ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

ONE PIECE 第580話「灼熱の戦い!ルフィVS巨大竜!」

今回は、ルフィがドラゴンを撃破するというお話。

いきなり登場したドラゴンにびっくりしたルフィたち。
一応、ワンピースの世界でもドラゴンは空想上の生き物になっているんですね〜。
とはいえ、そこは何でもありのワンピース。もう、この程度では驚きません(笑)。

火を吹きながら突撃してくるドラゴンと対峙することになったルフィたちですが、その強力な攻撃と固い皮膚に思わぬ苦戦。
ゾロの一撃に耐えたのはびっくりでしたね〜。
これだけ固いんじゃ、ルフィの拳程度では……とても倒せそうにないです。

さらに空からの容赦ない攻撃……ってこれはキツイ(笑)。
これは、ホントに逃げ場がない感じでしたからね〜。
そんな中、ドラゴンがしゃべった時には、その声のイケメンっぷりの方に若干驚いたもの。
あの凶暴な面構なのに、あの美声はギャップがありすぎです。

すると、何とルフィは、ドラゴンの背中に埋まっている人を発見。
おいおい、どうしてこんなことになったのやら……。
まぁ、犯人は存じ上げているのですが、全くヒドイことをしなさるな〜と(笑)。

ルフィ、ドラゴンに振り回されていた感があったものの、本気モードになるなりあっさりと撃破(笑)。
ゾロ、容赦なく首を切り落としてしまうとは……もう少し遠慮してあげてくださいよ。
首が切り落とされたその姿は、さすがに不憫でした!!

さてさて、その頃、サニー号での待機組は暑さで悶絶している最中、何者かに襲撃され、催涙ガスでみんな眠らされてしまうことに。
それにしても、強力なガスですね〜。
サンジまでもが眠らされてしまうとは……ちょっと油断していた感じも否めないな〜と思います。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)

スマイルプリキュア! 第46話「最悪の結末!? バッドエンドプリキュア!!」

今回は、ジョーカーさんが作り出したバッドエンドプリキュアを撃破するというお話でした。

5人バラバラに分断され、ジョーカーさんの作り出したバッドエンドプリキュアと対峙することになったみゆきたち。
やっぱり「5人を分断した」というところがキモなんでしょうね〜。
まぁ、その作戦、これまでの歴代プリキュアの敵さんたちによって何回も試みられましたが、一度として成功したことはないんですが(笑)。

ジョーカーさんが「感情のない兵器」と言っていた、バッドエンドプリキュアさんたち、全く躊躇のない攻撃は……怖い怖い。
各々が大切にしているものを破壊する、もしくはくだらないものというスタンスバッドエンドプリキュアさんたち。
何と言いますか、いかにも悪役キャラと言った感じはよかったですが(笑)。

しかし、なおの戦いっぷりは、まるで別格でいしたね〜。
激しい肉弾戦は完全にドラゴンボール(笑)。
逆に、やよいの方は、カワイイことを言っているのとは裏腹にやっていることはヒドイヒドイ。これは、間違いなく嫌われるな〜と思うです。

一方で、ミラクルジュエルを守って奔走していたホップはジョーカーさんに追い詰められて大ピンチ。
「ミラクルジュエルを手に入れる理由はない、世界を絶望させたいたけ」と言って高笑いしていたジョーカーさんは最後までこのキャラクターですね〜(笑)。
さすがに安定感が違います!!

