ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

Yes!プリキュア5GoGo! 第48話「未来へ!永遠不滅のプリキュア5!」

今回のお話は、ついについにエターナル館長を撃破するってなお話でした。

館長さんの実力は、もう圧倒的なもの。
どうも、彼は価値のあるものとそうでないものをわけ、「価値のあるものについてはすべて自分の手中に・・・」との考えの持ち主でありました。
こりゃ、またずいぶんと強権的な方ですよねぇ。でも、すげー勘違いだと思う。

「奪いそして永遠にそのものを持っていても、新しいものは生み出せない・・・」と訴えたココはですね、私は。
エターナルはそのための奪ったもの保管するためのもの。
うーん、この行動自体は間違いじゃないような気もするなぁ。せっかく、価値のあるものとして感じることができるのに勿体ないですよ。

さらに、ローズが向かっていくも、早々に撃沈。
ヤバい状況に追い込まれるも、そこに突然、メルポから大量のプリキュア宛ての手紙が吹き出してくるとはびっくりしました。
これにプリキュア面々は奮起し、館長の攻撃を5人の力で防ぎ、触れることすらできなかった彼に攻撃することに成功。
館長さん、プライド高すぎ!!

怒り心頭の館長さん、再びプリキュア面々を再び押し返すとは、ホントお強い方ですな。
これに対してプリキュア面々、王様たちの助言され、王冠とパレットの力を借りて、ローズも含めての6人の力を合わせての攻撃。
いつも通りにバラで押しつぶすのか?とも思いましたが、6つのバラはフローラさんの姿に変わり、館長さんを包み込んでしまうとはびっくりでした。

これの攻撃にも耐え切り、さらに攻撃を仕掛けようとする館長さんでしたが、ここでアナコンディさんが出てくるとはマジで驚きましたよ。
道連れですか?、怖い怖い・・・・。

無事に館長さんを撃破し、キュアローズ・ガーデンは元のようにバラが咲き、現実世界も正常に戻ってひと安心。
ミルクは青バラをフローラさんに返そうとするも、彼女からは「それはあなたが育てたものだから返さなくてもいい」と。
いや〜、こういう考え方は好きだなぁ・・・・。彼女は、種まくもので単にキッカケを与え得ただけってことですね。
うん、ホントすばらしい方だと思います。

ところが、そのフローラさん、自分の寿命が近いことを悟り、のぞみさんに自分の後を継いでくれるようにと。
それに対し彼女の答えは・・・・、「門戸を開放し、みんなで」というものでした。
のぞみさんらしい、答えですな。

さて、その後、あれはシロップの力なのかな??、のぞみさんたちはパルミエ王国にも遊びに行っているみたい。
ついでに、りんさんとかれんさんはキュアローズガーデンの管理もやっているようで、あんなにいっぱいあるんですが大丈夫なのかと思ったり。
さらに、ココは世界を旅に、ナッツはそのままナッツハウスっと。前シリーズみたいにお別れか?とも思っていましたが、そうならなくて良かったですよ。

しかし、驚いたのがブンビーさん。
まさか、自分で“ブンビーカンパニー”なるものを作ってしまうとはねぇ。しかも、部下にはカワリーノさんそっくりな方が・・・・、って上司なのに使われているし相変わらず楽しい方です。
仕事が犬の散歩ってことは便利屋みたいなものでしょうが、大企業に成長するのはいつのことやら・・・・。

そんな中、旅に出ていたココさんと最初出会った場所でばったり会ったのぞみさん。
ココ、「命の光を感じたから戻って来た」とのこと。
ナッツハウスへ向かってみると・・・・、フローラさんが残してくれた種が発芽しているから、これはほっとひと安心ですね。
うん、素敵な花が咲くことでしょう、きっと・・・・。

というわけで2期に渡ったプリキュア5も終了いたしました。
初め5人と聞いた時には、多少びっくりしたのを覚えています。
まぁ、このシリーズについては、いくつか不満もあるんですが、十分に楽しめたので良かったと思っています。

やっぱり、うららですよ、うらら。私は、彼女が大好きなんですよねぇ。普段はおバカキャラだけど、いざ夢のことになると人が変わったように必死になるところがいいです。
特に、彼女がシロップに仲間の大切さを教えた18話は良かったなぁ。
あれは、マジで最高でしょ??前シリーズの第11話「のぞみとココの熱気球」に次ぎに良かったと思う。
彼女がオーディションをすっぽかして、みんなのところに走って行く場面は見入ってしまいましたからねぇ。

