化から「トラストアップストリーム」がやってくるから、それを利用して逃げることを提案。
このナミの作戦にびっくりしていたのは、ウソップ&チョッパーの2人。リアクションは相変わらず冴えていましたねぇ。

ナミから「逃げる」との指示が出るなり、全力でシューゾ&モモンガを振り切る態勢になたルフィ&ゾロの2人。
武装食の覇気を使ってフルパワーなルフィと、こちらも斬劇でモモンガを吹っ飛ばして見せたゾロ。
いや〜、それにしても敵方の2人が強い。ルフィとゾロが完全に息が上がっていたのに、敵さんはそれが全く乱れていませんでしたからね〜。このまま戦っていたら、ひょっとして……ヤバかったかも。

トラストアップストリームを使って、無事に戦場から離脱した麦わら一味。
どんなものかと思っていたトラストアップストリームですが、ノックアップストリームよりはかなり小さい代物でしたね〜。
しかし、この動きを見事に読み切ったナミさん、やっぱりさすがです。

戦場に残されたシューゾは、モモンガと対峙しつつ、アインとの戦いを回想。
シューゾ、ほぼ互角の戦いを繰り広げ、体力面では圧倒的に勝っていたものの、頭脳が足りなかった感じでしょうか?
アインの能力を知らなかったとはいえ、あのまま突っ込むとはね〜。こんなことではZ様の直属にはなれないでしょう(笑)。

さて、戦場から離脱した麦わら一味は岩礁近くで一服。パンズフライさんも天国料理を作ってくれることになり、これはうれしいです。
しかし、あの吹っ飛んでいた最終に食料を回収していたリリーの食い意地の張っていること(笑)。
ゾロのために?、酒までゲットしてくれるとはホントにお見事としか言いようがありません!!

ところが、麦わら一味にシューゾの部隊が接近。ネオ海軍の兵隊さんたち、自ら魚雷になって突っ込むとは……勇ましいですね〜。
まぁ、現在の海軍も、あの赤犬が元帥なので、これくらいのことはやってくるかもしれませんが(笑)。
それにしても、敵は水中……戦いにくそうですね〜。どうするつもりやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第576話「Zの野望編 謎の最強軍団登場!」

今回は、パンズフライの救出作戦を決行するも、NEO海軍のシューゾも乱入してくるというお話でした。

パンズフライを護送している軍艦を発見したルフィたちは、ナミの指示で陽動組と救出組に分かれてパンズフライを救出することに。
ルフィは正面突破を望んていたみたいですけど、ナミが見事に一蹴したシーンは笑いました。
ナミ、ゴムゴムの実の能力者のルフィにダメージを与える拳って……(笑)。いつの間にか覇気を使いこなしてしまっていますな。

早速、行動開始となったものの、当初陽動組だったはずのルフィは、面白そうじゃないからという理由で救出組に乱入!
最初からシャーク号に乗り込んでいたみたいだし……ナミも迂闊だったかな〜(笑)。
まぁ、陽動組では暴れるようなことはないだろうし、ルフィなら我慢できないでしょうね〜。

幽体離脱したブルックを筆頭に軍艦の陽動にかかったブルック&チョッパー&ロビンの3人。
ブルック、「幽霊じゃない」と主張してましたけど、思いっきり幽霊だって(笑)。
この主張には完全に無理があるかと思います。

救出組も無事にパンズフライの鎖を解くことに成功したものの、ルフィがパンズフライの顔を観て一服していたところにモモンガが登場。
いや〜、モモンガ、また損な役が回ってきましたね〜。
ハンコックの時もそうでしたけど、いっつもこんな役回りばかりでちょっと可哀想なくらい。
さて、ゾロ相手にどこまで戦えるのか……ちょっと見てみたかった!!

そんな中、突然、軍艦が砲撃され、NEO海軍のシューゾが乱入。
砲撃しているのがヒツジさんだったのがびっくり。
悪魔の実の能力者でしょうかね〜。シューゾがZのことを口走ってしまった時に固まっていたり、サンジの手配書を掲げてみたりしたところもよかった。

シューゾの目的は腑抜けてしまった現在の海軍に変わって、パンズフライを始末すること。
モモンガさん、さすがにこれには反論し、パンズフライへの攻撃を阻止、彼を守る形に!
思わぬ形で共闘してしまった形でしょうか??
シューゾ、どれほどの実力者か?わかりませんけど、この面子を相手に戦うのは……圧倒的に不利だと思う(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第575話「Zの野望編 小さな巨人リリー!」