そんなジョーカーさんがミラクルジュエルを破壊しようとしたところで、何とロイヤルクロックの中からロイヤルクイーン様が登場。
なるほど……、ロイヤルクイーン様はすでにこの世にはなく、キャンディはその娘で次期女王。で、ミラクルジュエルはその次期女王をカモフラージュするためのものだった…とうわけですか??
キャンディには何かしら秘密はあるな〜とは思っていましたが、まさか次期女王だったとはちょっと予想してなかった展開でしたわ(笑)。

ミラクルジュエルの正体がわかり、それがピエーロ様復活の障害にならないと判断したジョーカーさんは、地球全体からバッドエンドエナジーを吸収するという暴挙へ!!
一気に砂漠と化してしまいましたね〜。
いや〜、これ、何もかも無くなってしまった感じですけど、元に戻せるのかしら(笑)。

この状況のみゆきたちも、さらに劣勢に……と思いきや、「希望はあります、あきらめない限り」との言葉で覚醒!!
いや〜、ココからの展開がすごかったですね〜。
そのアツいメッセージと豪快な戦いっぷりは、完全に子供向けアニメの枠を超えていたように思います!!

覚醒した力で一気にバッドエンドプリキュア勢を撃破したみゆきたちですが、ピエーロ様の復活はすでに既定路線。
いや〜、絶望したように見せかけたジョーカーさんの表情がよかったですよね〜(笑)。
まぁ、最初から、これで一件落着とはならないことは予想していましたけども。

最後はジョーカーさんも吸収してピエーロ様が復活。
その姿はまるで巨神兵みたいな感じで、そのデカさには正直びっくりしました。
いや〜、こちらも最後にキャンディが復活しましたが、どうやって戦うつもりなんでしょうね〜。ちょっとやそっと攻撃したぐらいじゃ、ビクともしなさそうなので(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(1) : trackbacks(2)

仮面ライダーウィザード 第18話「魔力が食事」

今回は、仁藤がミサさんに騙されて、晴人の敵になってしまう?というお話でした。

前回突如として登場した第二のライダーこと仁藤に解毒してもらったことで、すっかり元気になった晴人。
とりあえずはよかったものの、仁藤が味方か?は微妙なところでしょうか??
まぁ、悪い人じゃないと思いますけど……コヨミの言っていたように、まだ目的もわかりませんし警戒すべきだと思うです。

その頃、仁藤はどこかの神社の境内にテントを張って食事中。って、すぐに神主さんに追い出されちゃいましたが(笑)。
さすがに、あそこに勝手に住居を構えるのはマズイでしょ??
彼、ずっと考古学者として山の中にでも暮らしていたんでしょうかね〜。常識があまりにも無さ過ぎです。

そんな中、仁藤は及川というゲートを襲撃しようとしていたヒドラと遭遇。「早速食事に……」と思いきや、晴人が登場し口論に。
食事が論点ってのがな〜、完全にズレとりますな(笑)。
何と言うか、こんなくだらないことで口論している姿……何となく微笑ましいな〜と思ったりしなくもないです。

しかし、2人が口論している間にヒドラは逃亡、おかげでまたまた晴人と仁藤は口論に。
それにしても、ヒドラ、面白い登場の仕方しますね〜。
湖の中を泳いで参上するとは、もう見るからに怪しいです。ってか、仁藤の言うように住んでいても違和感がないかも(笑)。

その後、仁藤は自らがライダーになった経緯を晴人たちに説明。
どうやら、彼は考古学を専攻していたらしく、その調査を行っている時にライダーベルトを偶然発掘、そのままライダーになってしまったとか。
全く、偶然ライダーになってしまうって厄介なことに巻き込まれたものですね〜。でも、キマイラさんももうちょっと人員を選んでほしかったな〜と(笑)。

しかも、キマイラに力を与えないと自分の命も危ないとは……これは食材集めに真剣になるはずですよね〜。
が、彼は晴人の誰かが絶望するのを放っておけない」という考えが全く理解できず。
なるほど、これでは晴人の考えが理解できないのも仕方がないかもです。
いや〜、同じ魔法使いで、こうも考え方に差が出るとはね〜、思ってもみない展開でした(笑)。

晴人に「邪魔するな」と言い残して、面影堂を立ち去った仁藤の前に現れたのは、何とミサさん。
彼女、どうやら仁藤を利用する作戦を思いついたみたい!!
たしかに、彼はすっごく騙しやすそうな印象。ルックスも好みだったこともあり、コロっと騙されてしまった仁藤、ホントに情けない(笑)。

そんな中、ヒドラを探していた晴人たちですが、コヨミの前にファントムらしき青年が登場、しかも魔宝石をプレゼント。
いや〜、彼は敵なのか?、味方なのか?、一体何者なんでしょうね〜。
晴人を魔法使いにした人たちなんでしょうが、非常に気になるところです!!