ってなわけで、おしまいっと。
来週からの新シリーズも楽しみです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(9)

Yes!プリキュア5GoGo! 第47話「気持ちをひとつに!青いバラの奇跡!!」

今回のお話は、プリキュア面々が館長相手に完敗してしまうってなお話でした。

館長さん、石にされてしまったプリキュアをコレクション・ルームに移して、そのままキュアローズ・ガーデンへ直行。
ひとあし先にキュアローズ・ガーデンに向かっていた、ココ&ナッツではありますが、空を飛んでいる館長さんの方が圧倒的に早く、あっという間に抜かれちゃいます。
うーん、何気に人間の姿になって走った方が早いんじゃないの?とか思ったりするんですが・・・・。
神聖な場所だから無理なのかな?

残されたローズはプリキュアたちを救出するためにコレクションルームに行きたいけど、ドアが開けることができず立ち往生。
そんな彼女を助けたのがブンビーさんだったとはねぇ、びっくりでした。
まぁ、ローズは疑っていましたけど・・・・。

キュアローズ・ガーデンのフローラさんのところへ到着した館長さんは、周りに咲いているバラに対し容赦ない攻撃を。
どうも、この世界のバラは現実世界の命そのものっぽいみたい。
なるほどねぇ、館長さんは世界丸ごと手に入れるわけですから、ここに来たかったことも納得です。

ローズとシロップは、石になってしまったプリキュアたちのところへ到着するも、何もできず。
とそこにシロップにみんなからの気持ちがこもった手紙が届き、彼のみんなに対する強い思いにより、プリキュア面々が復活っと。
どうやって、復活するかなぁと思っていましたけど、意外とあっさりと復活しましたな。
しかし、あの蝶の羽は・・・・、あれが青いバラの力ですかね。

協力してくれたブンビーさんにお礼を言って、みんなはキュアローズ・ガーデンへ。
ブンビーさん・・・・、やっぱりこの人はすげーいい人だ!
次期エターナル社長は、彼で決定でしょ?まぁ、商売繁盛できるかどうかは微妙じゃないかと思いますが・・・・。

その頃、キュアローズ・ガーデンではフローラさんを守って、ココ&ナッツが奮闘中。
あっという間に追いつめて、トドメを刺そうとしたところにギリギリでプリキュア面々が到着し、一気に形勢逆転しちゃいます。
あの怒濤の攻撃には圧巻。すごく力入りまくりで、最高に燃えました。

タコ殴りにされた館長さんでしたが、鎧を脱ぎ棄て本来の姿に戻ると、またまた形勢逆転。
館長さん、マジで強すぎません?、ってか、ちょっと反則入っているんじゃないかと思いますな。

プリキュアを一蹴した館長さん。最後は、その力でキュアローズ・ガーデンに対し、容赦ない攻撃を。
この世界は地球ともリンクしているようで、地球そのものがヤバい状況になってしまうとはびっくり。

来週は最終回ですか?
個人的な希望なんですけども、ぜひともローズを活躍させてほしいもんです。
青いバラの力って聞いて期待してましたけど、今回も全くいいとこなし。ってか、もうモブキャラに近い存在になっちゃってますから・・・・。
ドリームとの連携攻撃をもう一度見たいと思っております。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(7)

Yes!プリキュア5GoGo! 第46話「絶体絶命!没収されたプリキュア5!」

今回のお話は、館長がキュアローズ・ガーデンに向かうってなお話でした。

扉の前に立ち塞がったアナコンディさんとの直接対決からのスタートは、いよいよという感じですな。
初っ端から本気を出してきたアナコンディさんでしたけど、あまり派手な変身じゃなかったですねぇ。
もっと、ニョロニョロなのを想像してましたが、こっちの方がいいんじゃないかと思います。

エターナルを首になったブンビーさんがここで登場するとは思いませんでした。
仕事がなくて困っていたところに、ボロボロのムカーディアさんが現れ、館長のところへ連れて行ってあげることに。
で彼は、アナコンディさんの所業について報告するも、その場で瞬殺されちゃうとは・・・・。
アナコディさんよりも、おっかないです。

プリキュア面々とアナコンディさんの方は、プリキュアがやや押され気味。
王冠の力を使ったローズの攻撃をなんなく跳ね返してしまうとは、すごかったですよねぇ。
しかし、自分と似ているといったアナコンディアさんに「戦うのは自分のため」と言った彼女は何ともらしいですなぁと思いました。
さて、ホシイナーを相手にしていた他の面々は苦戦しつつも、シロップの力を借りて相手を撹乱して、5人の同時攻撃によりこれを撃破。