今回は、巨人族のリリーと遭遇するというお話でした。

ようやく新世界へと到着したルフィたちですが、出迎えてくれたのはたっくさんの軍艦。
が、これはたんなる蜃気楼……。
いや〜、この不機嫌海域、超特大の雨粒や雪、あげくの果てに海が真っ二つに割れちゃうって……凄すぎる(笑)。

真っ二つに割れた海からクード・バーストで脱出したものの、今度は食料が次々と消えるという怪事件が発生。
カルパッチョがなくなっていた時のサンジのリアクションが……(笑)。
それにしても、せっかくの深海魚がなくなってしまったのは残念だっただろうな〜。特にルフィにとってはこれ以上ない悲報ではないでしょうか??

犯人らしき小人?のような女の子を発見したルフィたちは、やや苦労しつつも彼女を捕まえることに成功。
さすがに、あのサイズでは……難しかったな(笑)。
思わず本気モードになってしまっていたみんなが実に面白かったです!!

意識が戻ったところで、謎の少女リリーから事情聴取開始。
ミニミニの実の能力者で、巨人族だという彼女。父親はというと、新世界一の海賊料理人パンズフライ。海軍や海賊から食料を奪っては、貧しい人に振る舞っているうちに、3億を超える賞金首になってしまったらしい……。
なるほど、巨人族ならあの食欲は納得ですね〜(笑)。

が、その父親のパンズフライ、2週間ほど前に行方知れずになってしまい探し回っていると、海軍に捕まりインペルダウンに収容されるということが決定してしまったという残念な情報が。
リリー、父親を助けようという意志の勇ましいこと。
まぁ、インペルダウン送りにされてしまったら、ほぼ脱出は絶望だからな〜。今もマゼランが守護しているなら、相当にヤバイです(笑)。

そんなリリーの話を聞いて、ルフィたちが他って置くはずもなく、彼女の父親救出を助けることに。
たまたま通りかかる軍艦を襲撃して助けるわけですか……。
それなりのツワモノが乗っているんでしょうが、今のルフィたちを止めたいなら大将クラスを持ってこないと無理でしょうな(笑)。

その頃、同じくパンズフライの命を狙って謎の潜水艦艦長のシューゾというやつの姿もあり。
アインとZの片腕をかけて口論していましたが、なかなか強そうな感じ。
劇場版の敵さんの幹部?だけに、それなりの曲者でしょう。どんな能力を持っているか楽しみで〜す!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第574話「新世界へ!最強の海をめざして」

今回は、ルフィたちがいよいよ新世界の海へと突入するというお話でした。

順調に新世界へと浮上していたルフィたちですが、サンジ&ブルックだけは覗きの容疑によりナミのカミナリが直撃(笑)。
いや〜、思いっきり覗いていましたからね〜。
サンジもブルックも自業自得ですな。ナミもそれなりにパワーアップしているのでオシオキも強烈。2人も今後は余計なことは止めておいた方が無難かと(笑)。

一方で、ルフィたちは深海魚の捕獲に奮闘中。
深海魚……、何ともグロテスクな感じのやつが多かったですがホントにおいしいんでしょうかね〜??
結局はルフィの一存におり、おっさん面の人面魚を捕まえましたが、正直おいしくなさそうでした(笑)。

ところが、魚を引きずっていたことで、次々に巨大魚が来襲、最後は超巨大な魚が食いつく事態に!!
むちゃくちゃデカい魚が食いついたものですな(笑)。
サニー号、思いっきり引きずられていたじゃないですか??、ナミがいたら、こんなことにはならなかっただろうにな〜。

すると、今度はホワイトストロームなる巨大な渦に巻き込まれてしまうというから大変。
ナミが駆け付けた時にはすでに手遅れ(笑)。
たった10分、目を離しただけだったのに、この惨事とは……さすがは麦わら海賊団。
ナミ、入浴中は「すぐに戻るから大丈夫」と思っていたけど、ルフィたちを完全にナメていたような気がしてならないです。

渦に巻き込まれてしまい、どうなるか?と思ったら、気が付いてみると、目の前には何とアイランドクジラの群れが。
いや〜、あの額の傷と言い、私も最初は「ラブーンか?」と勘違いしちゃいましたね〜。
これを見て、当然のごとくブルックが発狂。
まぁ、結局はクジラ違いでしたけど……、親族に会えた?かもしれないのでよかったように思うです(笑)。

その後は、アイランドクジラの作り出す海流に乗ながら、ブルックの演奏する音楽を聴きながら、新世界の海へと到達。
海から飛び出る時のカウントダウンのシーンはよかったですね〜。
この2年間の苦労のシーンも合わせての演出もかなりよかったんじゃないかと思います!!