及川が一人でスケッチを描いていたところに再び登場したヒドラ。もちろん、晴人もすぐに現場に登場し、戦闘モードへっと。
水の中で縦横無尽に動き回る敵さんでしたが、ウォータードラゴンの前には全く相手にならずな感じでしたな。
いや〜、ドラゴンの力を借りるとホントに強いですね〜。まぁ、フェニックスですら倒すぐらいですから……下っ端が相手できるわけないよな。

後はトドメを刺すだけ……と思ったところで、乱入してきたのは何と仁藤。
「晴人も魔力を食べる?」って完全にミサさんに騙されてしまったみたいですね〜(笑)。
ホント、単純なやつです。
まぁ、単純な彼のことなので、すぐに誤解も解けるか?と思いますが、どうなることやら。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(3)

特命戦隊ゴーバスターズ Mission46「新たな融合と熱暴走!」

今回は、エンターさんが再始動するというお話でした。

いつものようにトレーニングをしていたヒロムとリュウさんの2人でしたが、リュウさんが何やら腑抜けた感じに。
どうやら、ヨーコにヴァグラスとの戦いの後のことについてアドバイスをしたつもりが、「ウザイ」と言われてしまったようで……(笑)。
もう、これ以上リュウさんをイジるの止めてあげましょうよ。まだ、ほんの一週間前にフラれたばかりなのに、今度はヨーコに嫌われるって……可哀想で観ていられないです。

それなのに、のん気にクワガタを探していたJ(笑)。
まぁ、こちらも真剣なんでしょうが……リュウさんとのギャップが凄いです。
この2人の扱い、スタッフさんは完全に遊んでいらっしゃるとしか思えないな〜。

そこにエネトロン消費反応があり、ヒロムたちも現場に出動。
でも、その移動中、ヨーコはリュウさんと別にニックのバイクで移動するとは……完全に嫌われちゃっていますな。
リュウさん、まさにドン底。傷に塩でも塗り込まれてしまった感じでしょうか??
ヒロムも容赦なく「ウザイ」と言っていましたし、こういう時兄貴分の彼はホントに大変ですね〜。誰かフォローしてあげてくださいよ(笑)。

森の中をという現場に到着したヒロムたちですが、メタロイドは人工物から作られることから違和感を感じるとは……腐っても、やっぱりリュウさん、鋭いです(笑)。
っと、そこにエンターさんとエスケイプが登場!!
いや〜、エスケイプまで出てくるとは驚きました。

すぐに戦闘モードへ突入するも、エスケイプ、リュウさんたちのことを全く知らないようで、以前の彼女とは全くの別人??
さらに、エスケイプ・エボルブに変形した姿も全くの別物。
エンターさんを「パパ」と言っているところも以前とは違うところでしょうか??
エスケイプ、完全に彼の手駒にされちゃって……ちょっと不憫な気がしなくもない。

そんなエスケイプと対峙していたリュウさんは熱暴走を起こしてしまい、ヨーコにまで攻撃を仕掛けてしまうとは危ない危ない。
いや〜、ここまで本格的に熱暴走したのは久しぶりのことでしょうかね。
もう、まともにヨーコのことを狙っていたので、あの一撃はホントに危なかったな〜と。

が、そのリュウさん、エスケイプともつれつつ、川に転落してしまうとは……。
ヒロムもヨーコもすぐに捜索を開始するも、なかなか発見することはできず。
ヨーコとしては責任を感じていみたいでしたね〜。まぁ、腑抜けモードで戦闘に入ってしまった原因を作ってしまいましたから(笑)。

さて、そのリュウさん、海岸に流れ着いていたものの、同じく流されてきたエスケイプに強制的に熱暴走させられてしまうから大変。
記憶は失くしても、性格は変わってないな(笑)。
“いいモノ”に対する執着心と言いますか……そこは相変わらず健在です!!