追い込まれてしまった6人相手ではさすがのアナコンディさんも分が悪く、ピンチと思ったら、館長さんがみんなをエターナル本部に強制召集しちゃいます。
もちろん、手紙のことを追及されるアナコンディさんでしたが、全く自分に振り向いてくれないからフローラさんを恨んでいたっぽい。

そして、館長さんから下される「プリキュアをコレクションに」という命令を迷いつつも命がけで実行しちゃうとは彼女は凄かったです。
こうなったら、もう止まりません。ローズ以外は、あっという間に石にされてしまいます。
ただ一人残されたローズでしたけど、あの気魄と尋常じゃない動きの前にはどうすることもできず。
まぁ、彼女の思いを知っていたってのもあるんでしょうけどね。

が、そんなアナコンディさんを無視して、館長はフローラさんのところ行っちゃうとは、これは可哀想ですよ。
彼女は力ずくで止めにかかりましたが、その思いもむなしく最後は彼の手で・・・・。
さすがに、何とも不憫です。

キュアローズ・ガーデンへの扉の前では、ココ&ナッツと他の国の国王たちがフローラさんのところへ。
うん、さすがはドーナツ国王、ここはプリキュアたちも心配だけど、フローラさんの方が優先です。何せ、彼らしかいませんしね。

アナコンディさんを始末した館長さんも、フローラさんのところへ。
手紙の中は、種でしたけど、あれにはどんなメッセージがあるのやら・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(7)

Yes!プリキュア5GoGo! 第45話「キュアローズガーデンの扉現る!」

今回のお話は、キュアローズガーデンへの扉が開くというお話でした。

キュアローズガーデンへ行くこうとするみんなに置いていかれるという夢を見たシロップ。
彼は、キュアローズガーデンへ行き、記憶を完全に取り戻すと、これまでの生活が変わってしまうのではないか?と不安に思っていたわけですな。
そりゃ、記憶を取り戻せば何があるかわかりませんからねぇ、不安になるのも当然じゃないかと思います。

そんな悪い夢から覚めた後に、キッチンへ行くと同じ光景とは・・・・、あれはビビったでしょうねぇ。
文句を言いつつも、ホットケーキ作りを手伝っていると、いきなりローズパクトが光を放ち出すからびっくり。
どうやら、ドーナツ国王が復活したらしく、キュアローズガーデンへの門を開くために他の国の国王を招集することに。

一方、エターナルでは、アナコンディさんが館長さんに「4人目の国王が不在」との報告を行うも、「ローズパクトさえ手に入れば・・・」と逆にお怒りっと。
で、ムカーディアさん、アナコンディさんの隠しているであろう秘密を探るために部屋に侵入し、引きだしからあの手紙を持ち出しちゃいます。
あれは・・・・、アナコンディさんは手紙が持ち出されたことには気がついたんでしょうな、きっと。

ローズパクトから出てきたドーナツ国王の指示で、シロップとミルクが他の国の国王を迎えに行くことになります。
シロップ、かなり不安な気持ちだったんでしょうけど、のぞみさんの笑顔を見てしまっては断れんわな。
みんな彼のために、これまで力を貸してくれたわけですし・・・・。

シロップが出かけると、直後、ムカーディアさんがあの手紙を持って来襲。
って、シロップにその手紙を渡しに来たはずなのに、時間つぶしに攻撃を仕掛けてくるとはかなり迷惑なお話な気がしますよねぇ。
まぁ、プリキュアを倒せばそれはそれで評価でされるのかもですが。

さすがに、王冠やパレットの力を使わないとムカーディアさんが圧倒的に強し。
シロップが戻って来て、ローズも加わって戦うも、やっぱり状況はあまり変わらず。

シロップを捕まえたムカーディアさんは、彼に手紙を見せて尋問開始。
いきなり叫び声をあげたシロップのところへみんな向かうも、ホシイナーの攻撃を受けてしまい身動きが取れなくなっちゃいます。
しかし、必死に彼のところへやって来たドリームがムカーディアさんの手首をつかんだかと思えば、ものすごい力でこれを圧倒したのはびっくり。
この思いに応えたいと思ったシロップも「これまでの生活が変わるかも」という迷いを吹っ切ったようで、完全復活。
うん、みんなが簡単に裏切るはずないですしね。