しかし、到着した新世界、真っ青な空が広がる海ではなく、雷が鳴り響く荒れ放題の海。さらに、ルフィたちの前には海軍の軍艦がお出迎え……。
新世界に突入、早々、大物と戦うことになるとはルフィたちも想像していなかったんじゃないでしょうか??
まぁ、結局のところ、パワーアップしたルフィたちの相手ではありませんでしたが(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第573話「ついに出航!さよなら魚人島」

今回は、いよいよ新世界に向かって船出するというお話。

ルフィの見送りに行きたいという人魚たちを送り出しつつも、割れた水晶玉を見て、ケイミーに「もう占いはしない」を宣言したマダム・シャーリー。
とはいえ、今まで外れたことのない占いに「麦わらが魚人島を滅ぼす」という結果がでてしまったことをかなり気にしているようで。
いや〜、また伏線でしょうかね〜。個人的には近い将来……な気がしてならないです!!

出航の際に、別れを惜しんで涙していたしらほし姫。
結局、最後まで泣き虫のまま……でしたね〜。

しかし、しらほしに愛のオーラを送っていたサンジに対し、「いい提案、ここに残れ、鼻血ブー」と言っていたゾロが面白い!!
いや〜、サンジは「マリモ」と言って切れていたけど、鼻血の件はウソじゃないからな〜。一時は出血多量で死にかけたぐらいだし……。この先もずっと言われ続けるんでしょうね、今回の失態は(笑)。

ビック・マムに送った財宝の中に、爆弾が混じっていたことをこそこそを話していたネプチューン王と右大臣の2人。
いや〜、この事実を知ったら、ウソップやチョッパーは気を失いそうな気はしますけどね〜。
本当のことを知らないと余計に話がこじれたりしそうなので、素直に事実を教えておいた方がいいんじゃないでしょうか??

そして、出発直前、左大臣から3つの針のついたログポースをもらったナミ。
この先はログが感知する島の地場が安定していない島も存在するようで。
なるほど、それでルーキーたちは次々にヒドイ目にあっていたわけですね〜。彼らは今、どうなっているのか知る由もありませんけども(笑)。

危険な島ほど針の振れ幅が大きいログ……とこの話をきっちり聞いていたルフィによって一番危険であろう島に行くことが決定?
いや〜、完全な失敗でしたね〜(笑)。
ウソップやチョッパーはますます意気消沈してましたけど……、ルフィは言い出したら聞く耳持たずなんで、あきらめるしかないかと。

出航の現場にはジンベイも顔を出してくれました。
いろんな意味でルフィには、これ以上ない信頼を置くキャラクターの一人であるジンベイ。
いずれは仲間になることを約束してくれましたが、早く一味にくわわってほしいですわ。もはや力づくでもルフィを止められるのは、彼ぐらいな気もするので(笑)。

いよいよ、魚人島のメンバーに見送られつつ出航。
ブルック、忘れられているか?と思っていましたけど、そんなことはなくてひと安心でしたね〜。
個人的には完全に忘れられていた?と思っていたので、意外な展開ではありましたが(笑)。
それから、サンジはこの楽園から去らないといけないので、かなり名残惜しそうでしたね〜。ホントにこのまま残ってもよかったんじゃ……。

最後はしらほしと「いつか地上の海を散歩する」という約束を、海賊団一同と交わしつつお別れ。
みんな指きりを結んでくれたシーンが印象的。
アラバスタ編を彷彿とさせるシーンだったけど、やっぱり本家には……敵わないかな(笑)。

そして、最後はOPに乗せてつつ、新世界へ夢をはせるルフィを眺めつつおしまい。
シャンクスと出会ってから、エースの死までホントに長い旅……。しかし、これで折り返し地点って……(笑)。
こりゃ、ワンピース、最終回まであと10年ぐらいはかかりそうですな。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第572話「前途多難 新世界に待ち受ける罠」

今回は、新世界の入り口にでスモーカーが待ち受けているということがわかるというお話。

ネプチューン王にビックマムの傘下から外れようと思っているとの気持ちを報告していたジンベイ。
「新世界では四皇の下につくのがいい」と言っていたものの、ルフィのことを見て考えが変わったんでしょうかね〜。
まぁ、国王も同意してくれたことですし、彼なら何かしら考えがあってのことでしょう。良識のあるやつだけに、ルフィのように無茶をする心配もありませんしね(笑)。
非常に重要なキャラクターだけに、今後の動向も注目です!!