変身したことでリュウさんの場所を特定、熱暴走を繰り返していることから、ヨーコがリュウさんを止めに行くことに。
しかし、完全に我を失っているリュウさん、今度もヨーコに対して容赦ない攻撃!!
いや〜、熱暴走……怖い怖い。

しかし、ヨーコ、「ずっとずっと一緒に戦ってきた。まだ、戦いの後のことは考えられないけど、怒ったりしてゴメン」とひと言。
その後は、リュウさんに向かって突撃、何とか一緒に海に飛び込むことに成功して、ひと安心っと。
飛びこむシーン……一緒に飛び込み自殺でもしているようで笑ってしまった(笑)。
まぁ、スーツも着ているし死なないんでしょうけども。

一方で、エスケイプと対峙していたヒロムは、駆け付けたマサトさんとJの援護、さらにヨーコとリュウさんの駆け付け、無事にこれを撃破。
ヨーコ、最後のいいところだけ持って行ってしまった感じでしょうか??
まぁ、一番見ごたえがあったのはマサトさんが登場してからのシーンだったので、良しとしましょう(笑)。

ところが、そこにエンターさんがJのクワガタを片手に登場、そのクワガタをメタロイドにしてしまうからびっくり。
さらに、エスケイプも復活させるとはね〜。
これが……エンターさんの最終目的だったわけです?、これであらゆるものをメタロイドにすることができる。
命あるものをメタロイド化されたら……ヤバイですね〜。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(1)

NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第515話「『力−Chikara−』episode Final」

今回は、無事に天の矛を封印することに成功するというお話でした。

九尾クローンに圧倒され、かなりの重傷を負ったナルトですが、ミナトさんから声をかけてもらうことで復活!!
「必ずできる、信じているよ、お前を」って……ステキだ〜。
相変わらずと言うか、このタイミングで登場してくれるところは反則です(笑)。

駆け付けたドッグ先生とシセルさんの2人は、「防人だから」という使命感から、子供たちをサクラたちに預けて、天の矛の元へ……。
出発間際の子供たち一人ひとりに声をかけるシーンは死亡フラグが立ちすぎでしょ?
しかも、現場には2人だけで向かったからな〜。ホントに心配でした。

さて、その道中のこと、ドッグ先生はシセルさんに「もし生き残れたら結婚しよう」といきなりのプロボーズ!!
いや〜、勢いでしょうかね〜。
とはいえ、このタイミングで告白とは……ドッグ先生もなかなか(笑)。うれしそうなシセルさんの顔も、また印象的でした。

そんな中、ナルトは徐々に九尾化が進行、その暴走の影響でシセルさんが亀裂に落ちてしまいそうになるという大ピンチ。
暴走したナルトと九尾クローンの戦いっぷりは凄かったですね〜。
もう完全に忍の戦いのレベルを超えてしまっています。まるで、怪獣同士が戦っているみたいでしたから(笑)。

転落しそうになったシセルさんの手を必死で掴みとったドッグ先生が、これまた大奮闘でしたね〜。
「一緒に落ちる」とまで言うとは……。
でも、それ以上にシセルさんの「誰が子供たちを守るのか?」という言葉も切実。
何と言いますか、厳しい状況にも関わらず晴々とした表情を見ているのがホントに切なかったです。

ところが、暴走していたナルトがミィナの言葉で復活、自ら転落の道を選んだシセルさんを間一髪のところでキャッチ!!
いや〜、ミィナの涙と連動していたこのシーンが凄かったですよね〜。
飛び出していったナルトも含めて、むちゃくちゃ迫力があってよかったな〜と思います。