びっくりしたムカーディアさんは怒濤の攻撃を開始するも、王冠を使ったプリキュア面々の攻撃の前にあっさりと敗北。
手紙の件について、館長さんに報告しようと攻撃からの逃亡を図ったわけですが、アナコンディさんにより動けなくなってしまうとは、何気に不憫なこと。
ってか、アナコンディさん、シビレッタさんの時もそうでしたけど、ホント容赦ないですな。怖い怖い!
そう言えば、王冠はココ&ナッツ、2人ともがゲットできて何気に安心しました。まぁ、予想の範囲内ですが・・・・。

5つの国の王の力とローズパクトを合わせて、出現したキュアローズガーデンへの入口ですが、あそこまでデカイとはびっくりしました。
しかも、湖のど真ん中で船でも使うのか?と思えば、水面まで歩けちゃうとは何気に親切なことと思います。

ところが、最後は門を開けようと思ったところに、アナコンディさんが出現。
こりゃ、手紙の件もありますし、館長さんよりも、やつがラスボスっぽい感じですねぇ。
何か、思いっきり黒い感じしますし・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

Yes!プリキュア5GoGo! 第44話「届け!みんなのプレゼント!」

今回のお話は、そりを奪われたサンタさんの代わりにのぞみさんたちがプレゼントを配ることになるってなお話でした。

クリスマスということで、ナッツハウスでも、綺麗な飾り付けをして、サンタさんの衣装を着ての客引き。
かなりイヤそうな顔をしていたナッツですが、うーん、あれはいくら仕事とは言えちょっとねぇ。好き嫌いが、はっきりと別れることと思います。

そんな中、突然、メルポから大量のプレゼントとその届け先のリストが出てきて、みんなで配達することになっちゃいます。
ってか、配達するんだったら、別にあの衣装を着る必要ないと思うんですけど・・・・。
昼間にやってくるサンタさんにびっくりな子供たちではありましたが、あんな恰好してプレゼント持って来てくれたらみんな喜びますよ、きっと。

エターナルでは、ムカーディアさんがアナコンディさんの作成した資料を勝手に閲覧。
そこに本人がやって来るから大変っと。いくらなんでも、勝手に見ちゃいけないですよねぇ、気になるのはわかりますが・・・・。

配達の途中で、うららさんとシロップさんのペアが熱で倒れてしまっているおじさんを見つけて、とりあえずナッツハウスへ。
運び屋としてお説教しちゃttシロップさんでしたけど、まさか世界最高の運び屋だと思わんかったことでしょうな。
あの年で、あの薄着・・・・。そりゃ、風邪も引くんじゃないかと。

おじさんをナッツハウスに運んでから、かれんさんとくるみさんたちで介抱をしてあげます。
それにしても、くるみさんの的確な指示の出し方は凄かったですよねぇ。
届け先をすべて把握して、誰が運ぶのが一番早いか?ということまで考えているとは見事としか言いようがないと思います。

おじさんが失くしたという、そりを探しに出かけたシロップの前にムカーディアさんが出現。
なるほど、シロップの過去の記憶を掴むことで、アナコンディさんを出し抜こうという作戦。彼も、なかなかの野心家だったですねぇ。
しかし、シロップが運んでいたというフローラさんから館長さん宛の手紙・・・・。どんな内容だったのか、かなり気になります。

シロップが襲われた現場にすぐに駆け付けたのぞみさんたち面々に対しては、ホシイナーを差し向け、ムカーディアさんはシロップを追及。
思いっきり苦しんでいるシロップ。
うん、のぞみさんの言うように、無理やり思い出す必要はないと思います。彼がキュアローズガーデンに行ってからと考えているなら、それが一番ですよ。

王冠の力を使って、一気にホシイナーを撃破したプリキュア面々。
あぁ、ムカーディアさんもそろそろですかねぇ。アナコンディさんの怒りを買ってしまいましたし、かなりヤバいんじゃないかと思います。

ムカーディアさんがホシイナーにしちゃったそりは、あのおじさんの落とし物でした。
ムカーディアさんに襲われ、そりを奪われて、路頭に迷っていたというわけ。
それにしても、落ちている時のサンタさんの妙な慌てっぷりが微妙に可愛かったです。

実は本物のサンタさんだった彼を見送りつつ、おしまいっと。
しかし、のぞみさんとうららさん、彼がそりで宙に浮かんでも彼の正体に気がつかないとはねぇ、彼女たちらしくて良かった思います。
最後は、ケーキを買い忘れていて、びっくりなのぞみさんでしたが、サンタさんからケーキの差し入れがあってひと安心。

もう終盤ですけど、シロップが運んでいた手紙の内容が気になります。
ってか、アナコンディさん、ちゃんと隠し持っているとは・・・・。そんなに館長さんに知られたくない内容なんですかねぇ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