そんな中、以前、宝箱が盗まれてから、爆弾を犯人を捕まえようと爆弾を仕掛けていたということを報告しにやってきた右大臣。
おいおい、またややこしいことしてくれますね〜。
爆弾の量にもよりますけど、その程度のことルフィたちなら何の問題もないと思いますけど……。爆発する前、ルフィやゾロ辺りばぶっ飛ばしたりするはず。

しかし、カリブーから宝を回収しに行ったルフィが帰還、ビックマムに喧嘩を仕掛けて、その使いに宝も渡してしまったと聞くからヤバイ事態(笑)。
いや〜、事態は悪くなる一方ですね〜。
国王じゃないけど、このままビックマムのところに爆弾が届いたりしたら、敵さん、間違いなく宣誓布告と受け取りです。ホントに何とか回避せねば……だと思います。

それにしても、宝が持ち帰らなかった時のナミの雷が……怖かったですね〜。
特大の雷の前にルフィ&ゾロ&サンジも撃沈(笑)。
ナミのお金に対する執念や、ホントに恐ろしいであります!!

それからそれから、ルフィたちから宝を奪われてしまったカリブーはというと、ペコムス&タマゴ男爵に挑んで返り討ちに。
カリブー、マジで弱すぎ!!、ロギア系で油断していたのかもですが、一撃粉砕ですからね、情けない(笑)。
対して、ペコムスは見た目以上に強かった!
亀の甲羅を纏う能力も持っているので防御力も高そうですしね〜、のちのち戦う時は苦戦しそうです。

さて、ルフィたちが新世界へ繰り出すための準備をしていた最中のこと、地上ではひと足先に帰還したホーディたちの奴隷になっていた海賊団たちがスモーカーと対峙し返り討ちに。
新世界での最初の大物がスモーカーさんですか……。
今は中将になっていらっしゃるみたいですが、こりゃまた大物が出てきましたね(笑)
すでに覇気を見に付けているだけに、以前ほど苦戦するようなこともないと思いますけど、彼との対決はルフィの成長を試す絶好の機会になりそうですな。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)

ONE PIECE 第571話「お菓子好き!四皇ビッグ・マム」

今回は、ルフィが四皇の一人であるビック・マムに喧嘩を売るというお話でした。

すっかり伸びていたカリブーから財宝を奪ったルフィたち。
しかし、前回も書いたけど、このカリブーってやつ、弱いですね〜。ホントに2億以上の賞金首とは思えないです。
賞金額は強さと比例しないことはわかっていますけど、それにしても海軍は過大評価しすぎたんじゃないでしょうか??

その頃、広場にて、「お菓子がない」ということをビック・マムの使者であるペコムズ&タマゴ男爵という事情を説明していた右大臣。
おっかない相手みたいだけど、凄んだ時のペコムズの目がカワイイ!!

そこに通りかかったルフィたち、事情を知らないから「お菓子を食べた」と言いふらしつつ登場。
それにしても、ペコムスの目のことを笑い飛ばすとは……失礼な(笑)。
わざわざあんなデカいサングラスをかけているぐらいですから、相当気にしているんですよ〜。絶対に謝るべきです!!

タマゴ男爵から事情を聞いたルフィですが、「バカか?、お前は!、お菓子で国が滅んでたまるか!」と一喝。
いや〜、怖いもの知らずですね〜。
相手はあのシャンクスなどと並び評されるビック・マムの使者だというのに……。
まぁ、いつものことですけどね。ゾロやサンジも、この言葉を黙認していましたし(笑)。

その頃、帰還したボビンから魚人島の事情を聞いたビック・マム本人から連絡が。
しかし、ボビンの言葉からするに、ホントにお菓子程度で国を滅ぼしちゃったみたいですね〜。
お金や財宝ではなくお菓子さえ納めればいいわけで、取りようによっては優しい人だと思いますが、相当な変わりものです。

ビック・マムからの電話にベコムス&タマゴ男爵が戸惑っている中、それを取ったのはルフィ!って何と大胆な。
さらに、「お菓子は自分が食べた」と宣言。
彼に興味を示してくれたビック・マムに対し、「俺も用ができた。魚人島はお前に預けられない」との大大大宣言。
いや〜、愉快に微笑みながらナミやウソップ、チョッパーたちとの描写が……(笑)。
新世界に出るなり、いきなり四皇と対峙することになるとは思ってもみないその笑顔が見ていて、可哀想です!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)