復活したナルトは、その勢いのまま九尾クローンも一気に撃破し、天の矛はドッグ先生が無事に止めて一件落着。
ナルトは若干傷を負ってしまったみたいですけど……まぁ、すぐに回復するでしょう。
ミィナを筆頭に、子供たちにもみくちゃにされていたナルトがまた微笑ましくてよかったですわ。

これにて、特別編は終了。
バトルシーン等は、さすがにもの凄く気合いが入っていて、見ごたえたっぷり。
まぁ、ミィナがなぜ、音楽を知ってたか?等、若干気になるところはありますが、その辺は御愛嬌かな(笑)。
来週からは、ようやく本編へ。こちらも、また楽しみで〜す!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(1) : trackbacks(0)

ONE PIECE 第579話「上陸!燃える島パンクハザード」

今回は、ルフィがパンクハザードへと上陸するというお話でした。

新世界を突き進むルフィ一味がまず発見したのは燃え盛る島で、ルフィの船長命令で上陸をすることに。
ナミやウソップ、チョッパーは全力で反対してましたけど。
まぁ、あの光景……ルフィが興味を示さないわけないですからね〜、ちょっとぐらい反対したところで無駄でしょう(笑)。

そんな中、どこぞかから緊急信号の知らせがあり、ルフィがでんでん虫をとって応答。
ロビンが反対していたのに……人の話を全く聞いてないですな(笑)。
それにしても、涙を流していたでんでん虫が微妙に可愛かった!!、いや〜、あんなわかりやすい反応するんですね〜。

電話から「助けてくれ、仲間が次々に斬られていく。寒い」とのSOSを受け取ったルフィは、早速目の前の燃え盛る島・パンクハザードに向かうことに。
その、上陸には電話口から“侍”の言葉を聞いたゾロもついていくことに。
侍で思い出すのはやっぱリューマでしょうね。当時のゾロと互角の戦いを演じたツワモノでしたが、和の国ってのはそんなに強い剣豪がいるのか……。
ゾロは、いつか絶対に行くんだろうな〜と思ったり。

くじ引きにより、島に行くのは、ルフィ、ゾロ、ロビン、ウソップの4人に決定。
ウソップ、まさかのハズレ……いやアタリくじ(笑)。
まぁ、他の人に変わってもらいたいところですが、上陸組はルフィとゾロがいますからね〜。戦力の分散を考えると、これが妥当な判断か?かもです。

さて、同じくこのSOS信号を受け取っていたスモーカー率いる部隊も、何かしらの不穏な空気を察知し上陸してみることに。
何かしらの事件によって立ち入り禁止になっているみたいですが……。
まぁ、スモーカーも今では中将ですからね。上層部からモノ言いがついても、何とかなるでしょう!!

ナミが作ってくれた即席のミルキーロードを通って、ミニメリーでパンクハザードへと向かったルフィたち。
もう、初っ端から弁当を食べているとは……しかも、ゾロやロビンまで(笑)。
完全な遠足気分ですね〜。
上陸後、“立ち入り禁止”の門を斬り捨て、門の中へと入っていったルフィたち。
すぐに服を脱ぎ捨てていましたが……、周りは燃え盛っているわけですからね〜。
これは、相当に暑そうです。まぁ、インペルダウンの灼熱地獄に比べればマシかもしれませんけども(笑)。

助けを求めていた人を探し回っていたところ、町の後らしきものを発見するも人の姿はなし。
が、そこに大きなドラゴンが出てくるからびっくり。
この世界でもドラゴンは空想上の動物になっているのか……。オリジナルで、ドラゴンが出てきたことありましたけどね(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スマイルプリキュア! 第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」

今回のお話は、ついに三幹部が浄化されるというお話でした。

ロイヤルクロックが光出した途端にミラクルジュエルになってしまったキャンディ。
冒頭からいきなりの展開でしたね〜。
キャンディがミラクルジュエルに関係していることは予想していましたが、まさかミラクルジュエルそのものだったとは……驚き!!