Yes!プリキュア5GoGo! 第43話「恐怖!エターナルの館長!」

今回はいよいよエターナルの館長さんが動き出すってなお話でした。

何やら、フローラさんと因縁があるようなエターナルの館長さん。
彼が、世界中の珍しいものを手に入れようとしているのは、彼女のためだったのかもですね。
でも、フローラさんにはその思いが伝わらなかったっと。まぁ、確かにちょっとねじ曲がった考えをお持ちのようなので、彼女の気持ちはわかるような気がします。

みんなで勉強会を行うも、のぞみさんだけは一人図書館でお勉強っと。
みんなに頼ってばかりではダメという自立心から来る行動。
まぁ、私は頼れるものは頼ってもいいんじゃないかと思うのですが、時には一人でやることも、もちろん大切。

ナッツハウスで勉強中の他のメンバーは、のぞみさんの噂をしつつ、シロップお手製のホットケーキをゴチになっておりました。
シロップ、さすがは毎日おタカさんのところで働いているだけありますねぇ。でも、他のレパートリーがあるか?が微妙に気になったりしますが。

帰宅の道中、校内にあるでっかい木を見つつ、おタカさんとちょっとお話を。
昔は小さかったけど、枝を伸ばして、大きく成長した木。
おタカさんに、「のぞみさんも同じことやっている」と言われるも、彼女は全くその自覚なし。
でも、それを自然にできちゃうのがすごいんですよねぇ。絶対に人にはマネできないものだと思います。

忘れ物を教室に取りに行ったついでに、教壇に立ってみる彼女。
先生のマネをしていた彼女に、「答えられなかったら後でもいい」と一言、アドバイスを。
うん、勉強もできなかったら、助けてくれる周りの仲間に頼るのもぜんぜんありですよ。

そんな中、突然の突風とともに、エターナルの館長さんが登場するからびっくり。
すぐに変身して戦いを挑むも、全く歯が立たず。
さらに、学園を丸ごと消してしまうほどの攻撃力には驚きました。さすが、親玉さんだけはありますな。半端ないです。

他のメンバーも駆けつけ、戦いを挑むも、これまた返り討ちに。
それぞれの能力をコピーして、より強力な技を返してくる攻撃の前に、プリキュア面々、手も足も出ない状況。

フローラさんの認めたプリキュア面々に「お前らに価値があるとは思えん」と言い放つ館長さん。
ドリームは、「価値観を押し付けるのはダメ」との反論を展開。
うーん、これまた難しい問題ですな。
実は、館長さんの「価値観はより強いものが決める」ってな主張は真理じゃないかと思うんですよね。それに、現実は価値観を押し付けるのはことも、力関係によってはありなはず・・・・。
でも、理想はもちろん、ドリームの意見。彼女の意見のような考え方ができる人間が増えることを願いたいものです。

奮起したプリキュア面々は、フルーレを使った攻撃を仕掛けるもこれにも耐え抜く館長さんは、ホントにお強い。
しかし、ミントがドリームにしたアドバイスをきっかけに一気に形勢逆転。
それでも、まだ現場に残っていた館長さんではありましたが、アナコンディさんが出てきて退散っと。
館長さん、確かに強いけど、あんな鎧を着ていることですし、何かしらの問題がるような気もいたします。

エターナルの館長さんの出現に、落ち込み気味のプリキュア面々。
がのぞみさんだけはのん気に、ホットケーキを頬張っているとはねぇ。
まぁ、こまちさんの一言を真に受けているってなことはないかと思いますが、彼女のポジティブさはけっこう好きだったりします。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)

Yes!プリキュア5GoGo! 第42話「こまちの決意とアラビアンナイト」

今回のお話は、プリキュア面々がアラビアンナイトの世界に迷い込んでしまうというお話でした。

冒頭は、いきなりシビレッタさんを脅迫するアナコンディさんの場面からスタート。
まぁ、いくら館長のお気に入りとは言え、こう失敗続きじゃ、さすがにヤバいですかな?
ブンビーさんみたいに地下室送りにされないだけでも、かなり優遇されていますからねぇ、彼女は。

こまちさんは図書館で本を探していると、そこにのぞみさんも登場っと。
図書館にたくさんある本を見つつ、小説家を目指しているこまちさんは、自分の本を手に取ってくれる人がいるのか?と心配になっちゃいます。
でも、そこはさすがのぞみさん、「自分が手に取るから」と。うん、彼女はいつも相手のほしいと思っている言葉を口にしてくれますね。
本人はわかってないけど、すごいことだと思います。