一方で、バッドエンド王国では、実は黒っぱなによって命が少しずつ削られていたということを知った三幹部が最後の出陣。
いや〜、やっぱりそんなことだろうと思っていましたが……ジョーカーさんヒドイです(笑)。
三幹部の驚きようといったら面白かったですよね〜。正直、騙されていたわけでジョーカーさんにあれこれと文句を言ってもよかったと思うのです。

いよいよ宇宙からピエーロ様のタマゴが来襲、みゆきたちのところへ参上した三幹部たちの最終決戦へっと。
黒っぱなを使い、最終形態?へと姿を変えた三幹部の実力はかなりのもの。
戦闘シーンは、派手で見ごたえもあってすごかった!!
特に、ウルフルンさんとみゆきの戦いっぷりが、ドラゴンボールのそれみたいでよかったんじゃないかと思います!!

渾身の必殺技すら気合いで跳ね返した三幹部、さらにプリンセスフォームでの一撃も跳ね返してみせました。
いや〜、あかねじゃないけど、ホントに「ドンテモない執念」でしたね〜。
正直、この攻撃に耐えてしまった時点で、プリキュア勢としては次の一手がありませんから……(笑)。
三幹部の頑張りっぷりは圧巻だったな〜と思います。

強さの秘密について「絵本の中ではいつも嫌われもの。そこで味わった悔しさは、お前たちはわからない」とひと言。
彼らを絵本世界から連れ出したのはジョーカーさんとのこと。
やっぱり彼が黒幕でしたか……(笑)。

ところが、そんな三幹部の話を聞いたみゆきたちは、「その気持ちがわかる」から戦意喪失という展開。
まぁ、難しいところでしょうけど……そう言われると、絵本の中の悪役さんたちも不憫ですよね〜。
特に、オオカミや鬼、魔女っていうと三大悪役と言ってもいい存在なので(笑)。仕返ししてやりたいう気持ちが生まれるのも仕方ないかお、かも、かも。

自分たちに対して理解の気持ちを示そうとするみゆきたちにさらなる怒りをぶつける三幹部でしたが、これをみゆきが天使?になってまさかの浄化(笑)。
「絵本が夢を与えてくれるのはあなたたちのおかげ。ありがとう」って……こんな形で終結を迎えるとは思ってなかったのでびっくり!!
でも、みゆきのほほ笑みは……ホントに美しかった。私もちょっとだけ心が浄化されたかな〜と(笑)。

その後、三幹部は何と妖精の姿になり、しかもホップの知り合いだったようで(笑)。
いや〜、元に戻った三幹部、カワイイ!!
一年間、あんな格好にされていたとは……ホントに可哀想です。

最後は、最後のデコルを回収、みんなが戦っている間に世界中のバッドエナジーを集めていたというジョーカーさんが登場。
そして、回収した力を使って、何とバッドエンドプリキュアを作り出しちゃうとは……(笑)。
これはまた強敵っぽいのが出てきましたね〜。
予告編の映像からするに、かなり手こずっている感じでしたが、みんながどうやって勝利を勝ち取るのか??、すご〜く楽しみです!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

仮面ライダーウィザード 第17話「もう一人の魔法使い」

今回は、もう一人の魔法使い・仮面ライダービーストこと仁藤が登場するというお話。

まずは、お餅を食べすぎて悶絶していた瞬平は相変わらず(笑)。
彼のことだから、そんなことだろうな〜とは思っていまいたが、やっぱり予想を裏切らないですね!
まぁ、晴人たちが止めたんでしょうから、自業自得です。

一方で、こちらはお腹を空かして倒れていた仁藤は、フランクフルトにマヨネーズをたっぷりとかけてご満悦。
これはぜひ土方さんに紹介してあげたいですね〜。
でも、まさか仮面ライダーでマヨラーが出てくるとは思ってなかったです(笑)。

そこに、マンティコアが登場、晴人もすぐに駆け付け戦闘モードへ突入。
ゲートでは?と思われていた仁藤は、「俺の食事」と晴人に怒りを露わにしつつも、凛子さん&瞬平らが駆け付け強制撤収とは……笑えました。
いや〜、瞬平に負けず劣らず、食い意地が張ってますな(笑)。

マンティコアと対峙していた晴人ですが、ちょっと油断した隙に毒針の攻撃を受けてしまいダウン。
逃げようとしたところで攻撃をしてくるとは……占い師じゃなくて、とんだピエロじゃないですよ(笑)。
とはいえ、さすがにミサさんに見込まれただけあるってところでしょうかね。

さて、食事の邪魔をされたことに対する怒りがおさまらない仁藤は、凛子さんたちにドーナツを食べさせてもらってようやく機嫌を直してくれたようで。
もちろん、ドーナツにもマヨネーズをたっぷりと投下しパクリ(笑)。
いや〜、みんな、「意外とイケる」と言っていましたけど……ドーナツはないでしょ??、まだフランクフルトの方がマシなのではないかと思います。

その後、仁藤のところに現れたマンティコアは彼のことを占ってみたところ「魔術師」のカードが出るも、「ピンチはチャンス」とポジティブ思考でこれを一蹴。
むちゃくちゃポジティブシンキングな方ですね〜。
まぁ、魔法使いなわけで、それなりの過去を持っているんでしょうけど……それが早く知りたいですわ。

マンティコアと一緒にいる仁藤のことを見つけた晴人はすぐに現場に急行するも、ライダーに変身できず撃沈。
この毒、相当に強力みたいですね〜。
成長したて魔力の増した晴人じゃなかったら仏様になっていたかも、かも、かも……です。

さて困ったと思っていると、何と仁藤は「食事だ」と意気揚々と指輪とベルトを取り出して仮面ライダービーストに変身し、一気に敵さんを一蹴。
マンティコアの毒針も治癒系の魔法を使える彼には全く効果がありませんでした(笑)。
せっかく、奥の手だったのに……立ちつくしていたマンティコアさんがちょっと可哀想だったかなぁ〜と思ったり。

そんな仁藤は「縄張り」云々と言った話をしてから、早々に退却。
また、晴人とは全く違うタイプの人が出てきましたね〜。
同じ希望でも、華麗な感じの晴人に対して、やや荒削りな感のある仁藤。
最後のポカーンとした晴人の顔がまたよかったのですが、彼の登場で今後は何かと騒がしくなりそうですね〜。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

特命戦隊ゴーバズターズ Mission45「謹賀新年 小さな強敵、再び」

今回はリュウさんとリカさんのお見合いを巡って、ちょっとした騒動が起こってしまうというお話でした。

まず新年の挨拶を終えたところで、早速バグラー出現のお知らせが入り現場に急行。
エスケイプのタブレットらしきもんを持った2体のバグラーがこそこそと隠れていたところが可愛かったです。上司不在の今……頑張る姿も健気でいいな〜。
まぁ、一応、エンターさんもシャットダウンしたことになっているし、まだお正月休みですかね〜(笑)。

その後、リカさんのところへ行ったヒロムですが、彼女はお年玉とお土産を渡してから「勝負の日だから」と言い残して、早々にお別れ。
一方で、リュウさんもこれまたゴリさんにスーツに着替えさせられ「勝負の日だから」と言ってこれまた別の場所へ。
個人的には、この2人でお見合いでもよかったような気がするんですけどね〜、どうでしょう??