すると、そこにナッツさんが異変を伝えにくると、いきなりアラビアンナイトの世界に入り込んでしまうからびっくり。
さらに、他のプリキュアメンバーも同時に、バラバラにこの世界に迷い込ませたとか。
プリキュアをバラバラにして攻める。ここまではいいんですけどねぇ・・・・。

のぞみさん、うららさん、くるみさん、シロップさんの4人は、アリババと40人盗賊たちの世界へ。
40人もいるシロップ・・・・、怖いです。
続いて、エリマキトカゲ型ホシイナーに追いかけられて、もう大変。

りんさん、かれんさん、ココさんは空飛ぶじゅうたんの上で、こっちも大変。
あの猛スピードで全く操縦が効かないわけですから、怖いですよ。

そんな3人の眼前に、ホシイナーに追いかけられる4人を発見するも、操縦が利かないために助けに行くことができず。
ところが、りんさんが必死に訴えたら、今度は一転してのぞみさんたちのところへ向かってくれるとはびっくりでした。

合流したメンバーは、定員オーバーで落っこちてしまった絨毯を放置して、間一髪のところで洞窟へ逃げ込むことに成功。
しかし、あんな適当な呪文で開くとはねぇ・・・・。
洞窟の中では、道が分かれていて迷ってしまうも、かれんさんの訴えに応えてくれえるとは、本当に親切なこと。

一方で、シビレッタさんと対峙していたこまちさんとナッツさん。
シビレッタさん、「本はたたの道具。私の役に立てばそれでいい」と。
うーん、言っていることは間違ってはいないとは思いますがねぇ。ナッツさんの言うように「その作者の想いを考えつつ」というのは、一歩進んだ考え方じゃないかと思います。

そこにのぞみさんたちがやって来るからびっくり。
アラビアンナイトの物語に込められた思いが、のぞみさんたちの気持ちに応えてくれた結果ではないかとココ。
シビレッタさん、自分が操っていると思っていた本に裏切られてしまうとは皮肉なもんです。

シビレッタさん、今度はランプの妖精型のホシイナーを出現させ、プリキュア面々との戦闘へと突入。
シビレッタさん、やや優勢に戦いを進めるも、本を道具としてしか考えない態度は相変わらず。
さらに、こまちさんに対して、「どう楽しむかは、その人の勝手だ」と精神的攻撃をしかけます。

それを聞いたドリーム、「こまちさんの物語は楽しいから・・・・」と言いつつ、反撃開始。
うーん、確かに楽しいってなことは大切だと思うけど・・・・、どう解釈するかはその人の自由なんで「楽しみ」であっても、押しつけるのはちょっとどうかと思ったり。

ドリームの一言で吹っ切ったプリキュア面々は、一気に形勢逆転。
シビレッタさん、キノコ頭を変形させて、キノコアタックを仕掛けるも、これでもか?ってくらい攻撃されちゃってました。哀れ。
しかし、このシビレッタさんが、館長さんに本を読み聞かせていたとはびっくりでした。
館長さんが、何も反応してくれなかったのが、このひねくれた性格になってしまった原因とわかると、ちょっと可哀想な気もします。

で、フルーレによる攻撃により消滅。
善戦むなしくシビレッタさんも逝ってしまいました。
彼女の部屋は、アナコンディさんがお片付けっと。容赦なく、本をすべて消してしまうとは、やっぱり怖いな、この人は。

最後は、こまちさん、「仲間の大切さ」を伝えるためにも、のぞみさんたちを主人公にした物語を書きたいと一言。
うん、こりゃ、期待できますな。ってか、その作品を見ているわけですが・・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)

Yes!プリキュア5GoGo! 第41話「りんちゃんイケメンとデート!」

今回のお話は、りんちゃんがアクセサリーを身に付ける意味を探そうとするってなお話でした。

新しいアクセサリーのデザインを考えつつ、道でアクセサリーをいっぱい身につけた男性を見かけてびっくりなりんちゃん。
ホント、あれは付け過ぎですよねぇ。

そんな男性の姿を見つつ、りんちゃんは「たくさん付ければおしゃれじゃない」との考えを。
しかし、それを聞いていたナッツさんから、「おしゃれのためだけにつけるものなのか?」とこれは意外な突っ込みが。
ナッツ、相変わらず確信を突いた指摘をしてくれますな。
がのぞみさんは、ケーキのことしか頭になかったようですが・・・・。