リカさんとリュウさんのお見合いを知った他の面々は、変装して現場に潜入。
同じ店とはまた偶然なこと。
しかし、あの変装は……モロバレな感じがしないでもないですが、よくバレなかったな〜。
まぁ、リュウさん、かなり緊張していたんで、注意が散漫になっていたのかもしれませんね(笑)。

そんな中、メタロイド“オモチロイド”が出現、さらにメガゾードの転送反応もあり、ヒロムたちはリュウさんに内緒で現場に急行っと。
が、出撃しようとしたところで、リュウさんに見つかってしまい、ヒロムとヨーコが交代でお見合いの席に参加することになろうとは……。
みんな不用心だよな〜。あんなドタバタと音を立てて移動したら、そりゃバレるでしょうよ(笑)。

すぐにバグラーを一蹴したゴーバスターズでしたが、肝心のメタロイドはなかなか発見できず。
すると、レストランの中でトリ餅のようなものに動けなくなるという人が続出。
この時点でJだけは気が付いていたみたいですけど、前回同様指摘してはくれず。成長してないな〜、Jは(笑)。
新年新年早々パワー全開ですな!!

Jからの情報を元にして、すぐにオモチロイドを発見したヒロムとヨーコは、若干苦戦しつつも、難なく削除。
雑魚かと思っていましたが、餅だけに物理的な攻撃には強かったですね〜。
最後は転んで動けなくなってしまったところを狙い撃ちされるという可哀想な死に方(笑)。
でも、小さな体で新年早々から楽しませてもらいました、ありがとう、オモチロイド!!

それにしても、リュウさんが駆け付ける直前に敵をシャットダウンとは……頑張りましたね〜。
まぁ、餅に絡まってしまった大量の靴を発見されてしまった時点で、ほぼバレてしまっていたとは思いますが、みんなリュウさんのために頑張ったな〜と思います。

メガゾードと対峙していたマサトさんは、こちらも鏡餅にされてしまい若干苦戦しつつもライオーの手を借りて難なく敵を撃破。
しかし、ヒロム、「大きな音を立てないでください」ってのは無理がありますよ〜。
サイズがサイズですからね。
むしろ、アレで気が付かれなかっただけでも、大したものかと思います。

ところがところが……、結局リカさんは出版社との商談、リュウさんはお見合いの相手にすでに好きな人がいたという散々な結果に(笑)。
リュウさん、可哀想すぎる!!
ここのところ、完全にイジられキャラの地位を確立したリュウさん……不憫ですね〜。
いつの日か、春が訪れることを切に願っております(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

ONE PIECE 第578話「Zの野望編 ルフィVSシューゾ!」

今回は、NEO海軍のシューゾを撃破するというお話でした。

魚雷と称して潜水艦自ら突っ込んでくる海兵たちに驚愕しつつ、ルフィはシューゾとの再戦へ。
シューゾ、ギア2のルフィと互角に戦い、さらに覇気を纏った攻撃まで耐えるとは……ここまで強いとは思ってなかったです。
しかも、極めつけはアルパカチーノの覇気を纏った砲撃!
いや〜、アルパカさん、地味に強い(笑)。

リリーがウソップに頼んでシューゾの体の中に入る作戦も失敗し、ルフィの中に入ってしまうも、これがキッカケになりルフィは巨大化。
一気に力技でシューゾを撃破しちゃいました!!
むちゃくちゃな荒技でしたね〜。さすがに、あのデカさになってのギア2による攻撃には耐えられなかったな(笑)。

その後、食料を確保しつつ、火山のある島に行き、パンズフライさんお手製の天国料理を確保!!
これが一番の目的でしたからね〜。
でも、ホントにおいしそうだった天国料理!!、ボリュームもある感じでしたしね、さすがは新世界に名をはせる料理人といったところです。

一方で、シューゾさんはモモンガ中将に捕まりインペルダウン送りに。
モモンガさん、何気にパンズフライさんにビブルカードをくっつけていたようで(笑)。
何だかかんだで、シューゾさんとの戦いでもほとんどダメージを喰らってなかったみたいだし、やっぱりそれなりの達人です、彼は。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)