アクセサリーをつける意味を考える面々でしたが、よくわからず。
まぁ、普通は見た目を気にしてつけるもんだと思いますがねぇ。

りんちゃんは店のお手伝いをしていると、突然、そこに百井さんが来訪し、ちょっとお茶でもすることになっちゃいます。
もちろん、百井さんの目的は、プリキュア面々の弱手を聞き出すこと。
でも、りんちゃん、ショーウィンドーのアクセサリーや迷子の子供を交番に連れて行ってあげたりと、なかなか本題を切り出せず・・・。
でも、りんちゃん、優しいですよ。さすが、下の子供が2人のいるだけあって、面倒見がいいですよねぇ。

百井さんにもアクセサリーをつける理由を聞いてみるも、「自分に似合うから付けている」というもの。
普通はそうだと思いますな。

カフェに入り、やっと一服できたと思えば、そこにのぞみさんが登場でびっくり。
しかし、りんさんがケーキを食べていると察知するとは、彼女の動物的カンはすご過ぎます。

しかし、注文の品を運んできたのが、ブンビーさんだったとはびっくりでした。
地下室送りを逃れて、こんなところで働いているとはねぇ。意外な登場でしたけど、彼は出てくると必ず面白な展開になります。
ブンビーさんにより、百井さんの正体がバレてしまったから大変。
ムカーディアさん、多少、弁明した気な表情でしたけど、これは逃れられませんよねぇ。
思いっきり、ブンビーさんと面識があることがバレたわけえすから・・・・。

一転して、開き直ったムカーディアさんは、真の姿に変身し、ホシイナーを使って攻撃開始っと。
本性をあらわにした彼は、もう言いたい放題。あれは、腹立だしいと思います。
アクセサリーの質問に絡めて、「ローズパクトは相応しいものが持つべき」と。うーん、これはちょっと違うかな、かな、かな?
理由はともかく、フローラさんがのぞみさんに託したわけですからね。それを勝手に奪おとしてはいかんでしょ、やっぱり。

戦いは、他のメンバーも駆けつけてくれて、無事に勝利。
ムカーディアさん思いっきり、みんなに正体バレましたし、みんなの恨みもスゴそう・・・・。

最後は、冒頭に登場したあのアクセサリーをたくさん付けた男の人と、迷子で交番へ連れて行ってあげた女の子が、ナッツハウスへご来店っと。
まさか、彼が兄様だったとはねぇ、びっくりでした。
なるほど、妹にせがまれては、付けないわけにはいきませんよねぇ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(10)

Yes!プリキュア5GoGo! 第40話「うららの歌声を取り戻せ!」

今回のお話は、うららさんが大切なオーディションに合格するってなお話でした。
やっぱり、私はうららさんに関するエピソードって好きだなぁ。がんばっている彼女は、本当に素敵だと思います。

うららさんのマネージャーである鷲尾さんから、あるオーディションの二次審査に通ったとの連絡が入りびっくり。
何やら、かなり大きな劇場での公演らしく、まだ合格してないとは言え、これはうれしいですな。

エターナルでは、久しぶりにシビレッタさんが登場っと。
アナコンディさんはちょっと嫌らしい言い方でしたけど、まぁ実績がないのは事実ですから仕方がありませんな。

気合い入りまくりのうららさんのところに話を聞くためにやって来たのは、シロップさん。
何やら、今受けているオーディションは、お母さんが最後に演じたミュージカルで、作品も劇場も同じとは、こりゃ、気合いが入るわけです。
「お母さんが見たものと同じ景色が見てみたい!」から・・・・。
それは絶対見てほいいですよ。みんな同様、私も全力でうららさんを応援いたします。

そんなうららさんの歌をみんなで聞こうと思ったら、声が出ないからびっくり。
どうしたの?と思った矢先、いきなり人魚になってしまうとはねぇ。しかも、ココさんはタコ、ナッツさんはフグ、シロップさんはカメですから、こっちは大爆笑でした。
シロップのカメ、似合過ぎでしょ!!!

うららさんの声を奪ったシビレッタさんは、ローズパクトとの交換条件を出してまいります。
うららさん本人は、ローズパクトを渡さないとの立場を示すも、他の面々の意思は「ローズパクトは取られたら取り返せばいい」というもの。
それ自体は、簡単なことではないにしろ、ホント、みんないい友達だと思います。

のぞみさんはシビレッタさんにローズパクトを渡すも、そのままトンズラしようとは・・・、やっぱりこういう展開になるんですな。
が、ここはタコ化したココの墨による攻撃と、シロップさんの素早い反応で何とかローズパクトを取り戻すことに成功。
シロップ、カメとは思えない動きにはびっくりでした。

ヤケクソになったシビレッタさんは、うららさんの声を封印した貝を解き放とうとするも、ココ&ナッツによって、なんとかセーフ。
敵ながら、酷いことしえくれますな。許せない行為です。
最後は、王冠の力を使って、あえなく敗北でしたが・・・・。
シビレッタさんも敗北が続いていますが、そろそろヤバいんじゃないでしょうかねぇ。寛長に気に入られているだけあって、地下室送りはないのかな?

後日、行われたオーディションで、うららさんは見事な歌を披露し、見事に合格。
鷲尾さんがあまりに引っ張るもんだから、ちょっと不安にもなりましたが、ホント、合格してほっとしました。
歌っている姿が、本当に楽しそうでしたし、ステージで歌う彼女も見てみたいです。

最後は、以前もらったシロップ乗車券を使って、空の散歩っと。
オーディションに合格できて、うれしそうなうららさんの笑顔がホント素敵でした。
微妙にいい雰囲気でしたけど、うららはともかくシロップさんにとって、彼女はちょっと特別なかもしれませんね。
「仲間の大切さ」を教えてくれたのは、彼女の姿でしたからね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(14)

Yes!プリキュア5GoGo! 第39話「モンブラン国王を救え!」

今回のお話は、モンブラン国王を回復させるために、かれんさんが奮闘するってなお話でした。
それにしても、ブンビーさん、敵キャラにしてはおいしすぎですよ。

かれんさん、こまちさんに頼んで医療関係の本を持って来てもらったところに、モンブラン国王のパルミンを捕まえることに成功。
が、何だか?様子が変だからびっくり。
どうやら、ババロア女王曰く、パルミンの姿で長くいすぎたために体が弱ってしまったらしく、さらに最年長の国王であることも加わって。
うーん、見た目はココやナッツと変わらないんで、わかりずらいですな。

何かしらの看病を施すことが必要であると指摘され、かれんさんの指示を仰ぐことにします。
まずは、暖かくして、甘いものを食べさせて、基本的なことをやってみることに。
が、はちみつ水を飲ませたところ、いきなりせき込んでしまうからびっくり。
まぁ、後々に大した理由じゃなかったことがわかるわけですけども、こりゃ、びっくりするわな。意識もないわけですし・・・・。

びっくりしたかれんさんは、そのまま一人で屋上へ行ってしまいます。
不安になってしまっていた彼女のところへやって来たのは、こまちさんで「自分にできることをやればいいんじゃないか?」と一言。
うーん、私としては医療関係の仕事に就きたいと思っているなら、「失敗は許されないもの」と考えてしまうんですが・・・・。
なんといっても1つしかない命というものがかかっているわけですから、「できることをやれば・・・・」とはちょっと甘いかなと。
近い将来には「私が絶対に直す!」と言える人にならないといかんです。

そんな中、ブンビーさんは寒空の下、エターナルに戻ることもできずに放浪中。
いっ時の迷いとは言え、プリキュアの側に付こうとしたわけですから、さすがにエターナルに戻ることはできないですよねぇ。哀れ。

で彼がやって来たのは、のぞみさんたちがいるナッツハウス。
そこでブンビーさん、モンブラン国王の姿を見て、「昇進のために、国王を引き渡せ!」と。
ブンビー、テメェ!
敵さんだし、悪キャラなのは仕方ないとは言え、これはあまり好きな言い方じゃないですよ。

すぐに変身して、ドリームたちが戦っている隙にかれんさんはモンブラン国王が入っているローズパクトを持って逃げるっと。
しかし、そのアクアを庇っていたドリームたちがピンチになるから大変。
さて、困ったと思っていると、ローズパクトから出てきたモンブラン国王が「仲間が必要としてくれている」と一言。
さすが、最年長の国王。適切なアドバイスですねぇ。

アクアが加わったプリキュア面々は、一気にブンビーさんを撃退に成功。
そして、モンブラン国王もやや回復の兆しが見えて、ひと安心。
シロップの姿を見た彼は「キュアローズガーデンの危機・・・・・?」と言ったところで眠ってしまうとは、めっちゃ気になるじゃないですか?

最後は、結局、エターナルに戻ったブンビーさんでしたが、「モンブラン国王がプリキュアの手に渡った」という報告をするも、いきなりの地下室送りの刑。
まぁ、ここまで結果が出ないと当然な気もしますが、まさか、ギリギリのところで踏ん張っていたとはねぇ。
こりゃ、まだまだ彼の雄姿が見れそうで楽しみです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(9)